打撃力、投手力の2本柱から指数を算出しています。
これは、試合の結果に与える割合が、守備力や機動力に比べて、打撃力,投手力の方が高いという、独自の見解によるものです。
チーム打率や防御率は、各地区のレベルや、対戦相手チームの力量によって、成績が変わるため、打撃力については、本塁打数と長打数、投手力については、奪三振数に視点を向ける事によって、チーム力を求める試みです。

2015年選抜 長打&奪三振