名勝負の声

戻る     TOPへ


2016年2月26日(金)12時55分 しゅう 20代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
日本文理の夏はまだ終わらない

2016年2月12日(金)1時8分 埼玉県公立復活を! 10代
1979夏/1回戦/浪商×上尾(延長11回)
上尾高校応援してます!

2015年11月15日(日)22時19分 ガリの人 40代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
2010年秋、甲子園で実現した再試合には当時の両校チーム関係者をはじめ応援&吹奏楽団、審判、ウグイス嬢、プラカード嬢までもが参加、総勢約1600人の観客が見守る中熱戦が繰り広げられた。その半年後、箕島・尾藤元監督が他界。葬儀で星稜・山下元監督は「大切な宝を失った」と号泣した。さらにその半年後、熱戦の感動を後世に伝えるべく両校所在地の和歌山県有田市と石川県金沢市が「スポーツ交流都市」協定を締結、現在も様々な交流が続いている…名勝負は多々あれど、プレイボールから30数年経てもなお多くの人々の心をとらえ、愛され、語り継がれている激闘が他にあるでしょうか。星稜vs箕島…やはり私の中では「別格」です。

2015年8月27日(木)16時15分 よ 10代
2002夏/3回戦/明徳義塾×常総学院
すごかったよ

2015年8月21日(金)18時1分 みん 20代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
新潟県勢初の決勝進出でとても熱くなれた!

2015年8月20日(木)13時58分 ロディン 40代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
日本文理が試合に負けて勝負に勝ったというイメージ。まるでフィクションのようなドラマチックな試合でした。最後にライナーで負けちゃう展開なんて日本人は大好きでしょう。

2015年8月17日(月)16時41分 ネコ 50代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
これで高校野球が好きになった。

2015年8月17日(月)16時9分  30代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
誰もが中京の優勝を疑いもしていなかった9回表2アウト2ストライクからの6点差を、怒涛の勢いで追い上げて、会場全体を味方にしてしまった文理。
結局優勝したのは中京で、勝者敗者共に後味の良い試合になったと思います。

2015年7月31日(金)19時35分 まさとも 50代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
奇跡以外の言葉が見つからない。二度と同じ場面には遭遇出来ないでしょう。

2015年6月8日(月)21時26分 ポンポコリン 40代
1983夏/1回戦/箕島×吉田(延長13回)
箕島高校は不思議な底力を持っていることを証明した試合でした。

2015年5月1日(金)20時54分 朝ごはん大好き 40代
1983夏/1回戦/箕島×吉田(延長13回)
なぜ箕島の試合は奇跡起こるのか?
不思議です。

2015年3月13日(金)15時36分 su ka 40代
1984夏/準決勝/PL学園×金足農
王者PL(k.kコンビ)が後半まで逆転できなかったのが印象的でした。

2015年1月13日(火)2時59分 かつを 20代
2006夏/決勝(再試合)/早稲田実×駒大苫小牧
ここ数年で言えば、これでしょ

2015年1月4日(日)18時36分 アッカンベー 40代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
 箕島x星稜戦に決まっている。それ以外に投票した人に聞く。。何故にその投票した試合が箕島x星稜戦に勝っているのか理由を教えてほしい。日本人が愛してやまない高校野球のエッセンスのすべてがつまっている試合。箕島高校は日本人が、イメージする高校野球のあるべき理想の姿を具現化したチーム。
 見た目が派手な池田を推すのは、サッカー日本代表を応援する日本人の多くと一緒、で素人。
 横浜xPL船はプロ予備軍のみたいで高校野球らしくない。早稲田実x苫小牧は個人戦。松山商x三沢は、決勝ということで注目度が高いが、ドラマ性は大分下。
 そのほかの試合で簑島x星稜に、個人的理由以外で上回る試合があれば教えてほしい。
 簑島の全員で打って、走って、つないで、守る、明るい爽快な野球。監督の笑顔。そして土壇場の脅威の粘り。これこそ高校野球だ。それを「時代遅れ」というなら、「高校野球の最盛期は終わった。」と言い返してやりたい。個人的には、さらにレベルアップした簑島のようなスモールベースボールのチームが再び天下を取ることを願う。
 そのため(再び高校野球らしい野球が復活するためにも)にも、まず木製バットに戻してくれ。

2015年1月3日(土)11時35分 バルタン星人 40代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
単に野球のレベルとしては、横浜PLの方が高いでしょう。でも、ジスイズ高校野球といえば、箕島星稜以上の試合はあり得ません。ベースボールを産んだアメリカ人、なかんずくベーブルースに貴方達が産み、育てた
ベースボールは、日本で、これぼど感動をよぶ文化として花開きました、言って見せてあげたいです‼︎

2014年9月5日(金)20時29分 リカ 50代
1996夏/決勝/松山商×熊本工(延長11回)
名勝負と言われる試合は少なからずあるけれど、時間の経過とともに記憶はうすれ細部までは思い出せない。でもあのシーンだけは今も脳裏に焼き付いて忘れる事が出来ない。そんなシーンは後にも先にもあの奇跡のバックフォームだけです。奇跡の逆転満塁ホームランはこれからも起こるだろう。でもあれはもう二度と起こらないまさしく奇跡。練習、努力、葛藤、それらの無い者には奇跡は起こせない。それらの積み重ねがあったからこそあの奇跡は起こったのだ。

2014年8月20日(水)0時50分 Blue 30代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
最高の準優勝!

2014年8月16日(土)16時37分 とらじま 40代
1986春/2回戦/新湊×拓大紅陵
ミラクル新湊伝説を盤石にした一戦

2014年8月15日(金)14時57分 Jun 40代
1977夏/決勝/東洋大姫路×東邦(延長10回)
延長10回のサヨナラホームランがあまりに印象的でした。

2014年8月14日(木)1時53分 し 10代
2007夏/決勝/佐賀北×広陵
興奮した

2014年8月11日(月)10時50分 るどるふ 50代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
出身校が翌日試合。結果がでるまで応援バスが出発できず、テレビにかじりついてみてました。

2014年8月10日(日)7時45分 しみた 30代
1998夏/準決勝/横浜×明徳義塾
前日の死闘の影響で、松坂投手はレフトの守備。相手打線に捕まってもうダメかな……と思ってたところに松坂投手がマウンドへ!完全に空気が変わった。8回9回は泣きながら見ていた。名勝負としては前日のPL戦がよく挙げられるが、自分は明徳戦が一番印象にに残っている。

2014年8月9日(土)22時39分 ポール 40代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
あと1人倒れたら試合に負けるという2死ランナー無しの場面を2度もホームランで追いつくというまるでマンガのような試合。しかも16回についてはその様相が際立っている。取れるはずのファウルフライを人工芝に足をとられて転倒してしまう。甲子園ではその後35年間そんなことは1度もないらしい。その直後同点弾を放った森川選手は高校入学後ランニングホームランを打った経験はあるがオーバーフェンス弾はそれが初めてとのこと。まさに神が作った奇跡の試合である。

2014年8月4日(月)14時23分 じんせい 40代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
試合前後の話や、MLB松井選手にまで繋がる因縁まで考えると、これ以上の名勝負は今後難しいでしょう。個人的には江川投手の人生が胸にじんときます。

2014年8月4日(月)2時8分 ミヤポン 30代
1996夏/決勝/松山商×熊本工(延長11回)
守りの野球の神髄をみた。

2014年8月2日(土)10時20分 unknown 40代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
万年1回戦敗退の弱小校が名門強豪校を相手に魅せた、9回裏二死からの怒涛の反撃!誰もが想像さえできなかった結末!あれを超える決勝戦はおそらく今後もない。「日本文理の夏はまだ終わらない!」の名実況も記憶に残る。

2014年8月2日(土)7時42分 かずちん 50代
1978夏/決勝/PL学園×高知商
高校2年の夏、PLの試合全てテレビで応援しました(*^^*)お陰で校歌まで唄えるようになってました♪

2014年7月17日(木)11時20分 かとチャン 70代〜
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
 1979年夏、簑島・青稜延長18回の死闘は35年経った今も鮮明に思い出されます。なんでもないファールフライをキャッチさえすれば試合終了。しかし、昨年までなかった人工芝がま敷いてあったこと。そこに偶然スパイクが引っかかってしまったこと。そして転倒して捕球できなかったこと。命拾いした打者のホームラン。すべてが奇跡的な出来事でした

2014年3月4日(火)22時43分 しんさん 50代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
最終回の感動 鳥肌がたった。
優勝して涙の反省 準優勝で最高の笑顔

2014年3月2日(日)19時35分 ひむろっく 40代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
後にも数々の名勝負があり、それぞれに素晴らしい闘いでした。しかし、この時のハラハラ・ドキドキを超える試合は巡り合ってません。もう二度と巡り合うことない試合をTVですが、リアルに観戦できたのは私の野球観戦の宝物です。

2014年1月24日(金)18時16分 キリハラ  宏美 70代〜
1998夏/2回戦/横浜×鹿児島実
 水野の池田と桑田・清原のPLが戦った年で、ここに載ってないが、 津野(後に日本ハム)の高知商と桑田・清原のPLが面白いぞ! 

 今現在と違って、この年とその前後が非常に面白い!!

 活躍した選手は、後にプロ野球の中での中心選手となっていったから!!

2013年9月15日(日)19時59分 綾 50代
2006夏/決勝/早稲田実×駒大苫小牧
斎藤佑樹がヒーローだと確信できた試合。

2013年8月13日(火)23時40分 ナックル 40代
1996夏/決勝/松山商×熊本工(延長11回)
夏がくるたびに思い出す

2013年8月8日(木)15時42分 さや 30代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
野球は2アウトからというのを見せつけられた試合。
異様な雰囲気に包まれた伊藤コールが忘れられません。

2013年8月6日(火)0時50分 からっ風 30代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
文理9回ツーアウトランナー無しからの5得点。あと1歩で新潟勢初の栄冠だった。

2013年8月2日(金)10時20分 1979 50代
1979夏/3回戦/箕島×星稜(延長18回)
高校野球ファン歴約40年。
後にも先にも箕島ー星稜はナンバー1の試合です。

私自身当時高校3年生で、自分がプレーしているような気持ちで、夕食もとらずにテレビの前で応援していました!
今思い出しても涙が出ます。

今でも当時の選手が交流されてるとテレビなどで知り、全くの部外者ですがとても嬉しく思います。

ただ、尾藤さんが亡くなられたのはとても寂しいです。


また、星稜のエースだった堅田さんが、審判としてお元気な姿を拝見できるのは嬉しくおもいます。

まだまだ語り尽くせないこの試合!!
やっぱり1番です!

2013年6月8日(土)14時53分 腹時計 40代
1983夏/1回戦/箕島×吉田(延長13回)
野球はツーアウトからと改めて知らされた試合。最後まで諦めない大切さを教えてもらった。

2013年5月21日(火)12時51分 rabi 50代
1978夏/準決勝/PL学園×中京(延長12回)
野球を見ていて後にも先にもあんなにドキドキした事はなかったあの9回裏!本当に凄い試合!

2013年4月13日(土)14時0分 ポンポコリン 40代
1983夏/1回戦/箕島×吉田(延長13回)
土壇場の同点ホームランが印象に残っています。

2013年4月11日(木)0時4分 niigata 10代
2009夏/決勝/中京大中京×日本文理
全国最多優勝回数の名門である中京大中京、全国では最弱とも言われた新潟県代表の日本文理という差の大きいかと思われる決勝戦。9回表で10対4、誰もが終わったと思ったときの日本文理の猛反撃。落ち着いて選んだ四球、不思議と落ちたファールボール、エース伊藤の左前安打、代打石塚の初球打ち。しかもエース伊藤は予選からずっと投げ続けた投手。最後の打球はあと角度が1度でも違っていたら抜けてたかもしれない打球。野球の神様っているんだなと感じました。

2013年2月28日(木)21時48分 saga佐賀 20代
2007夏/決勝/佐賀北×広陵
大会前はまさか優勝するとは思ってもみなかった。あの満塁ホームランは鳥肌が立った。

2013年2月27日(水)23時18分 こん 30代
1998夏/準々決勝/横浜×PL学園(延長17回)
あの試合をスタンドで観れた事が今でも自慢

2013年2月13日(水)0時4分 孝行矢弓 40代
1982春/2回戦/箕島×明徳(延長14回)
A級の投打の激突で、生まれるべくして生まれた名勝負。
延長に入ってからめっきり球威が落ち、気力だけで投げる両エースの力投も痛々しかったが、明徳12、14回と二度の本塁憤死など、一寸先も読めない攻防の連続には本当に鳥肌が立った。絶対絶命かと思われた箕島怒涛の逆襲は見事という他なし!

2012年7月4日(水)15時9分 さくら 50代
1983夏/1回戦/箕島×吉田(延長13回)
箕島の粘り強さは本物!!

2012年6月24日(日)5時46分 甲子園球児 40代
1983夏/1回戦/箕島×吉田(延長13回)
スクイズ失敗直後の同点ホームラン!さすが奇跡の箕島!て感じでした。

2012年3月14日(水)22時54分 ワンワン 40代
1983夏/1回戦/箕島×吉田(延長13回)
さすが!!箕島!!と改めて思い知らされた試合でした。 

2011年12月18日(日)22時14分 今となっては懐かしい 30代
1996夏/決勝/松山商×熊本工(延長11回)
あの冷静で説得力があり少々辛口の原田冨士夫さん(解説)が、バックホーム直後にコメントを求められて、『私今、両手に鳥肌が立っているんでけどね・・・まぁ今のはね・・・』と珍しくコメントにならず、本塁のプレーをフォースプレイだと誤った解説をしたりと動転した様子が懐かしいです。実況の高山さんも含めて放送席の驚愕、興奮、動転ぶりもよく伝わってきました(笑)

2011年9月23日(金)1時45分 ぽざう 30代
1986春/2回戦/新湊×拓大紅陵
チーム打率最低・雪国から薄氷の初出場・ガチ最弱候補筆頭の公立高が
新チーム無敗の優勝候補筆頭を終盤突然メッタ打ち大逆転。
この年の新湊旋風はこんな試合を3つ続けた。
1回戦は大会No1投手に14奪三振奪われながら何故か1−0で勝利
2回戦は優勝候補筆頭にメッタ打ち大逆転
3回戦は18安打打たれながら何故か1失点で延長14回ボークで勝ち越し勝利

今年の夏をみていてあの鮮烈な印象が蘇った。

2011年9月17日(土)23時57分 993 40代
2002夏/3回戦/明徳義塾×常総学院
あの場面で出た沖田の同点ホームランは感動!

2011年8月19日(金)23時6分 ごっつぁんです 40代
1983夏/1回戦/箕島×吉田(延長13回)
箕島高校は不思議な力を持っていることを証明した試合でした。

次のページへ


このページのトップに戻る