夢の春夏連覇対決!本物の王者はどっちだ?

戻る     TOPへ


2015年9月23日(水)18時32分 k 20代
2010年春夏連覇の興南
4−1
12年の夏の藤浪は高校球児では打てないレベル

2015年9月20日(日)23時33分 高校野球 10代
2012年春夏連覇の大阪桐蔭
5ー1
興南100000000he
20
大阪桐蔭00000023×he
91


初め大阪桐蔭打線は苦しむも7回連打で2死2.3塁で森の逆転タイムリー8回にも森に打たれて負け初回eから2塁にすすみその後1死3塁でタイムリーhその後なかなかチャンスを作れず最後大阪桐蔭打線に島袋が捕まり負け正直あの大阪桐蔭打線を抑えることは出来ないと思う

2015年5月1日(金)20時35分 !飯塚%! 10代
2012年春夏連覇の大阪桐蔭
6-4
やっぱり森のいるから!-!-!-!-!-!!--!!--

2015年4月9日(木)16時5分 tk21 20代
2012年春夏連覇の大阪桐蔭
7−6
おそらく打撃戦になるはずだが、あの年の大阪桐蔭は控えでもう1チーム甲子園に来られるのではないかと思うくらいであった。
興南も波状攻撃の凄さでは甲乙つけがたいが、センバツで4番田端を欠いても優勝していること、また花巻東の大谷を打ち崩していること、そしてなにより2番手沢田も好投手であることを加味して大阪桐蔭とした。興南が常に塁上をにぎわす攻撃をする「98年横浜」型の打線だとすれば大阪桐蔭は「2000年智弁和歌山」型であると考える。
いかに後にプロ入りする島袋、藤浪の両投手でもこの打線を相手にするのは厳しかろう。
2012年センバツの大阪桐蔭と浦和学院とのゲームのような感じの一進一退の攻防になり、ほんのわずかの差で決まるであろう。
本当にこの2チームは甲乙付けがたいものがある。


このページのトップに戻る