夢の対決勝つのはどっち? 
                         
最多安打対最高打率! bP同士の対決はどっちに軍配?
2000/11本塁打100安打の智弁和歌山×2001/史上最高チーム打率の日大三

2000/智弁和歌山 74票 × 34票  2001/日大三
投票処理は一時中断しております
いちりゅうんそ 10代
2000/智弁和歌山
13−5
智弁和歌山の方が日大三よりも勝負強さがあり、粘り強さも智弁のほうが上だと思う。
それに日大三は良いピッチャーと戦ってないけど、智弁和歌山は香月、高橋、朝井、根市等好投手ばかり当たってこの成績だから絶対に智弁のほうが打撃力があると思う。
試合は打撃戦になると思うが、終盤に智弁の猛攻で13−5という大差で智弁が勝つと思う。
チンパン 10代
2001/日大三
5−4
一回の表、一番、都築のセンターオーバー!二番、野崎がすかさずバント!成功!三番、内田がレフト前!しかし、ここで原島空振り!そのあとま倒れて、この回終了!この裏、池辺、武内の連続ソロホームラン!
立ち上がりの、近藤をせめた!このあと、二年生ショート幸内の二点タイムリーエラーで、1−4!武内の打球が強すぎた!日大三高、最後の攻撃、智弁和歌山は抑えを投入!しかし、近藤が死球!手首を負傷!代走にキャプテンを監督は、指名!続く、都築、野崎、内田、連続四死球!バッターは、四番原島!初球カーブ!打球はスタンドへ消えた
元高校球児 10代
2000/智弁和歌山
10-7
智弁打線には、どんな好投手でも対応できる力があるし、粘りがある。
日大三高は、好投手と言われたチームと対戦してないので打率が良かっただけである。打撃戦となれば間違いなく智弁の勝利!ではでは
Whdパワプロの掲示板で入室禁止の濡れ衣を着せられた男 10代
2000/智弁和歌山
11−2
日大三は接戦の勝ち方を知らない。それじゃ横浜戦のサヨナラはとう言う方もおられるでしょあの試合は横浜のエラーで勝てただけ横浜もエラーがちょっと少なければ勝ててたのに・・・。それに近藤は智弁に掴まれば大量失点でKO、打線も智弁の足元にも及ばないはっきり言って比べるレベルではない。
おだちゃん 10代
2000/智弁和歌山
11-8
序盤、史上最高打率の日大三がコツコツと点を入れ5回までに5点を入れ0−5。智弁和歌山は5回裏に3点を返すも依然日大三の勢いは止まらず、7回に3点を加え3−8。しかし終盤に強いのがこの年の智弁和歌山。8回に5点をいれ、9回には3点をいれ、11−8と一気に逆転!!
篤 10代
2000/智弁和歌山
1−0
たぶんPL-横浜をこえる面白さ。
内田 20代
2000/智弁和歌山
10−8
競り勝つ強さが日大には無い
ヒットエンドラン 20代
2001/日大三
5−1
両者の打線がいつも調子良いとは限らない。そうなると、打って打って打ちまくる事でしか点の取れない智弁より、巧さを兼ね備えれいる日大三のペースになりそう。2001夏の和歌山県大会の初戦の再現か。
KKK 30代
2001/日大三
9-3
打撃を互角と見ても、投手力、守備力は日大三が上。
総合力で日大三
玄人 50代
2001/日大三
13−3
比較するには一寸レベルが違いすぎる。
三高はプロ入り4人衆と原島。智弁は投手陣と守備力が弱すぎる。
プロ入りを希望して指名されそうなのは池辺ぐらいか。
武内の高校レベルの長打力はさすがだが、あの鈍足と守備と身長では
怖くて指名できない。あの身長では俊足選手でないと。
甲子園大好き 10代
2001/日大三
3-2
日大三は近藤や千葉の調子がよければかつと思う
打撃の力は同じくらいだと思うけど投手力は日大三のほうがいいと思う
武内・池辺・山野は打つけど都築・内田・原島のほうがぜったい強い
日大三は機動力もあるからぜったい勝つと思う
ぷれすて 10代
2000/智弁和歌山
7−6
数字から見れば日大三だがあのときのワカチは大人のチーム。それでも接戦必至。
Q 10代
2001/日大三
10−4
絶対日大三でしょう。打線も投手力も日大三の方が確実に上。智弁和歌山は打線だけだったし。
サンコウ 10代
2001/日大三
8−5
僕が日大三OBということもありますが、日大三が勝と思います。僕自身現役でいまも硬式野球を続けているので予想には自信があります。葉っきり言って日大三の守備はあまりいいとは言えません。野崎と内田の守備は特出していますが、他はあまり優れているとは言えません。しかし、それを補う打力と、何よりも投手力が素晴らしいのが勝因の一つです。控え投手の千葉のスライダーは高校生レベルでは打てません。
ゴジラ55 10代
2000/智弁和歌山
23-8
先発オーダー
和智弁             日大三
1小関             1都築
2提野             2野崎
3武内             3内田
4池辺             4原島
5後藤             5斎藤
6山野             6風間
7青山             7石井
8井口             8諸角
9中家             9近藤
   回 安打 自責点 失点     回 安打 自責点 失点
中家 4 9   6  6   近藤 6 16  13  13
山野 5 4   2  2   千葉 2 7    5   5
                清代 1 6    5   5 
HR智弁・・・池辺、武内   HR日大三・・・原島 
       山野2   
     
     123456789
和智弁102046028 23
日大三302110100  8

智弁が1回近藤の立ち上がりを攻め1点を先制
日大三も中家を攻略し3点を奪い逆転
智弁も3回クリーンアップからの攻撃で2点を取り逆転
日大三は3回に2点4回に1点を奪い中家をKO
智弁は5回立ち直りをみせた近藤を一気に攻略し
4点を奪い同点6回も近藤に襲い掛かり6点を奪い近藤をKO
近藤は肘にも痛みを訴え降板、代わった千葉が後続を押さえ
攻撃終了。その後山野が日大三打線をほぼ完璧に押さえ
智弁打線も千葉を後半攻略し更に代わった清代もめった打ちにし試合終了、終わって見れば智弁の圧勝
大リーグボイス 20代
2000/智弁和歌山
7−2
智弁和歌山が終始日大三を圧倒し快勝。
ムタ 10代
2000/智弁和歌山
10−7
山野が先発すれば智弁和歌山が勝つ 近藤は打たれだしたらとまらないから智弁打線は止められないと思う
036 10代
2001/日大三
11−8
日大三は千葉が先発7回投げ近藤を抑えにまわして勝つ。
智弁は準決勝で光星学院のサイドスローの斎藤に苦しみオーバースローの根市にかわってから逆転した。光星学院の投手陣も良かったが智弁は長身サイドスロー千葉からせいぜい7回で5点近藤から2回で3点取れるかどうか、一方智弁の中家も山野も普通の投手、守備もはっきり言って甲子園レベルでは下手。智弁の打線は確かに強く安打数は上回るかもしれないが、日大三に比べ効率悪い攻撃で得点は日大三が上回ると思う。
キヨピー 10代
2000/智弁和歌山
13-12
和智弁の打線は高校生レベルをはるかに超えてた!
焼きそば 10代
2000/智弁和歌山
8−5
2000年の夏、あの光星学院に勝った智弁和歌山高校の破壊力はものすごかったので智弁和歌山の勝ちでしょう!!!
ただの中学生 10代
2001/日大三
5-8
日大三高は原島や内田といった強打者がおり、近藤や小川、千葉といった強力投手陣がおります。その中では僕はキャプテンの杉山選手が好きです。日大三高はチームワークに優れておるのでその点智弁和歌山に勝ると思います。
中学生 10代
2000/智弁和歌山
22−9
智弁和歌は柳川の好投手香月を打ち崩したけど日大三は 野間口 寺原阿部 泰 などの好投手とあたっておらず選抜でも東福岡に完敗していたのであのインパクトのある智弁和歌山にわかてなーーーーーーーーい
センド 20代
2000/智弁和歌山
7−6
誰かも言っていたけど、2000年の智弁和歌山の投手陣がヘボかったという人は素人。
山野にしろ中家にしろ十分に実力のある投手だった。たまたま対戦した相手の打線が総じて強かったために投手陣が弱いと思われているだけ。投手力は互角。
守備力はショートと外野の安定感の分、少しだけ日大三が上。
打力は、長打力に勝る智弁の方が、日大三のバランス打線よりも多少上。
勝敗を分けるのは接戦での勝負強さ。7×6で智弁の勝ち。
KUBOZUKA 10代
2000/智弁和歌山
9-8
確かに日大三の打線も都築、内田、原島などを中心として素晴らしい打線でしたが智弁に比べるとインパクトが少なかったですね。智弁の試合を見ててあれほど甲子園が狭いと感じたことはありませんでした。池部はあの高橋慶伸を超える逸材だとしんじています!!今春は甲子園観にいくぞー!!
t・n 20代
2000/智弁和歌山
10−8
あのインパクトのある智弁和歌山の打線は、それまでにない恐ろしさを感じました。日大三高のチーム打率も素晴らしいですが、智弁和歌山の印象度からするとちょっと・・・。まあ粘り勝ちで智弁和歌山かなあ。
ケン 30代
2001/日大三
8−5
確かに智弁和歌山は強い!このカードで10戦やったら
7勝智弁が勝ちそうだけど・・・一発勝負だったら三高が勝つような気がする。
USA 20代
2001/日大三
5-4
ん〜〜〜〜。かなり難しいんですけど日大三かな・・・。なにげに日大三はピッチャーが良かったと思うんですけど・・・気のせいでしょうか?打線が注目されすぎてますけど、予選大会とか3投手とも先発してましたし、それだけの力もあったように思います。
浪花魂 10代
2000/智弁和歌山
10−7
いくら最高打率を記録した日大三でも、やっぱり智弁の方がずっとインパクトのあるバッティングだった。だってあの時の智弁のアルプススタンドにいてたんですもん。(OBなんですよ、僕。)
やく見鶴 20代
2000/智弁和歌山
7-5
両方甲子園で見たが、智弁和歌山の打線には驚いたが、日大三の打線が凄いとはあまり感じなかった。しかし、それは智弁が打ち合いの接戦を制したのに対し、日大三は圧勝続きだったからだろう。見ごたえと言う点では智弁の方があり、強いイメージがあるが、日大三はそれ以上に、記憶に残らない程の圧勝だったのだ。
ただ、日大三の近藤は先頭打者に四球を出す癖があり、長打力のある智弁相手では致命傷になりかねない癖だ。
展開としては、7回を終わって5-2で日大三リードから、8回に四球がらみで智弁が近藤から3点を挙げ同点、代わった千葉も打ち込まれ2失点、一挙5点を奪い、7-5で逆転勝ちすると見た。
甲子園 20代
2000/智弁和歌山
12−6
三高の選手が4人ドラフトで指名されたけど内田以外は下位指名だし、3人の評価も低かったしどっちかと言うとプロを第一希望にしているからプロ側が、「ちょっと試してみようか」という感じで指名したんじゃないの?決してタレント選手とは、いえないね。智弁の池辺(慶応)武内(早稲田進学)がプロを希望にすれば1位か2位で指名されたでしょう
高校Q児 10代
2000/智弁和歌山
8−7
これはやはり智弁でしょう!武内、山野、堤野、池辺、後藤。。最強で最高の打線でしょう!日大三は智弁に比べると修羅場をくぐってないな!
太鼓叩けよう 20代
2001/日大三
9-7
打線は智弁の方がやや上かもしれないが、ピッチャーは日大三の方が
いいのでは。その分日大三が僅差で勝つのでは。
工堂 30代
2000/智弁和歌山
10-5
智弁の投手も打たれると思う。しかし、智弁の打線は更に打つと思う。
たっくん 10代
2000/智弁和歌山
8−5
今年の日大三は、好投手にあたっていないから。
大手企業社員 20代
2000/智弁和歌山
13−5
なんぼ打率で一位やからて、あの年の智弁には勝たれへん。
拓弥 10代
2000/智弁和歌山
15−3
圧倒的に智弁の方がホームラン攻勢で勝つから
甲子園 10代
2000/智弁和歌山
7−4
あの打線はすごかった。
そら 10代
2000/智弁和歌山
11−6
格が違いすぎる。今年の日大三高は、対戦相手に恵まれた面もあった。しかし、2000年の智弁和歌山は優勝候補を次々と倒しての優勝だったし、あのいつでも点が入りそうな雰囲気は、どこにも真似できるものではないから。
yuu 10代
2000/智弁和歌山
7-6
智弁和歌山が、サヨナラがちをする
とうきょうじん 20代
2000/智弁和歌山
15−5
日大三高超勘違い。はっきりいって今年の夏の甲子園は、大阪桐蔭、PL学園、上宮、関西創価、など、大阪の全国制覇出来そうな高校が、出場しなかったから、勝てただけ。岩田、朝井、国木、野間口、のドラフト候補の投手と、当たればまぁ、勝てなかったでしょう。僕は、東京の人間だけど、大阪予選に、三高が、混じって戦えば、3回戦にもいけないんじゃないかなぁ。やっぱり、大阪の強い高校に、勝ってこそ、本当の強いチームじゃないかなぁ。 ちょっと、話が、ずれたけど。
wwq 30代
2000/智弁和歌山
11-4
良太にかったからだよ。
玄人 40代
2001/日大三
10-5
智弁和歌山勝利説は、すべて素人のタワゴト。
玄人の目では、日大三の勝利間違い無し!理由?・・・玄人の判断だから・・・。
まえなお 10代
2000/智弁和歌山
20−18
智弁和歌山と日大三の両チームあわせて10本のほーむらんがでた。
やっくん 30代
2000/智弁和歌山
7-0
監督の差で的確な投手交代が。。。。
亜貴 10代
2000/智弁和歌山
15-7
はっきり言って2001年の選手権で日大三と対戦したチ−ムは2000年も選手権で智弁和歌山と対戦したチ−ムと比べると打力、投手力ともに劣っていたように思う。確かに打率は日大三が抜いたが、試合を見ているとヒットを打ってすぐに盗塁死など無駄に打席数が減っていた。
日大三に目立った選手は3人ぐらいだったのに対して智弁和歌山は「どこからホ−ムランが出てもおかしくない打線」と全員大絶賛。
エラ-が心配だがそれも高島監督にゲキをいれられれば7点以上取られる事はまずない。
日大三を遥かにしのぐ打力で智弁和歌山が打ち勝つハズ!
まーくん 20代
2001/日大三
12−11
細かい攻撃もできるから。
10連覇 30代
2001/日大三
8−3
ドラフト史上初4人同時指名の可能性の高いタレント軍団・日大三が智弁を圧倒するのは目に見えている。
大山 10代
2000/智弁和歌山
32−31
7本と日大三校はチームのホームランがいう記録
11本という智弁和歌山
やっぱり智弁和歌山だね。^^
takayuki 10代
2000/智弁和歌山
10-8
智弁和歌山の、豪打は、常識じゃ考えられないぐらいすごかった。日大三高も、打撃はすごいがあまり好投手と、あたってないので智弁の方が凄いと思う。香月を倒した智弁が、勝つと思う。
シュン 20代
2001/日大三
7−5
確かに2000年の智弁和歌山の一発の破壊力は、高校野球のレベルをはるかに超えてた。大会時に打線を絶好調に持ってきたコンディション作りもさすがだった。しかし、巧さも兼ね備えた日大三に一日の長があると読む。意外と細かい野球もできる日大三が、智弁の一発攻勢に苦しみながらも競り勝つだろう。
かいざ 30代
2001/日大三
1-3
根拠とは言えませんが、江上さんのファンなので贔屓です。
でも江上さんって、太目は太目だけど、そんなに丸々とは肥えて
いないと思うのですが(^^;
元甲子園球児 40代
2000/智弁和歌山
10-8
ホームランの打ち合いとなるが、試合巧者の智弁和歌山が逃げ切る
なんだありゃ 10代
2001/日大三
7-11
打撃戦。でも智弁和歌山にミスがあり、日大三の勝ち。だと思う。
パワフる 10代
2000/智弁和歌山
8-4
・投手力について
中家、山野より、千葉、近藤の方が上というのは間違い。
日大三の相手の打線があまりよくなかったのに対し、2000年の智弁和歌山の相手は中京、PL、光星の打線は力強かった。千葉、近藤の投手力では日大三はこれらのどこかの学校に敗れただろう。
なお 10代
2000/智弁和歌山
10-6
日大三よりは智弁の打線の方が上だと思うよ。
近藤・千葉・清代投手多分打ち込まれると思う。
今年の日大三はすごい!と言っても1番都築 3番内田 4番原島
のみがすごいが、智弁はこの選手達よりも1ランク上の
2番堤野 3番武内 4番池辺 5番後藤 6番山野と
破壊力高いメンバーがそろっている。
投手力は日大三の方が上回ってるとは言え、中家・山野あたりから
そんなに点はとれるとも思わない。
相手をバッティングピッチャーみたいに打ち込んだ智弁に一票。
大成 10代
2000/智弁和歌山
10−9
試合は、予想どおりの、打撃戦になった。智弁・中家VS日大三・近藤の投げ合いで始まった試合は、1回表、日大三、1番都築のセンターオーバーの3塁打で、2番三振の後3番内田くんのセンター前ヒットで、先制のあと原島くんのHRが飛び出し1回で、3点をとった。しかし智弁も負けっていない、その裏、武内くんと池辺くんのヒットで、2死1・2塁のチャンスここで山野くんがレフトオーバーのヒット、ランナーの武内くんが帰り1点を返す、なお2・3塁で後藤くんが、ライト前にヒットを放ち池辺くんが帰り2点目、山野くんもホームを突くがライト原島くんの好返球でタッチアウトとなる。2・3・4回1点ずつ取り合って6対5でむかえた5回日大三は、原島くんのこの日二本目のHRで7対5とする。智弁は、5・6・7回とじょじょに調子を上げる近藤くんの前に0点に抑えられる。一方4回からリリーフにたった山野くんも7回に1失点するも8回まで踏ん張った。8対5で迎えた8回裏、後藤くんの2ランで1点差に詰め寄る。しかし、9回日大三の斉藤くんにHRを打たれ2点差に9回裏智弁も粘りを見せ2アウトながら2・3塁、ここでバッ・u」拭w)ーは、武内くん追い込まれてからの4球目1塁にファールフライを打ち上げてしまう。試合終了と思った瞬間まさかの斉藤くんの落球・・・そのあと集中力の切れた近藤くんの投じた5球目まさかの、サヨナラホームランで、智弁の勝利。
智弁の勝ち抜いた2000年夏は、今年よりも全然すごかったと思う。

総帥 20代
2000/智弁和歌山
7−5
対戦した相手が違う。2000年の中京大中京、PL学園、柳川、光星学院の投手力は抜群だった。それに対して日大三は日本航空の八木君を打ちあぐねたように、ちょっといい投手になるとかなりてこずっていた。確かに投手力は日大三が一枚上だが、打撃力が智辯和歌山の方が三枚上。
かっくん 30代
2001/日大三
6-7
硬く確実な日大三が一歩リード。
ヤベッチ 10代
2001/日大三
7−6
勝負としては互角だが、バッティングセンスは日大三のほうがうえである。智弁和歌山は本塁打はすごいが、たまにムラがあるのが欠点である。日大三は一番の都築を軸にきれめがなく安定している。投手力でも
日大三の近藤、千葉の両選手はチームの信頼があつい。一方智弁和歌山は山野も投げるがバッティングの両方がありピッチングに集中できない。これらをふくめ、日大三が有利である。
しま 30代
2000/智弁和歌山
10−5
智弁和歌山と日大三では対戦チームのレベルが全然違う。中京、PL、柳川、光星はピッチャーはいずれも140キロを超えるドラフト候補だったし、バッティングも十分優勝チームのレベルに達していた。特に柳川は智弁和歌山がいなければ春夏連覇も可能なチームだった。
てほ 20代
2001/日大三
8−3
打線は互角。ただ近藤・千葉の日三投手陣に対して中家・山野ではきつい。
こう 20代
2001/日大三
7-6
投手力は断然、日大三が上。
taka 30代
2001/日大三
10-9
日大三は試合を優位に運んでいくためのセンスの良さがよい。
のんのん 10代
2000/智弁和歌山
8−6
どう考えても智弁が勝つ。
2001年度は目立って強いと思えるチームがいなかった。
2000年度はPLもいたし、柳川もいた。特に柳川戦であの香月を攻略した粘り強さを持っている。
日大三が2000年度に出ていたら、ベスト8にも出れたか分からないと思う。2000年度のほうがレベルが高く、見ごたえがあった。
ゴジラ55 10代
2000/智弁和歌山
15−7
この試合は82回選手権決勝の智弁と東海大浦安の試合みたいな展開に
なると思う。智弁は初回近藤の立ち上がりを攻め3点を先制
日大三も2,3回に中家を攻め逆転3回を終わって3−6で日大三が
リード、立ち直った近藤に抑えられてた智弁だがストレートにタイミングの合ってきた智弁が近藤に襲い掛かる4回に1点を返し5回、6回、7回は近藤をバッティングマシンのように打ち込み5回から登板した
山野がピシャリと抑え終わってみれば智弁の圧勝

チーム123456789計H
和智弁3001322131521
日大三213001000711

日大三なんて横浜の畠山が投げてれば負けてたよ
いういう 10代
2000/智弁和歌山
14-3
あの柳川に勝ったんだもん。日大さんに負けるわけない。
ゆう 10代
2000/智弁和歌山
10−8
やっぱり智弁だと思う。
武内、池辺、後藤、山野には都筑、内田、原島もかなわないと思う。
投手力、守備力に大差はないと思うし、智弁は勝負強く、どんな試合展開になっても最後には自分達のペースで試合をしている。
どうちん 10代
2000/智弁和歌山
10−4
日大三が最高打率といっても、安打数HR数などから見て智弁の方が何枚でも上である。
投手では日大三の近藤レベルの投手ならまず智弁の打線は抑えられない!繋がりもあるし。香月レベルではないと抑えることが出来ないでしょう。それでも智弁の投手力も強くはないから5点は取られる。
しかも大会全体のレベルも2000年の方が高かった。
とんじ 40代
2000/智弁和歌山
11-9
3本塁打を放った智弁の逃げ切り!
サンコマン 20代
2001/日大三
10−7
日大三は足を絡め小刻みに点を重ねるが、智弁はビックイニングをつくり、そのたびに逆転。
ただ最後まで粘りつづけた日大三が逆転し勝利!
甲子園ファン 10代
2000/智弁和歌山
7−4
あのときほどの智弁の強さははっきり言って半端じゃなかったと思う。
決勝戦で今回投げた近藤君は確かに良い投手だがあの大会であてはめるとかって、青野君がいた樟南か中京大ぐらいで負けていたと思う
それにPL戦でみせた派手な花火大会をみせるぐらいの打撃力を持っている。ただ、日大三の、原島や都築のようなバッターは横浜の上位が打てるのではないかと思います。 とにかく智弁が強いと考えます
シン 20代
2000/智弁和歌山
15-5
だんとつ智弁和歌山。2000年の智弁はなんだかんだ投手力もよかった。大事な所できっちり抑えるあたりは日大三の投手よりも上でしょ。
一本歯 40代
2001/日大三
8-3
どちらも魅力的なチーム。どっちが勝ってもいいのだが、10月10日現在、ここでは日大三が劣勢のようなので、話の座興に日大三のカタをもってみよう。

すでに何人かの人が指摘しているが、投手力の差で日大三優位とみる。それは1発勝負でも、10試合やってもかわらない。甲子園ではあまり芳しい成績の残せなかった近藤と千葉だが、夏の地区大会前の練習試合では、石井、藤崎、黒木といったスラッガーを擁する打撃型チーム桐光学園を13−1と1失点で抑えている。桐光エースの猪原が、中家、山野より劣っているとは思えず、攻撃面から見ても三高優位。

また、甲子園では出番のなかった小川は、桐蔭学園との練習試合で栂野と投げ合い3−1で完投勝利した実力の持ち主。これに、春の関東大会覇者、花咲徳栄を牛耳った左腕・清代と、それぞれ完投能力のあるピッチングス4枚は強力だ。1試合決戦ならタイプの違う4人で継投もできるし、10試合対戦でも捨てゲームを作らずにすむ。

両チームの力を無理矢理比較できるデータもある。智弁和歌山が決勝を戦った東海大浦安と、その4ヵ月前に日大三の旧チームが練習試合を行っている。日大三は、その試合にまだ2年生だった小川を先発させ、近藤につなぎ、3年生の控え投手だった振原をクローザーとして起用し、19−3で勝っている。東海大浦安は、もちろんレギュラーメンバー。
当時、浦安のエースは故障前の井上で彼が先発。しかし、5回までに13失点を喫してリリーフを仰いだ。当時まだセカンドだった浜名がそのリリーバーだったかは、実はよく分からなかった(その頃は、まさかあんな活躍を甲子園でするとは思わなかったので、特に注目はしなかったのだ)。
ちなみにこの試合で、内田は6番、原島は7番を打っており、内田は6打数3安打1本塁打2打点。原島は4打数4安打で3塁打1、2塁打1の成績だった。

一方、智弁和歌山は、その東海大浦安に11−6のスコア。もちろん単純な比較はとうていできないが、あの疲れきった浜名から11得点しかできず、しかも投手陣は6失点を喫している……。以上のような理由で、日大三優位といってみたいが、いかがなものだろう。

また、甲乙つけがたい攻撃面においても、2000年智弁和歌山には、たしかに1発の魅力や華々しさがあったけれど、つなぐ意識が徹底されているという部分で、日大三の打線の方がいやらしい感じを受けもする。
フジモト 10代
2000/智弁和歌山
12−6
100安打も打っている
KingKAZU 30代
2001/日大三
6-5
両校に大差はなくチームカラーも似ているので非常に難しい。ここという場面での勝負力と破壊力は智弁に分がある。しかし都築のようなタイプの打者は智弁和歌山にはいなかった。日大三には原島はじめとするスラッガーもいて打線の中でのバランスがとれている。横浜戦の9回の攻防で見せたような流れをつかむ不思議なチーム力も備わっている。これはあくまで感覚的なものですが、智弁和歌山はスリリングな展開でも勝てる勝負強さ、日大三は試合を優位に運んでいくためのセンスの良さ。その両校の特徴の比較で、わずかに日大三有利だと読みました。
STO 20代
2000/智弁和歌山
11-3
日大三の3人の投手は抑える事が出来るかどうかに懸かってくる。投手力は日大三に分がある。しかし集中打、特にどの打順からでも点を取れる強みが和智弁にある。打率より集中打だと思う。特に高校野球は。
大将 10代
2000/智弁和歌山
13−10
智弁和歌山の打線はハンパじゃないと思います!
チャンスで打つのではなく、どこでも打つんです。
兜 20代
2001/日大三
10-6
守備もしっかりしているなど、総合力で三高の勝ち。
ぺぺ 20代
2000/智弁和歌山
9−7
ハイレベルな打撃戦になることが予想されるが、勝負強さでは智辯のほうが、一枚も二枚も上である。智辯が優勝した2000年は2001年に比べてハイレベルだと思われる。智辯が中京大中京・PL・柳川などの優勝候補を倒し、準決勝・決勝でも好投手を攻略したのに対し、日大三高は優勝候補と呼ばれるようなところとは、あまり対戦していない。はっきり言って日大三高が2000年の智辯がいたブロックに入ったら、どこかで負けていたと思う。智辯のやんちゃ野球が、日大三高のスマート野球を凌駕するだろう。また、投手力では日大三高のほうが上であると思われがちだが、智辯の中家は高嶋監督が高塚二世と呼んだほどの潜在能力の持ち主で、素質では日大三の近藤より上である。2000年は打ち込まれた感があるが、前半に失点はしたものの中家と山野は要所はしっかり締めていた。後半はほとんど失点せずに、打撃の凄さに目を奪われがちであるが、投手陣も勝負強かった。リーグ戦ならともかくトーナメントでは、勝負強さで智辯が絶対有利と思われる。
ワッシー 20代
2000/智弁和歌山
10−7
2000年智弁和歌山はおそらく甲子園史上で最強の打線です。
しかも相手が中京、PL、柳川と優勝できる戦力を持った高校ばかりと試合をしています。
柳川の好投手香月を攻略している。
日大三はたしかに強豪樟南に新鋭花咲徳栄、横浜に勝ってますが好投手とは対戦していません。
しんご 30代
2000/智弁和歌山
10−6
今年の日大三はすごく強かった。都築はすばらしいリードオフマンだし、原島の柔らかいパッティングは、長打力とともに上手さも併せ持つ。また、エース近藤も好投手だった。チームとしてすごく完成されてたと思う。しかし、智弁和歌山の圧倒的な破壊力にはかなわないと思う。武内、池辺、山野はいうまでもなく9人全員がとにかく振りがシャープだった。どこからでもホームランが出そうな超強力打線。
チームの完成度、投手力では日大三が上でも、圧倒的な破壊力を持った打力を持つ智弁和歌山が打撃線を制すると思います。
甲子園球児 10代
2001/日大三
7-6
近藤君におさえられると思います。でも、やっぱりあの智弁和歌山なら近藤君を打つ。しかし、原島くん・内田くんには負けるんじゃないかな!?
甲子園 10代
2000/智弁和歌山
12−9
ほぼ力は互角でも打線の迫力はやや智弁かな・・・
5回ぐらいまでは日大三が7−4ぐらいでリードするが
智弁が中家から山野へ交代6回ぐらいから近藤の球速が130キロ中盤
におち智弁が捕らえ始めるよって智弁の勝ち
チーム123456789
和智弁010122312
日大三130120200

サンタマリア 10代
2000/智弁和歌山
9−8
智弁はPL、柳川、中京大中京など強豪を相手にあれだけの成績を収めているし、接戦にも断然強い。投手力など関係ない!取られた分だけ取り替えすことのできる打線である。
鷹 30代
2001/日大三
11−6
打撃力は互角だと思う。ただ、日大三は破壊力とともに確実性のある打撃をしていただけに、どちからというと日大三が勝利する可能性が高い気がする。投手力は断然、日大三が上。
やまびこ 30代
2001/日大三
8−5
一発勝負ではどちらが勝つか分かりませんが、たとえば10試合やったら
7勝くらい日大が勝つような気がします。
一発攻勢の智弁和歌山よりも左右に打ち分ける日大三の方が安定性があるのでは?
(分からないけどね!)

ぶるじじ 30代
2000/智弁和歌山
13−6
長打での破壊力では格が違う。武内、池辺、山野にホームラン。
pecyo 10代
2001/日大三
13-7
日大三高が打ち勝つ
師匠 30代
2001/日大三
10−7
両チームとも高校生離れした打撃がウリなわけですが、投手力、機動力で日大三が勝つと思います。第一、智弁は投手が弱すぎ。日大打線なら拙攻しなければ10点は取ります。日大三の近藤は強力打線に隠れがちでしたが高校生としてはレベルの高い投手です。点は取られると思いますが要所は締めると思います。最後に日大三の内田は素晴らしい選手です。大きくはありませんが走攻守全てハイレベル、将来楽しみです。
t. k 20代
2000/智弁和歌山
10−9
この試合の予想が今のところこの企画で最も難しいかも・・・。
どっちが勝つにしてもこのくらいのスコアだと思います。また、10試合やったら5勝5敗ずつ、
ほぼ全試合乱打戦になると思います。両校の打線に共通しているのは「選球眼の良さ」です。
クサい球はカットし少しでも甘く入った場合は逃さずに狙い打つ。両校投手が如何に
力投しようとも抑えるのは難しいと思います。
根拠を立てるのが難しいのですが、修羅場を乗り切る強かさが僅かに智弁和歌山の方が上かな?という気がします。