夢の対決勝つのはどっち? 
                         
松坂の150km剛球に最強11本塁打智弁打線が立ち向かう!
1998/平成の怪物松坂の横浜 × 2000/11本塁打100安打の智弁和歌山

1998/横浜 194票 × 173票  2000/智弁和歌山
投票処理は一時中断しております
ヤマト 10代
1998/横浜
6−0
智弁は香月は打てても築川は打てなかった。
松坂を打つのはいくら超強力打線といっても難しい。
やはり、横浜が勝つのが妥当だと思います。
星稜ファン 20代
2000/智弁和歌山
14−0
あの年の星稜は横浜に完敗、その恨みをせめてこの投票だけでも智弁和歌山は横浜を上回って欲しい。
オリエンタル 20代
2000/智弁和歌山
1x-0
0-0で延長戦に。13回裏,疲れの見える松坂に,守りのエラーがでる。死球であるかせた一塁ランナーを,二塁で封殺しようと焦り,送球が,外野まで転がり,サヨナラ。
ろくんとなあい 10代
1998/横浜
3-0
横浜松坂の直球は高校生ではなかなか打てないです。
いっちゃん 10代
2000/智弁和歌山
7-1
横浜は意外と打てないです。
からっかぜ 20代
1998/横浜
14−0
松坂擁する横浜は、甲子園春夏連覇のみならず、前年の神宮優勝、国体優勝と、圧倒的な力を持っていた。一方智弁和歌山は、国体で屈辱的大敗(5−17だったかな)しているし、春の選抜では東海大相模の筑川投手に抑えられ、競り負けた。つまり、どんな展開になっても勝ち方を知っている横浜と、打線が好調な時にしか勝ち方を知らない智弁和歌山では、勝負にならない。智弁が、自分の展開に持ち込めずに松坂の前に沈黙。逆に、終盤智弁の投手陣が横浜打線につかまり、一方的大差に。松坂は、智弁の外野手が一歩も動けないほどの特大アーチも放った。まるで智弁をあざ笑うかのように。どう転んでも好勝負にはなりそうも無い。
wakou 10代
1998/横浜
14−1
松坂はいつもどおり、立ち上がりが悪く、堤野、武内、池辺に3連打を浴び1点を失う。しかし、その裏横浜打線は小池の先頭打者ホームランによりすぐさま同点に。これで気落ちした智弁和歌山先発の中家は続く加藤、後藤、松坂、小山に4連打を許し、3点を失う。その後、立ち直った松坂に手も足も出ない智弁打線。代わった山野も打ち込まれ、終わってみれば横浜の圧勝。松坂がPL戦に打たれたのはサインを盗まれていて、さらに彼本来のボールがいってなかったから。PLの上重や稲田は山野、中家よりすぐれた投手である。その2人から9点を取ったことを考えると、横浜打線が智弁投手陣に牙を向くのは時間の問題と思われる。
ふとしくん 20代
1998/横浜
4−1
立ち上がり、調子の悪い松坂を強打・智弁打線が先制点。しかし、徐々に調子もスピ-ドも乗ってくると手を付けられずに沈黙。四球で走者を出すものの、豪快な投球と堅い守備で守り抜き点を与えない。なんとか返したい横浜打線は中盤の六回にシングルをつなぎ同点。終盤に疲れのみえる投手をとらえて、逆転、追加点を重ねる。しり上がりに調子を上げた松坂が智弁打線を完璧に抑えて試合終了!!
房一俺 10代
1998/横浜
1−0
乱打戦になると思われたこの試合、以外にも横浜松坂、智弁和歌山山野の投げあいとなった。智弁和歌山は途中ノーアウト満塁の大ピンチに立たされるが、そこを代わった中家がピシャリと抑えた。しかし7回中家の渾身のストレートが4番後藤の一振りによりバックスクリーンに運ばれる。そのまま8,9回と松坂が三者凡退に押さえた。
りーち 20代
1998/横浜
5-0
あの年の横浜は完全に別格。地区予選から甲子園決勝まで、横浜と戦った全てのチームのためにも横浜は負けてはならない。
ジュン 10代
1998/横浜
4−1
智弁がいくら打っても、横浜の守備の方が上まっていて、せいぜい1点。あの頃の横浜はチームが平均的に強かった。
くろうと 20代
2000/智弁和歌山
8-5
松坂はいい投手だがPLに打たれたように高校レベルの一流打者がそろったチーム相手では必ず失点する。
智弁は打つだけのチームのように思われているが投手は決して良くはないが悪くもない。甲子園出場校の平均ぐらいといえる。だから5点ぐらいはとられるだろう。でも純粋に考えていくら松坂でもこの年の智弁を3点以下に抑えることはできないと思う。
狂童子 10代
2000/智弁和歌山
3−2
「9回裏ツーアウトフルベース、得点は2−1で横浜リード。ここで打席に入るのはまたも怖い6番山野。ここまでセンター前ヒット一本で、投げても6回以降横浜打線をほぼ完璧に抑えています。」
「山野君こういう場面でことごとく劇的なヒットを放ってきましたからね。松坂君とすれば高めに抜けた変化球に気をつけることですね。特にピッチングでのっているだけに怖いですよ」
「松坂、キャッチャー小山のサインにゆっくり頷いて第1球・・・・・・、打った!三塁戦、サード加藤の横を抜いた!二塁走者池辺、俊足をとばす!速い速い!滑り込んだ、ホームイン!智弁和歌山劇的サヨナラ!!!、山野、天高くガッツポーズ!・・・気をつけろとおっしゃったその高めのカーブでしたね」
「いやあ、しかしこれはこの場面で打った山野君が素晴らしいですよ」「まったくそうですね・・・、あー、キャッチャー小山立ち上がれません、そして松坂も立ち上がれません・・・・・・、無情にも後一人まで押し込みながらこの対決は智弁和歌山に決しました。決勝はPL学園です。桑田、清原にどう対することができるか」
大リーグボイス 20代
1998/横浜
4−3
智弁和歌山が先制するも終盤に横浜得意の逆転劇で横浜の勝ち。
智弁命 10代
2000/智弁和歌山
10−0
松坂は初回から150kmの球を投げて8回に智弁にボコボコに打たれる。
ユダ 20代
1998/横浜
8-1
チームの完成度が比べ物にならない。あの横浜は決して松坂だけでなく,走,功,守と完璧だった。近年の高校野球でこれほど完成されたチームはない。公式戦44連勝なんて他の高校にはできないとてつもない記録である。だいたいあの智弁の投手と乱れまくった守りでは横浜打線をおされられない。だいたい7,8失点以上はするだろう。超一流のプロ打者でも調子のいいときなら打てない松坂を高校レベルの和智弁打線が打てるわけない。せいぜいとられて3失点以内だろう。横浜の完封勝ちもありうる。もし松坂が調子悪くて打ち込まれても,それ以上に横浜打線が智弁投手陣を打ち込むのがオチ。
個人的な印象では智弁は00年よりも97年のほうが強いと思う。
植草節 50代
2000/智弁和歌山
11−5
初回から変化球中心のピッチングの松坂は4回まで智弁をノーヒットに抑えるが6回から変化球の使いすぎでスタミナ切れで4点を失う。その後もリリーフ陣が打たれ続け結局11-5で横浜が敗れる。
KUBOZUKA 10代
1998/横浜
5-2
ちなみに前書き忘れたけど智弁打線は今年の日南寺原やったら攻略できるやろね、継投でこられてもそんなに苦ではないでしょう。序盤は球しぼって珠数なげさせといて7回120球ぐらい投げさせといたら終盤でつかまえるやろね多分、まあ前もいったけど一回やってみんとわからへんけどね!!
元球児 30代
2000/智弁和歌山
10−7
智弁は投手力は弱いがその分補って余りすぎるほどのパワーを兼ね備えたチーム。ただし投手力が弱いため接戦になるのは覚悟の上で。
KUBOZUKA 10代
1998/横浜
5-2
調子が良ければ松坂の球を打つことは用意ではないだろう。横浜に軟投派の投手がもしいたならば横浜の勝利はぐっと近くなるはず。ただ智弁和歌山も春の大会以降守備練習を中心にしていたにもかかわらず打ちまくったのはみごと!!彼らは特にストレートの対応が素晴らしいのでいくら150キロでもまっすぐ中心では必ずうたれる。智弁が打ち勝つにはあの強力打線のなかでも特に四番の池部がカギになるだろう(最もミートが上手く体のわりに振りが速いので)
まあやってみんとわからへんけどね!
かつ 20代
1998/横浜
3−0
松坂の球は高校生にはなかなか打てない。
智弁も強力な打線だし、松坂の調子次第では打てる。
でも、好調時の松坂は無理。
迷実況 10代
2000/智弁和歌山
7−6
15回裏智弁和歌山同点に追いつきました〜(略)2アウト満塁バッターは4番池辺、今日は松坂からホームラン1本を放っております。(略)カウント2−3からファールで3球粘った池辺、松坂サインに肯き、投球は8球目、打ったー右中間への大きな当たりだー、3塁ランナーホームインサヨナラー、智弁和歌山サヨナラー、横浜高校の春夏連覇の夢を打ち砕きました。マウンド上でうずくまる松坂。
オグリキャップ 30代
2000/智弁和歌山
13−5
   一二三四五六七八九十計HE
和智弁000004324 13193
横 浜030110000 5121
よって智弁和歌山の勝利。
やく見鶴 10代
1998/横浜
8-2
PLが松坂から7点を取れたのは、キャッチャーの癖を盗んだから。
普通に打って松坂から点を取るのは高校生では至難の業。
いくら智弁最強打線をもってしても無理だろう。
柳川の香月良太を打てたのも、香月の爪が割れたから。
万全だったらまず打てなかったろう。
それを考えれば、それ以上の松坂を打つのは不可能。
逆に横浜打線が中家・山野を打ち崩すのはたやすい事だろう。
それは、上重や寺本、杉内を打ち崩した事を考えればわかる。
はっきり言って、レベルが違う。
これからずっと野球ファン 10代
1998/横浜
5−0
あの松坂の球は打てないでしょう。
横浜は、松坂が有名だが、打線もなかなかのものだと思う。
ぶあさん 30代
2000/智弁和歌山
9−7
智弁が接戦を制するはず。
五十嵐亮太 10代
1998/横浜
2-0
松坂くんは僕と一緒で速球派投手です。ストレ−トは打者にとって一番打ちにくいボ−ルなので地弁和歌山でもなかなか打てないと思う。武内君ならば打てるかもしれない。
近藤真彦 30代
1998/横浜
4-1
松坂のスライダ−はなかなか打てないと思う
パモ 10代
2000/智弁和歌山
13−1
いくら松坂がいた、とはいえ間違いなく智弁に打ち崩される。
一公務員 30代
2000/智弁和歌山
10−4
池辺、竹内、後藤のホームランで、間違いなく智弁が勝つ。
タケ 10代
1998/横浜
5―0
松坂のいた横浜に勝てるわけない。余裕で横浜
スーパーライト 20代
1998/横浜
5−2
松坂のスライダーはなかなか打てない。それにチェンジアップがある。
この年の横浜は一度も負けていない(練習試合も・・・)
たっくん 10代
1998/横浜
7−0
松坂のボールは智弁では打てない。ワンサイドゲームになる。
巨人嫌い 40代
2000/智弁和歌山
15−2
智弁の最強打線が横浜を圧倒。
反横高勢力 10代
2000/智弁和歌山
9−4
去年の智弁なら松坂でも打ち崩せる。
ガミさん。 10代
1998/横浜
6-5
立ち上がりを智弁が責めて3点ぐらいいれるが守備でエラーをきっかけに序所に横浜が追い上げてくる。智弁は終盤にホームランで点を追加するものの最後の最後に横浜に逆転負け。
野球部 10代
1998/横浜
4−3
横浜が負けるわけない
こば 10代
1998/横浜
5−0
松坂が、ノーヒットノーランをやるとおもう
なつおとこ 10代
1998/横浜
10−1
確かに2000年智弁和歌山の打線はすごかった。しかし、高校野球レベルでの話。本調子でないそこそこの投手を打ち崩しただけ。松坂は、150kmストレートに高速スライダー、フォーク、チェンジアップなどすでにプロ野球レベルに達していた投手。実際、プロで三年連続最多勝をするくらいの投手。智弁和歌山程度の打線なら点入るとしたら出会い頭の一発。智弁の一点は、武内の一発。横浜は、中盤から終盤にかけて智弁を突き放し、圧勝、勝負にならず。松坂が投げない1998年横浜と、ベストオーダーの2000年智弁なら、まともな勝負になったと思うのだが。
ゆーき 20代
1998/横浜
8−0
智弁の各バッター、松坂の150kmストレートよりも、高速スライダーにただただ呆然。力で強引にねじ伏せようとするも、松坂の術中にまんまとはまる。松坂はチェンジアップも交えて、振り回す智弁打線を子供扱い。横浜打線は、火がつくのが遅かったが六回以降毎回得点で、ワンサイドゲーム。松坂、被安打3の奪三振16、横浜完勝。
かずひろ 10代
1998/横浜
9-0
いくら11本打っても松坂にからは打てないと思いますよ
決勝でノーヒットノーランですから。
山野もいいピッチャーでしたけどもっといいピッチャーじゃないと勝負にならない
スギ 30代
1998/横浜
16−2
格が違いすぎる。智弁に好投手がいれば、もっと接戦になるのだが。
ゆうくん 10代
2000/智弁和歌山
6−3
智弁和歌山は豪腕香月良太をねじ伏せたから。ホームラン11本の超強力打線がうねりをあげ始めたらもう止められないと思う。
稲田一洋 10代
2000/智弁和歌山
5−6
智弁は松坂打たれへん
海老原 隆 20代
1998/横浜
3−1
松坂の高速スライダーとストレートはさすがの知弁和歌山打線も打てないのではないか?知弁和歌山が優勝した年は松坂のような本格派とは対戦してないから、よくわからないけど150キロの球にはなれてないないから打つのは難しいだろう。
しかも、横浜の打線は後藤君など、今の大学野球のスターがいたのでひょっとしたら打ち合いにも負けないのではないだろうか?
 さて、試合展開は松坂が初回からとばして、5回までノーヒット、一つの四球を許しただけ。さすがの知弁打線も頼みの堤野君、武内君が松坂を攻略できず,8回に松坂の疲れに乗じて四球がらみのタイムリーツーベースを山野君が放ち一矢報いただけ。散発4安打に抑えられ万事休す。
 一方、横浜は3回に渡辺君のツーベースをきっかけに小山君は四球で歩き、松坂がタイムリーヒットを放ちまず一点。6回には後藤君のツーランホームランで3点。
 結局、3−1で横浜
狂童子 20代 20代

「さあ、智弁和歌山のアルプスは今日はじめて湧きに湧いています。ここで横浜の渡辺監督は今日はじめてのタイムをとって伝令を送ります。しかし松坂の顔には笑顔さえ見られます。」
「しかしまあ、今日はじめて完璧な当たりを打たれたんですから心中穏やかではないでしょうね。」
「さてまた怖い打者が入ります、4番の池辺。今日は2回にレフト前に一本放ってます。野手が各ポジションに散り、試合再開。松坂セットポジションから初球・・・、(途中省略)・・・・・スライダー外れました!池辺、結局粘ってファーボール。あー、ちょっと松坂悔しそうな表情。うーん、いいボールだったんですけどねえ」
「ええ、やはり池辺君、この大事な場面で素晴らしい選球眼ですね。」「智弁和歌山は5番、後藤が入ります。この準決勝まで2ホーマーですが、今日はヒットなし。松坂は心持ち険しい表情。サインにゆっくり頷いて第1球、・・・・打った!打球は三遊間、抜けました、レフト前ヒット!二塁走者武内は・・・・、あまり足は速くない、ストップ、ストップ、満塁です。」
「カーブが高めにいったんですかねえ。しかしよく打ちました。」
「この回、何か松坂に変化はあるでしょうか。」
「特にはないと思いますがねえ、・・・・ちょっと変化球が微妙に外れて、特に高めに抜けてますでしょうか。珍しく力んでいるように見えますね。

すいません、また続きます。

狂童子 20代
1998/横浜
3−2
「さあ、横浜高校と智弁和歌山の決勝戦、9回裏ツーアツトで得点は2対0、絶好調松坂はまだ2安打しか打たれてません。二番堤野にカウントツースリー・…、スライダー見送ってファーボール!」
「いやあ、堤野君、よく粘りましたねえ。きわどい球をよく選びました。」
「次の打者は3番武内、今日は3打数ヒットなし。松坂第一球を投じた、…スライダー外れましたワンボール。セットポジションから第二球、・………打った、すごい当たり!抜けるか、抜けた!右中間真っ二つ!一塁走者の堤野は二塁から一気に三塁を蹴って……、ボールはセカンドからホームに帰ってきただけ、ホームイン、一点差!武内セカンド上で小さくガッツポーズ。」
「いやー、ストレートだったんですが武内君の得意な内角ベルト付近にきてしまいましたね。いや、それにしてもすごい打球でした。」
ごえもん 70代〜
1998/横浜
7-1
過去スレを読んだがどうも腑に落ちない。
グロッキー状態の香月から7点ぐらいしか取れないのに、どうして松坂から5点以上取れるって予想ができるの??
ノーマン 40代
1998/横浜
4-1
東海大相模の築川を打ち崩すことのできなかった打線は横浜の松坂を打てない。
もっちゃん 10代
2000/智弁和歌山
4−2
9回表に松坂の2ランホームランで先制してその裏にキャプテン堤野君のサヨナラホームランで勝った
松坂は8回3分の2を投げ被安打1だった
のんのん 10代
1998/横浜
7−5
1998年も2000年もレベルの高い大会だった。
どちらも魅力的なチームだが、なんとなく松坂が智弁の打線を抑えるような気がする。
智弁は好調だったときの香月には完全に抑えられていたし、松坂と香月を比べると松坂のほうが上なので、そう考えると横浜が勝つと思う。
平安マンセー 20代
2000/智弁和歌山
7−6
98年横浜は強かったけどPL、明徳以外は本当に強いチームとやってないし98年に智弁や今年の日大三みたいな超高校級と言われるだけの打線のチームはなかった。
智弁は初戦の新発田農と決勝の東海浦安以外は優勝できるだけの実力があるチームと対戦している。
智弁は投手力が悪いと言われているが智弁の投手は悪くない。
新発田農と浦安はともかく中京、三木田に17安打9得点のPL、浦学の坂元から5得点の柳川、光星など対戦相手が打力のいいチームだったから点を多く取られただけ。
守備も横浜高校には劣るけど悪くはない。
ただ実力的にはほぼ互角だと思うので横浜が勝つ事もありうると思う。ただ夏が終わった段階の実力は若干智弁が上だったと思う。
ロナウド 10代
2000/智弁和歌山
5−8
制球の悪い松坂の球は選球眼のいい智弁打線に見切られると思う。
どうちん 10代
2000/智弁和歌山
5−7
松坂は制球悪い!四球連発してたらやばいですよ。智弁はHRだけじゃない。ちゃんと打線になってるんです。
あと一つがんばれ!!さんへ。智弁は進学校ですので
いっちー 30代
1998/横浜
8−1
横浜・松坂に勝てるのは練習試合で唯一、松坂に打ち勝った「日大三」だけ。
????????? 10代
2000/智弁和歌山
8-5
松坂君の制球の悪さに、智弁和歌山の見極めの良さがつけこみ、松坂は四球を連発!智弁和歌山は打たずとも勝利を収める!
けいご 10代
2000/智弁和歌山
14−7
松坂が、まさかまさかの14失点武内、池辺、山野、後藤のホームランとタイムリーで快勝
イキル 40代
2000/智弁和歌山
1-2
横浜打線が打てず、武内、池辺の連続タイムリーで決勝。
智弁和歌山の完封でもいいけど、逆転のほうが面白かろう。
...なんていう試合が、10試合やれば1試合くらい実現しないかな。
2000和歌智の試合では、柳川・香月との1-0が一番印象に残って
いるので、こんな予想をしてみました。
ゆ 20代
1998/横浜
13−7
面白い試合になりそうですね。1998年はレベルが高かったと思いますが、
2000年の智弁も妙な雰囲気がありました。ただ、打撃戦になるのは間違いないと思います。
がんばれ!!横浜 10代
1998/横浜
10−0
まあ普通の人に質問したら100人中100人は横浜と答えますね。
横高3年次の松坂はプロでも10勝はできる投手
松坂を打ち込んだら智弁の選手みんなプロへ行ってますよ
でも智弁の選手だれもプロへ行ってないじゃないですか
池辺も慶大で1番を打ってるが結果を残せてない。
PLは松坂から7点取りましたが古畑、田中一がドラフトで指名されても
おかしくない選手(田中は翌年指名されましたが)
あとPLがサインをよんでいたこと
小山のあれをよんでいなかったらPLも3点取るのがやっとでしょう。
ヤスヲ 20代
1998/横浜
4-1
甲子園での戦いは2週間という短い期間の戦いです。その中でいかにコンディションのいい状態でその時期を迎えられるかというのが勝利に結びつくと思います。2000年の智弁はまさに打撃の好不調の波が絶好調の時期に大会を迎えたことが優勝の大きな要因だったといえます。しかし、打線というのは所詮はみずもので、好投手との対戦になるとなかなか打ち崩すことはいくら打線が好調でも容易ではないと思います。現に準々決勝の柳川戦では後半打ち込んだものの、香月投手が指の故障が出る7回頃まで抑えられていたのをみるとよく分かります。したがって、松坂と香月を比較しますと、速球あるいは変化球ともに松坂が数段上という判断のもと横浜に軍配があがると思います。
少年K 10代
1998/横浜
4−0
智弁の強打はあくまで超高校生級相手までのお話。松坂はただ一人プロ野球のエースが混じっていたようだった。まあ、打てないでしょう。比べること自体松坂に失礼なのでは?
イノッチ 20代
1998/横浜
5−2
初戦であれば横浜が名前勝ち。3回戦以降であれば、打撃戦になるでしょうが、横浜は8点以内であればなんとかしてしまうでしょうから、
智弁は10点はほしいところです。後は松坂次第でしょう。現にけっこう打たれています。智弁の打線であれば、5点は取れると思いますが、横浜相手に5点では勝てないと思います。逆に松坂をノセてしっまったら、零封も十分考えられます。ちなみに、横浜が先制点をあげた場合は95%そのまま逃げ切るでしょう。試合前から名前で横浜が既にリードしてると思います。後は、智弁ナインがどれだけ「横浜松坂」を意識しないかにかかっているでしょう。試合中「やっぱり横浜は強いなー」と思ってしまったら、そこで終わりです。
LaVienRose84 30代
1998/横浜
5−3
仮に甲子園大会で対戦したとして初戦〜3回戦ぐらいで当たれば横浜、準々決勝以降であれば智弁がそれぞれ有利でしょうか。現に松坂はPLに打たれているしね。でも智弁投手陣が横浜打線を抑えるのは相当難しいでしょうね。したがって横浜勝利の可能性の方が高いかな。
和歌山大好き17才 10代
2000/智弁和歌山
8−6
松坂投手がすばらしい投手であることは認めるが必ず一球はあまい球がくる。智弁打線はそこは見逃さないので8点は取れると思う。横浜も打線がすばらしいので、ある程度の点は取れるが最終的には智弁が勝つだろう。 本当に実現してほしいものです。
山田太郎 30代
1998/横浜
8-2
初戦であたれば、バットにまともにあてられるのはクリーンアップくらいでしょう。松坂は、ストレートは一流、スライダーは超一流で変化球はあてるのは無理でしょう。
青い稲妻 20代
1998/横浜
15-8
いくら松坂が150キロ投げても智弁打線は打つでしょう。
でも弱い智弁の投手陣では横浜打線にそれ以上の失点を許してしまうでしょう。
ち〜んさん 10代
2000/智弁和歌山
3対5
松坂のストレートでも智弁の協力打線のほうがうえでしょう。
がんばれ!!横浜 10代
1998/横浜
6−0
長年高校野球を見てると分かるんですが
98年の大会と00年の大会レベルの差が違います
松坂は当然のように智弁を完封します
智弁はたぶん畠山も打てないでしょう
横浜新チームスタート
ピッチャーは福井、期待の1年成瀬に
打線の方では甲子園メンバーの田仲、円谷、荒波、松田など強力

pika_25 20代
2000/智弁和歌山
1-0
2000春の準々決勝の智弁和歌山vs柳川の再現かな?
智弁の背番号10(名前忘れちゃった。白川だか白井だったか)が、横浜打線を抑えきってしまいそう。
なんか智弁は投手力が貧弱とか言われつづけてるけど、それなら2001夏のように地区予選一回戦であっけなく負けると思います。
それだけ2000年のほうが投手力があったと思います。
もちろん好投手にあたれば当たりもなくなるでしょうから、5安打くらいには抑えられると思います。
松坂も15三振(特に武内、山辺からは3つずつ)くらいは奪うんだろうけど、2、3回あたりに1点は失うが、5回以降は完璧に抑え込む。
一方打線のほうは、毎回のようにランナーを出すけれども、要所要所で抑えられ、ホームがすごく遠く感じる。
結局九回裏(智弁は表のイメージが強い)も1死満塁まで追い詰めるけど、後続が三振、サードゴロで終わってしまう。
甲子園 30代
1998/横浜
12-0
10回戦ったら10回とも智弁和歌山は負ける。語るまでもない。
瞳 10代
1998/横浜
8-6
2000の智弁打線はすごかった。でも松坂さんはうてないでしょう。ね?2001年の畠山太君!
AKIO 10代
1998/横浜
8−4
あの年の横浜は、松坂だけじゃなかった。いくら山野や池辺などの名選手がいたとしても、総合力は横浜が上。98年の夏はPL学園や明徳や鹿実など、大会のレベル自体が高かった。
upper 20代
2000/智弁和歌山
8-7
いくら松坂でもあの智弁和歌山の打線相手では抑えきれません。150kmの速球があっても、真ん中にいけば智弁はとらえます。2年連続四死球王の松坂は、際どいコースを見極められ、ランナーをためて武内あたりがガツン。打撃戦になったら智弁にかなうチームはありません。
ま〜さ 10代
1998/横浜
22−2
横浜の圧勝でしょう。松坂はそう簡単には打てないよ。
智弁は投手力もそんなに良くなかったし。
ボウズ 20代
1998/横浜
9-2
智弁の打線でも松坂からはとれても2,3点。松坂の調子が良ければ1点もとれない。智弁の投手力では横浜打線に軽々つかまる。もし接戦になっても絶対に負けないチーム横浜には勝てない。
ピノ 30代
1998/横浜
7-1
前提として、両チームが万全の状態で戦ったと仮定します。
松阪は翌年プロ入り即15勝以上。これってハンパじゃないって事。
近代野球において、高卒ピッチャーがいきなりプロで1年間ローテーションを守るなんて、今でも信じられない。
好調時の松阪を高校生が打てる道理がないです。
智弁和歌山の打線がプロ以上なワケないですよね。
一方、横浜打線は圧倒的破壊力は無いものの、諦めない粘力&驚異的集中力がありました。
繰り返しですが、両チームが万全なら勝負にならないと思います。横浜高校の勝ち!
すー 10代
2000/智弁和歌山
10-6
松坂の150kmの速球は智弁和歌山でも簡単には打てない
ともすけ(ネズミ) 10代
2000/智弁和歌山
5−2
山野の、満塁本塁打で、先制点をあげ、その後2点を取られるが、池辺のソロ本塁打で、リードを、守り智弁和歌山が、勝利。
らすかる 20代
1998/横浜
7-3
前からずっと高校野球はチームの投手力で決まると思ってます。
智弁の猛打をもってしても松坂の横浜には力及ばないでしょう。
中谷 雅宣 30代
2000/智弁和歌山
8−7
松坂はPL戦で大量失点している。あの時のPLよりも智弁和歌山の方が数段破壊力がある。

まつ 20代
2000/智弁和歌山
5-8
武内、池辺、山野の適時打で着々と加点。智弁の投手陣の乱れに乗じて横浜は反撃。しかし、かなわず。
びけん 30代
1998/横浜
6−1
松坂は3年間の公式戦で1396回打者と対戦しホームランを打たれたのは、たったの2本です。しかも春夏連覇をした3年生の時は1本も打たれていません。11本塁打の智弁和歌山でも松坂を攻略するのは難しいと思います。
マット 30代
1998/横浜
8−3
レベルの高い98年で、横浜は史上初の3冠。明治神宮大会を含めると4冠。公式戦無敗(53勝無敗)。つまり、年間を通して強かった。伝説の史上最強高校でしょ!だから、どこの高校も勝てません。
sora 20代
2000/智弁和歌山
5-8
前半、立ち上がりの悪い松坂だが、なんとか7回まで3点で押さえ5ー3で横浜がリード。しかし、8回の攻撃は智弁の昔からのおはこ、疲れの見え初めた松坂が突如、四球を連発、2out満塁で、4番の池辺が逆転満塁ホームランを打ち逃げ切る。ってな感じ。
畠山 太 10代
1998/横浜
8−2
松坂さんは凄かった
横浜 20代
1998/横浜
8−6
意外に点の取り合いかな。
甲子園球速最速男 10代
1998/横浜
9-2
智弁和歌山は1回、松坂の失投を池辺と武内が連続ホームランで先制。でも智弁の投手山野がその2点を守れず、その後、横浜打線につかまり9点も取られてしまう。1回以降松坂からヒットが打てず智弁惨敗!
横浜高校大好き 10代
1998/横浜
5−1
強打で優勝した智弁と言えど、あの松坂の居た横浜には勝てない。
元高校球児 20代
1998/横浜
12−10
智弁和歌山は打線は申し分ないが投手力に難あり。その点、横浜は打線は切れ目無く、守備も松坂、小山、佐藤、加藤のセンターラインが安定し守備はかたい。また機動力も横浜に分がある。総合的に見ても横浜の方が上である。
あっくん 10代
2000/智弁和歌山
6−11
前半は松坂の好投で横浜ペースだったけど、7回に智弁打線が爆発し、智弁が逆転勝利!!
俺 10代
2000/智弁和歌山
21−0
智弁和歌山が毎回得点で松坂をノックアウト
智弁和歌山が横浜を圧勝。
しげ 50代
1998/横浜
5-0
松阪の投打にわたる活躍で圧勝。
俺 20代
1998/横浜
9−2
あの智弁といえど、松坂はうてない。
あの大会での松坂は本当にすごかった。
赤い彗星 20代
1998/横浜
5-0
やはり、横浜でしょう。高校野球のレベルは年々落ちていると思いませんか?しかし、1998年は熱かった。久しぶりに高校野球を楽しみました。これはPLの桑田、清原以来です。智弁和歌山の打線は一級品です。おそらく松坂の年でもかなりいい線まで行ったのではないでしょうか。しかし勝敗となると2000年は誰が見てもはっきり言って98年よりもレベルが低いです。私も野球経験者ですが野球は投手力がかなり重要、今まで長らく甲子園を見てきましたが、98年の横浜高校は今までで最強ではないでしょうか。投手力、打撃力、守備力、そして監督。きまりですね。

さんた 20代
1998/横浜
6−1
1998の甲子園は、僕の生涯一番熱い甲子園だった。
寺本、上重、新垣、古木、赤田などなど、スターがキラ星の
如く現れた甲子園を制した横浜は、史上最強!
2000の甲子園とはレベルが違う。よって、横浜の圧勝でしょう。
忘れた 30代
2000/智弁和歌山
8-7
                           計  H HR E  残塁
智弁  001 011 221   8  17  1  2   12
横浜  000 202 021   7  10  0  0    6
こんな感じ。智弁は打つには打つけど連打・大量点は期待できず残塁が多くなると思われる。9回に一打同点か!って程やばくなるけど投手交代で最後は内野ゴロで終わる。
daisuke 30代
1998/横浜
10-0
智弁は投手力守備力どちらも不安あり.横浜先制で智弁打線に焦りが生まれそのまま一方的展開になると思われる。
yamanaka 10代
1998/横浜
2-0
松坂がパーフェクトゲーム
さら 20代
1998/横浜
6ー5
松坂だけの力だったら、微妙なラインだけど、あの年の横浜高校は打力だってきちんとあった。
明徳義塾戦でのあの逆転劇は忘れられません。あの時の横浜高校は最強です!
るみ 10代
2000/智弁和歌山
7−5
山野君が投げて、わかちのみんなが打って守る。たとえ相手が松坂君でも、わかちの打線には勝てませんよ。前半は横浜が優勢でも、最後に山野君の3ランで試合終了ですね。
カズ 10代
1998/横浜
5−2
松坂のほうが凄かった
イチロー 30代
1998/横浜
12-4
投打のバランスで比較にならない。どちらかと言うと智弁投手陣と横浜
打線で試合は決まると見た方がいいと思います。打線も好投手が相手だ
と沈黙してしまうもの。後は相性と、その日の天気と、松坂のコンディ
ション次第ですね。これらを考慮に入れなければ、つまり普通の松阪で
あるなら、4点以内に抑えた上、横浜打線が智弁投手陣をめった打ちに
してしまう、という見方が妥当だと思います。そう横浜の失点の4は、
かなり遠慮していますよ。もう1回繰り返します。失点は絶対に4点以内です。
ワカチ 20代
2000/智弁和歌山
7-6
純平は奇跡を起こす男や!!!
チビ 10代
1998/横浜
8-3
あのときの松坂は無敵!!!
KNN 20代
1998/横浜
6−3
松坂の立ち上がりを叩いた智弁が序盤優位に試合を展開するも
中盤以降、尻上がりに調子を上げた松坂の前に智弁自慢の重量打線が沈黙。
逆に、終盤横浜の打線が智弁・中谷を捕らえ一気に逆転。
そのまま横浜が逃げ切り大一番を制する展開ではないでしょうか。
A 10代
2000/智弁和歌山
4−7
一回表横浜、一点先制したがその裏、今度は智弁和歌山が先頭から五連続ホームランで一挙逆転。その後、横浜が一点ずつ返していくが八回裏、智弁和歌山がだめおしのスリーランホームラン。ってとこでしょう。
いずっち 30代
1998/横浜
3-1
ただし、今年の松坂(西武)からなら打てるでしょう!?
まさ 30代
1998/横浜
7−3
確かに智和歌の打線は凄いが試合巧者の横浜に軍配
智辯のバントミス連発
横浜は智辯のエラーがらみで得点
松坂は二ケタ奪三振の完投
でも完封はできないだろう
ジュン 20代
1998/横浜
4−2
確かに智弁和歌山の打線はすごいけど、松坂は打てない。それに横浜の打線もなかなかすごい。
ISAO 10代
1998/横浜
2−0
MAX151キロのストレートと球が消えたとバッターに思わせるぐらい鋭く落ちる縦スライダーは高校生では絶対打てない。たとえ相手が智弁だとしても。松坂がベストの調子だったら一点も取れないと思う。
ひつじ 20代
2000/智弁和歌山
9-7
松坂のピッチングもさることながら
智弁打線が終盤に火がつき智弁の逆転勝ち。
あい〜ん 10代
2000/智弁和歌山
12-8
以外に松坂も打ちこまれて智弁の勝ち!!
西浜中OB 30代
2000/智弁和歌山
7−6
2000年の夏の柳川戦みたいな展開になると思う。
6,7回ぐらいまで松阪に完璧に抑えられるが、後半、つきが重なった
り、武内、池辺、山野が打ち奇跡的な逆転勝ちをすると思う。
キム 10代
1998/横浜
5-2
松坂の速球は、高校生では打てません!
Hiro 20代
2000/智弁和歌山
2-8
終盤に智弁打線が松坂の剛速球についていけるようになり、8回裏に大逆転!!
kさん 30代
2000/智弁和歌山
7-5
智弁打線に速球は通用しない。意表をつくband攻勢で揺さぶられ、コ−スが甘くなったところを適時打され、8回には、速球に的を絞り長距離砲が爆発。
みらー 10代
1998/横浜
8−6
智弁和歌山は、武内、池辺、山野のホームランなどで、9回までに、6点を、松坂から奪う。しかし、横浜打線を抑えられず、8点を奪われる。
ヨッシー 30代
2000/智弁和歌山
8−11
前半は横浜打線が爆発。しかし点数を取りすぎて横浜打線が雑な攻撃をし始める。逆にそれまで松坂に抑え込まれた智弁打線が徐々に強力打線の片鱗を見せ始める中盤。スタミナのある松坂といえど、その脅威の前に精神的に追いつめられ、終盤には武内、池辺、さらに途中登板し横浜打線を抑えてきた山野のホームランで逆転してしまう。
ジョニー54 10代
1998/横浜
4−2
野球は投手力であるから松坂の横浜に分があると思う。いくら武内君達でも打ち崩すのは無理でしょう。
まこーろ 30代
2000/智弁和歌山
6−5
池辺と後藤の連続二塁打でサヨナラ勝ち。
小泉純二郎 40代
1998/横浜
4−3
初回に横浜は、3連続2塁打などで一挙3点をいれる。智弁和歌山は、松坂の速球に7回までヒット1本に抑えられるが、8回に4番の3ランで追いつくしかし9回に松坂自ら、サヨナラホームランを放つ。
小沢プロ 30代
1998/横浜
13−5
あの当時の横浜の守りからは、5点が精一杯。
反対にあの当時の智弁の投手力でも、8点くらいは取れたのでは?
まっちゃん 20代
1998/横浜
4−1
小山・松坂夫婦は崩すのはいくら智弁和歌山といえどもむずいと思う。
高校野球 20代
2000/智弁和歌山
5ー6
8回裏、智弁の攻撃。得点差5ー2で負けていて、1番からの攻撃で、1番がセンター前ヒットで堤野が送りバントで武内がホームラン。続いて池辺が左中間突破の3ベースヒットで5番が三振で山野の2ランホームランで逆転。9回表から山野が登板して、三者連続三振で勝利
かず 20代
1998/横浜
5−1
松坂のスライダーは高校生には打てないと思う。スピードも柳川の香月よりははるかに上だから武内、池辺の3、4番も打てなかったはず!
馬場 30代
2000/智弁和歌山
7-10
夏の甲子園は打力が制するもの、横浜松坂も香月の二の舞になるはず。
ミンク 10代
2000/智弁和歌山
1−3
山野さんがホームランを打つと思う
ビック建設現場 30代
1998/横浜
4−2
やはり好投手松坂を打つのは難しい。1回戦だったら松坂の完封勝ちもありうると思う。
松坂と対決した男 20代
1998/横浜
6−0
僕は中央学院(千葉)の野球部OBのものです。
僕も松坂と同じ世代でプレーし甲子園を目指していました。
松坂君とは練習試合でやりましたぼくはエースで6番を打っていました。
MAX138キロにカーブとフォークを持っていました
見事に打ち込まれました。
でも智弁の中家君よりはいいピッチャーだと思う
しかも松坂君に手が出なかった3打席3三振
coo 20代
1998/横浜
7−1
高校野球は投手力です。いくら良く打つチームでも一流投手を相手にするとそう簡単に打てるものではありません。智弁投手陣の力を考えた場合、例え智弁打線が松阪をとらえたとしてもそれ以上に失点するでしょう。よって横浜の快勝。
とも 10代
2000/智弁和歌山
3-4
前半は0こうしん
後半球数が多くなった松坂をせめる
最終回,横浜の猛攻も実らず4-3で智弁和歌山の勝ち!
san 30代
2000/智弁和歌山
7-5
あの打線は凄かったぞ。
taka-kon 20代
1998/横浜
10-1
松阪の球を高校生が打つのは難しいと思う。また、智弁の投手がいまいちだから・・・。
Pon太 20代
1998/横浜
5−2
間違いなく、横浜高校が勝つでしょう!理由としては、智弁和歌山の投手陣があまりにも弱い点がひとつと、当時の横浜高校は打線も切れ目がなく安定した試合運びができていたから。
ちゃま 20代
1998/横浜
6−3
いくら去年の智弁とはいえ、あのときの松坂からは3点が限度でしょう。PL戦はサイン読まれてめった打ちにされたけど、普通に戦ってれば2点くらいだったでしょう。1本くらいホームランを打たれるかもしれないけど、総合力に優る横浜が勝つ。
(ああーーーっ! 高校時代の松坂をもう一度見てみたい。)
きよてぃ@智弁和歌山OB 20代
2000/智弁和歌山
15−3
4回2アウトランナー無し、三番武内の打球がそれまでパーフェクトの投手松坂の左足を直撃。ファーストゴロに終わり、その回は踏ん張るも、5回、池辺、後藤、山野のバックスクリーン三連発で降板。控え投手は紀州のミサイル打線にやられ火ダルマに…。
現役横浜生 10代
1998/横浜
8−0
29日の決勝戦を見てきました。(見に行かされた)
福井よくがんばった!!さあ次は甲子園だ!!
1998年の松坂を見て横浜に進むことを決めたおれ
あの熱い舞台に行かなきゃいけないのか。
テレビで見ていたあの場所にこの夏行きます
もちろん先輩達が勝つに決まってます。
98の横浜に死角はない!!

たえちゃん 10代
2000/智弁和歌山
12−5
智弁和歌山が5回裏に満塁ホームラン
松坂降板して負け
さち 10代
2000/智弁和歌山
9−7
実力だけでは勝てないのが高校野球!確かに横浜はチーム力も一級品だけど、ワカチにはなぜか勝てない気がする・・・。それに横浜の野手と智弁の野手を比べれば、スイングを見ただけで智弁の方が上!
ライトスタンド 20代
1998/横浜
8-4
松坂君は打てそうも無いのと智辯対左投手が見てみたいので袴塚先発
松坂君はリリーフ
春夏キャッチャーの後藤−中家or山野バッテリーが小池、加藤ほか
横浜の機動力を抑えられるか
1998横浜なら2000年+佐々木+高塚+中谷でも勝ってしまいそうですね。
トミー 20代
2000/智弁和歌山
7−3
松阪と言えどあの猛爆打線は抑えられない。
剛 20代
1998/横浜
7−2
どう考えても横浜だろう。あの時は松坂はもちろん他の選手も打撃守備とも高校生としてはトップクラスだった。智弁の打線も驚異的だったが当時の横浜の野手と比べてそんなに差があるとは思えない(後藤はプロにいった小山・ときわ・柴・佐藤・松本・小池このメンバーも超高校級だ)その辺を考慮すれば仮に打撃で多少横浜が劣ったとしても投手力に歴然の差がある。智弁は140だろうと150だろうととらえると思うかも知れないが松坂はただ速いわけではない。その伸びと切れが素晴らしいのだ。連投の疲れを考えても2点がいいとこだろう
智弁大好き :20代
1998/横浜
5−1
個人的には智弁のほうが好きなんだけど・・・
主将堤野、中家に喝!!みたいな・・・
でも本当に智弁は好投手を打ってきたのか?
香月にしかり、浜野にしかりグロッキーだったからなー
ミレニアム智弁は目に穴が開くほどみたけど、あの横浜には勝てないと思う。デビュー戦の片岡の三振を見たかぎり、全盛期の松坂はうてないでしょう!
トッティー 30代
1998/横浜
10-6
松坂は不調のPL戦で打ち込まれたように金属バットの時代においては
調子が悪ければ失点するはず。しかし智弁の投手陣では横浜打線を
抑えるのは不可能ゆえに打撃戦の上、横浜の勝ちか。
但し、松坂が鹿実戦のような調子なら横浜の圧勝もありえるのでは?
予想スコア8-0(松坂絶好調時)
エロス 10代
2000/智弁和歌山
10-8
松坂は初回から制球に苦しみ、以外にも打撃線になる。打撃では、智弁が上手。
ぷれすて 10代
1998/横浜
3−0
いくら和歌智の打線でも98の横浜は無理。
みのもんた 10代
1998/横浜
7-3
明らかに打力は智弁の方が上。しかし、近代的野球は投手力、すなわちデイフェンスが一番大事。松坂率いる横浜の方が強いと思う。
竜 10代
2000/智弁和歌山
8−1
以外に智弁投手陣が押さえ、中盤から終盤にかけコントロールの甘くなってきた松坂投手を智弁が
とらえ、終わってみたら圧勝。

マー君 20代
2000/智弁和歌山
13−12
智弁・初回、松坂の制球難も手伝って大量8点の猛攻。2回以降落ち着きを取り戻した松坂に抑えられるも、終盤池辺、山野の本塁打で突き放す。
横浜・まさかの松坂初回大乱調。暗いムードに。中盤小池、小山の超特大本塁打で反撃。一時同点においつき逆転の場面で代打常盤が三振。最終回1点差まで追い詰めるも智弁の3人の継投に最後の打者松坂が1塁ファールフライにたおれ試合終了。
福井命 20代
1998/横浜
12-6
ある程度智弁打線も打つだろうけど、智弁投手陣が横浜打線に打ち込まれる。総合的に見ても横浜の方が、一枚も二枚も上だと思う。
高校野球大好きっこ 10代
1998/横浜
7−2
松坂は別格!その上あの時のメンバーははっきり言って全員凄まじかった!両方を比べることもなく圧倒的にチーム力に差がある!
yybううう
1998/横浜
7−0
松坂はすごすぎ 智弁和歌山に多分打てない。
智弁和歌山は、守備が下手なので自滅すると思う。
イアン・ソープ 10代
1998/横浜
6−1
智弁打線も脅威的な破壊力を持つが、横浜だってまけてはいない!4番の後藤、5番の小山などを筆頭に常盤や松坂、小池などにも長打力があり、松本や斎藤のような小細工を出来る人物も擁している。こうなるとやはり投手力で勝る横浜に分があると考えられる。松坂は序盤に池辺に一発を浴びるもそこから立ち直ると思う。
伊勢人 20代
1998/横浜
7−4
確かに智弁打線は驚異的である、序盤松坂の立ちあがりをとらえ2、3点を先制するだろう。しかし、回がすすむにつれ松坂は力勝負から打たせてとるピッチングにきりかえるやがて智弁打線は沈黙しだす。一方、智弁ほどの派手さはないが横浜打線も持ち前の集中打でついに逆転に成功し横浜の勝利。いくら松坂でも智弁を完封できないし、智弁打線も松坂からホームランは打てないと思う。
さっちゃんまん 10代
2000/智弁和歌山
8−7
松坂は後半にばてる!智弁が8回に一気にひっくりかえし、智弁しょうり!!
はる 10代
1998/横浜
1−0
松坂の完封劇!横浜の斎藤・松本の二遊間は最強でどんな試合展開にでも対応しそう。
光 10代
2000/智弁和歌山
8−5
松坂は確かに凄いです。
でも、あの打撃集団には勝てないと思います。

野球マン 10代
2000/智弁和歌山
11−6
智弁の投手力はなく、横浜に打ち込まれるが、それ以上に智弁の
打撃がまさり、智弁の勝利!!!!
高校球児 20代
1998/横浜
3−0
俺は、1度だけ松阪と対戦したことあるけど、やっぱあのスライダーには手が出なかった。それが智弁和歌山でも絶対に打てないと思う。
KATSU 30代
1998/横浜
10-0
1998年横浜と2000年智弁和歌山のチ−ム力が段違い!
大物打ちの智弁は、松坂からヒットを5本打つのがやっとと見る。
横浜は強力打線、智弁投手陣をめった打ち!ただし、連投の松坂の場合
は3〜4点の失点はあるかもしれない。どちらにしても智弁の勝機はない!
1998の横浜は高校野球史上最強!
一高校野球ファン 30代
2000/智弁和歌山
6−3
序盤から智弁打線が自慢のホームラン攻勢で松坂をとらえる
中盤から後半にかけて横浜が追い上げるが、智弁中家も粘り強いピッチングで逃げ切る展開
あの智弁の強力打線は史上最強!常に不思議なのは弱い投手力でも要所は抑えて大崩せず、
超強力打線でカバーする試合展開になるところ。特にあのPL戦での智弁の打線をみれば!
エコ 20代
1998/横浜
3−0
松坂が五安打完封。11奪三振。完勝。
ばんちょう 10代
2000/智弁和歌山
7−5
確かに松坂のボールを投げるスピードは凄いと思うけど、松坂1人だけがつよくてもダメだと思う。智弁はチームワークも良く、守備も堅いし、なんと言っても打ちまくり!!絶対に智弁が勝ちます。
みkky 10代
2000/智弁和歌山
9-2
松坂は確かにすごいと思うけど、2000年智弁和歌山打線には、一回り目だめだとしても、ふたまわり目からは目が慣れだし確実にいけると思う。球が速いからといって抑えられる打線ではないと思う。
ゆうき 10代
1998/横浜
6-3
やっぱり松坂はすごいでしょう
shige 20代
1998/横浜
6-1
確かに智弁の打線は強いと思います。
しかし、よく考えてみると、横浜の打線も準決、準々を見てる限り打線に大差はないと思います。しかし、投手力には決定的な差があり、いくら智弁でも勝てないと思います。
前川 10代
1998/横浜
2−0
あのときの松阪は、高校生じゃ絶対打てない
おっきん 30代
2000/智弁和歌山
5-2
智弁の勝負強さには横浜はかなわない。
ジーク 30代
1998/横浜
10-0
松坂が真剣になり智弁和歌山は歯が立たず。
もともと香月のベストボールは打ってないし、センバツだってほとんど21世紀枠みたいな
特別扱いで準優勝しているチーム。松坂世代の横浜とは比較になりません。
中谷のいた頃の智弁和歌山なら勝負になるかも?
osugi 10代
2000/智弁和歌山
7-5
松坂は確かに怪物やけど、あの智弁打線にはつかまると思う。山野、池辺、竹内は特に勝負に強い。けど、打てても、なかばからと思うね。横浜も簡単に負けへんのは当たり前松坂の調子しだいやね。けど、正直言いたいのは五分五分かな。
heban 30代
1998/横浜
5-0
好投手を打ち崩した打線ならまだしも、2000年の大会では投手力の弱いチームが目立ち、振り回した金属バットで強引に勝っていった智弁に対して、チームで野球を組み立てて勝っていった横浜。松坂のスライダーは、振り回す打線には好都合。よって、散発4安打の完封でしょう。
マサ 40代
2000/智弁和歌山
5-4
勝負強さで智弁和歌山に軍配
メガネっ子 10代
2000/智弁和歌山
8−4
やっぱり智弁でしょう。松坂も5回ぐらいはもつかもしれないけど、それ以降は、智弁打線が爆発してしまって、無理でしょうね。
ガイヤ 20代
1998/横浜
10-3
打つだけじゃあ松坂横浜に勝てないですよ。智弁は勝負に強いと言う人もいますが、それすら松坂横浜のが上。高塚のいた智弁和歌山なら総合力で接戦に持ち込めるかもしれない。
tomo 10代
1998/横浜
7−1
横高は松坂だけのワンマンチームじゃないからね。松坂対ワカチ打線って考えたらダメだと思う。横高の打撃もトップクラスだったし。そう考えると投手はやっぱ横高の方がいいわけだから、横高でしょう!!それに、横高の打線だって杉内君や上重君、寺本などを打ってきましたしね。レベルからいえばこのときの相手投手の方が上だと思います。松坂は精神的にも強いですよきっと。それにもろくなるほど、打たれませんって。打たれてもその分打線がカバーしてくれますし。
自称 松坂 大輔 10代
1998/横浜
7-3
いくら智弁が強力の打線と言っても、高校生なので結構波がある。さらに横浜も松坂フィーバーに隠れているがかなり強力打線なので、まず横浜が序盤に3点くらい取って試合の主導権を握る。さらに中盤にも得点を重ねて7−0になって8,9回に智弁が3点を取るのがやっとだと思う。逆に1997年優勝の智弁だったら6−5で勝てると思う。97年に優勝した智弁の方が強いと思う。
masa 10代
2000/智弁和歌山
5-3
確かにあのときの松坂は強かったが智弁和歌山のほうが柳川の香月や、東海の浜名を滅多打ちにしているのでやはり松坂でもつけこまれたら打たれると思う 
キダ 30代
2000/智弁和歌山
1−0でも10−9でもどんな展開でも勝つ
あの時の智弁は猛打だけでなく勝負強かった。
特に後半のここぞという時に打線が爆発し確実に勝負を決めた。
7回ぐらいまで横浜が8−2でリードしていても
試合が終わると智弁が10−9で勝っているだろう。
1−0でも勝つことができるのが当時の智弁だ。
決勝戦で当たるとしたら、なおさら智弁が有利だろう。
みさ 10代
2000/智弁和歌山
7−3
あの打線にはさすがの松坂もついていけない。
打たれ始めた時点で精神的にくる。
横浜は松坂が全てを背負ってる感じがする。
横浜のバックも智弁和歌山の猛攻打線には
ついていけないと想う。よって智弁の勝ち。
いっけー 10代
1998/横浜
9−0
智弁の打線でも松坂は打ち崩せないと思う。
まず大振りで一発を狙うようなバッティングでは打てない
PLの田中一徳のような選手がたくさんいた方が打ち崩せる
82回大会他の学校がレベル低すぎ柳川はつよかったけど
80回大会で82回の智弁でいってもせいぜい2〜3回戦ぐらい
あと主砲の池辺でも後藤の足元にも及ばない
智弁の弱い投手力なら鹿実の杉内や明徳の寺本を打ってきた
横浜なら楽勝に打てるはず
よしと 10代
2000/智弁和歌山
4−3
はっきり言って皆さんあの智弁の強さをわかってません。前評判のたかかったPL学園の朝井があんなにボコスカ打たれたじゃないですか!確かに松坂はMAX151キロだったけど、常時はせいぜい出て40前半。この程度の速球なら必ず智弁打線につかまります。智弁が守備でボロを出さない限り智弁の勝利です。是非高校野球ファンなら100人中100人が見たいと言う好カードだ!
塁 10代
drea:001
5−0
うちの学校とやったけど松坂やっぱすごい!
りょうた 10代
1998/横浜
6−1
智弁は取れても内野ゴロの間に1点といったところでしょう。松坂は、当時の151キロの速球、スライダーも有名ですが、高校時代に多投していた100キロ代のカーブとチェンジアップもいいと思います。足をあげてタイミングをとるバッターが多い智弁では、なかなかうち崩せません。また、守備で、横浜の選手に勝っているのは、智弁の中にいないのでは、と思います。そして決定的なのが投手力の差です。まあこれは言わなくてもわかることでしょう。こんな感じで、横浜の快勝です。
おかちゃん 10代
2000/智弁和歌山
5−3
あの智弁和歌山の打線を考えると、松坂一人じゃ〜ぁ厳しい!!
だから智弁和歌山が勝つ!!
けいけい 20代
2000/智弁和歌山
7−4
野球分かる人ならあの智弁は鳥肌すら感じると思います
きょー 20代
1998/横浜
7−1
智弁和歌山のあの超強力打線・本塁打を狙いに行ってるような打線では松坂を攻略出来ない。超長距離打者揃いのチームより元PLの田中一徳のような選手が大勢揃ってるチームの方が松坂を攻略できるのでは。と思います
けんた 20代
1998/横浜
7−0
はっきり言ってこの試合はプロ対子供に近いものだと思います。
なぜなら次元が違います。松坂は当然のように智弁を完封します。
それにこの時の横校は周りが凄い。特にショートの佐藤と堤野では
かなりの差がありますし、ファーストを比べても後藤と武内では
話になりません。もっと言ってしまえば、智弁の主砲である池辺は
横浜の6番小池の足元にも及びません。
以上の根拠から7−0が妥当かとおもいます。
ちなみに松坂世代の代表校で智弁レベルを言うのなら埼玉栄かな?
大島と池辺がいい勝負?
ゆっか! 10代
1998/横浜
5−2
どう考えたって、横浜でしょう!!
kabuto6 30代
1998/横浜
6-0
さすがの智和歌打線も松坂の球には手も足も出ないと思う。
みかん 20代
2000/智弁和歌山
4-5x
あの猛打には松坂も最後力尽きてしまうでしょう!!
でもほんとこの対決見たみたい気がする〜><
なべっこ 20代
1998/横浜
6−2
あの時の横浜はマツだけじゃないですからねぇ・・。ナインみんな、いい選手が揃ってた。 特に私が思うにショートの佐藤君(現 帝京大)とセカンド松本君(現 法政大)の守りは素晴らしかった! いや、他のみんなも・・。 あんなレベルの高いチームはしばらく現れないでしょう。 そうです、そもそも’98と’00では全体のレベルも違うと思いますし。 2点は回の浅いうちに、まだ調子がいま一つのマツが打たれたものです。 奴は尻上がりに良くなってったからね。 あとは横浜の緻密な野球に智弁が手を付けられず・・と言う、勝手な予想です。
masakaji 10代
2000/智弁和歌山
5対3
この時の、松坂は普段では考えられないほど良かったが、あの切れるシュートを使ってくる浜名投手や柳川の香月を倒してきて自信をつけてきている分破壊力満点で、余裕できているが、絶好時の阪神の福原見たいなイメージと浜名並みの切れ味鋭い変化球を持つタイプの投手なので、序盤から二塁すら踏めない状態が続き横浜に5回3点先制されるが、6回、松坂の気の緩みを垣間見た智弁もすぐに追いつきおそらく、PLと横浜の試合より凄いと思う。決着は、横浜の負けが無くなった最終回、武内が中前打で出塁し無死一塁で4番池辺で松坂の
甘く入ったストレートを左中間三塁打で勝ち越しさらに後藤の右前打で
追加点を奪う。その裏、中継ぎで出ていた山野が無死ニ、三塁のピンチを押さえ5回から膠着状態だった試合に決着がつく。
ブロッケン 20代
1998/横浜
5−3
あのときの松坂は最強なので絶対勝つ
BUZZ 10代
2000/智弁和歌山
6-11
なにも批評出来るような者でわございませんが、一言。簡単に取れるようなものでわないかもしれませんが、それを取ろうとするのが、智弁で、本当に取ってしまうのも智弁。東海大浦安との試合を見、感動し、東海大が負けた悔しさと同時に、智弁の持っている魅力に惹かれていきました。松坂の魔球、智弁が打ってみせます。(ちなみに、スコアは、東海大と智弁の試合のスコアです。東海大、負けましたけどね、、、)夢の対決、私は、智弁です。
石原 潤一 10代
2000/智弁和歌山
3−1
右打者はあのスライダーに抑えられるとしても左の武内、池辺だけでも2点は取れるはず。あとは下位打線への四球走者を送って、小関か堤野の一打で合計3得点。対東海大相模のように、投手陣ががんばれば1失点で切り抜けられるはず。横浜との一試合にしぼってのことならなおさら。なんだかんだ言って勝つのは智弁。
オペック 10代
2000/智弁和歌山
7−5
武内がホームランを2本打つ
すなちゃん 30代
1998/横浜
6-2
智弁和歌山のディフェンス陣から点を取るのは難しいことではない。
一方、松坂が投げる横浜からはそう簡単に点は取れない。
智弁和歌山が継投に出て打線の奮起を待つも、中盤のソロ2本のみ。
横浜が満遍なく加点し、そのまま逃げ切る。
(甲子園決勝てことなら結果は逆でしょうけど・・・)
mark 10代
1998/横浜
7−1
どう考えたって横高!
智弁の打線もすごかったけど、それ以上にあの時の横高の打線もすごかった!!そりゃホームランはワカチには負けるけど・・。それにワカチはもろい。すぐエラーしそう。その点横高は完璧。なによりマツの代は2000年より絶対レベルが高かった!打線だけのワカチが勝てるわけない。ありえない。
lkhhn 10代
1998/横浜
6−0
松坂の球速とスライダーは打てない
ほんぴー 20代
1998/横浜
5-1
智弁和歌山は、確かに打線は良いが、投手力は良くない。その点、横浜は、投手はもちろん打線も素晴らしかった。いくら智弁が継投でつないでも、横浜の打線なら問題ない。
ジャングルポケット 10代
1998/横浜
6-4
全ては松坂の調子次第!
 この日の松坂はまずまずの出来。2回に1点取られるも中盤は完璧なピッチング。終盤、疲れたところを智弁につかまるが逃げ切る。
 智弁 010 000 201 4
 横浜 200 121 000 6
フレディ 20代
1998/横浜
10-6
いくら松坂投手でもいくらか点数はとられると思うけど、智弁は投手力が余り無く守備にも不安がある為、横浜打線に10点はとられてしまうのでは?また、横浜は公式戦無敗であり、それだけに勝つ事の難しさもどこのチームよりもわかっているはず。そういうチームほど底力があると思う。
大成 10代
2000/智弁和歌山
11−7
初回、完璧な立ち上がりの松坂に比べ先発山野が、ヒットとファーボールで、無死1・2ピンチそこで、後藤くん、松坂くんのヒットでこの回3点。2・3・4と回を重ねるごとに松坂くんの投球は、冴えてきた。しかし、5回、やはり智弁も松坂の球に慣れてきてこの回3連打で2点を返して、続く6・7回とホームランで1点ずつをいれて、4−3と逆転した。このまま行くと思いきや横浜も9回に追いつき4−4のまま延長に突入した。
松坂も疲れているながら気迫のピッチングで智弁に追加点を許さず、智弁も継投で踏ん張り4−4のまま15回引き分け再試合になった。
翌日行われた再試合は、疲れの残る松坂を攻めて5回までに、8−1とした。しかし、横浜も意地をみせて、松坂のホームランなどで8−7の1点差まで追い上げたが、9回に武内の3ランホームランでだめおし。
11−7で智弁和歌山の勝利!!!
智弁212210OO3  11
==========
横浜001OO312O   7
ゆか 10代
1998/横浜
5−2
たしかに智弁の打線はすごかったけど、
やっぱりマツには、勝てへんやろっ!!
それに、1998年のときのが、全体的にレベルが高かったと思う。
ダービー 30代
1998/横浜
5-0
僕は智弁和歌山について僕は池辺と武内と東尾(なぜ補欠かわからない)以外野球選手と認めていない。横浜と比べるのは百年早いんじゃないかな。横綱と十両。比較にもならないね。横浜高校で集団食中毒でも起これば別だけど。
スヌーピー 10代
2000/智弁和歌山
1−2
智弁和歌山が勝つ!!!!!とおもいたい・・・。
がんばれ智弁!!!!!!!!!!!!
まよ 10代
2000/智弁和歌山
9-5
そんなん智辯が勝つに決まってるやん!!!!!!
777 30代
2000/智弁和歌山
8-5
1回戦なら横浜だが準決勝、決勝戦なら疲れの
残る松坂を猛打の智弁和歌山が後半に爆発するでしょう。
ぷぅぅぅぅ 10代
1998/横浜
3−1
松坂の速球とスライダーのコンビネーションは絶妙智弁打線でも1点とるのがやっと!!
野球狂50 50代
2000/智弁和歌山
8−7
強打の智弁和歌山の前に、怪物松坂も撃沈、さすが横浜の強力打線で猛追するが、智弁和歌山のお家芸、4人の継投にかわされあと一歩追いつけず。
マッツモ二 10代
1998/横浜
5−2
同世代の見方とすれば、確かにあの代の智弁は半端ないと思ったが、松坂の代のレベルはこのときの非ではなかったと思う。このときの横浜はレベル的にいうとほんとにプロレベル。仮に松坂から点を取ったとしても2点くらいだろう。総合力に勝る横浜の完勝になると思います
ISHI 20代
1998/横浜
8−3
ストレートだけならともかく、あのスライダーを投げ分けられたら
高校生では簡単に打てません。終盤に捕らえたが及ばずといったところですね。
toraburu 40代
2000/智弁和歌山
8−7
智弁和歌山が初回に先行したしたこの試合。
2回に同点に追いついた横浜が着実に追加点を重ね、6回終わって5-3と横浜がリード。
松坂の踏ん張りで横浜が逃げ切るかと思われたが、7回突如松坂の制球が乱れる。2人の打者にフォアボールを出し、2死i・2塁。松坂の球は明かに上ずってきている。
智弁和歌山の打者は、6番山野。初球肩口から入ってくる高めのカーブを強振。高く上がった打球はぎりぎりレフトスタンドへ。。。逆転。
次打者青山に死球、8番井口に四球を与えた松坂はあえなく降板。後をうけた袴塚が次打者以降を押さえきれず、この回5失点。
終盤、横浜が追い上げるも最終回、最後の打者となる後藤の強烈なライナーがセカンド小関のグラブに飛び込みゲームセット。

ブルジジ 30代
2000/智弁和歌山
9−5
乱打線の末、チ−ム全員がクリ-ンアップクラスである智弁打線が終盤に松坂を捕らえて勝利!武内、池辺にホ-ムラン、15安打の猛攻!やはり凄い!
熱闘甲子園 20代
2000/智弁和歌山
11−6
いくら松坂が凄くても、あの智弁和歌山の超強力打線は止められない!!
1番小関は凡退しても、2番キャプテン堤野から3、4、5番の完璧クリーンナップ、6番山野、7番井口までのどこからでもホームランが打てる打線は松坂でも無理でしょう!!
投手力から見ても、横浜は松坂と袴塚、斎藤なのに対し、智弁和歌山には先発中家で5回までもたせて、リリーフに山野。いくら横浜の方が人数がいても、袴塚・斎藤には大舞台での経験がない。
よって、11−6で智弁和歌山の勝利!!
このチームは戦後最強のチームだと思います。
ちなみに、自分は横浜高校の卒業生です。

まっつん 10代
1998/横浜
6−2
中盤に入って横浜が先制。さすがの智弁和歌山打線も松坂の剛速球に二点どまり。てな具合で横浜。
甲子園の☆ 10代
2000/智弁和歌山
10ー1
松坂君からでも2000年のワカチなら絶対に勝ちます!超重量打線だったんだから150kmの松坂君だって打たれてしまうと思います。だから、勝つのは、ワカチです。2000年の黄金メンバー大好きです・
兜 20代
1998/横浜
6-3
打線はやや智弁有利だが、横浜も負けてはいない。
よって投手力の差で横浜。
ワカチ大好き!!y、s、m、tデス 10代
2000/智弁和歌山
10ー8
2000年の甲子園はまじで感動しました。(涙)特に堤野君と池辺君と後藤君と山野君の活躍は本当に最高でした。2001年の大会では武内君や中家君らに期待しています!!ワカチのみなさん頑張って下さいね!!
ひろき 30代
1998/横浜
8−1
やっぱり横浜が勝つでしょう。
両チームの決定的な違いは、ズバリ守備だと思います。
98年の横浜は守備で相手に隙を見せたことがない。
特にショート佐藤とセカンド松本はうまかった。
横浜はどうしても松坂がクローズアップされるが、その他にも後藤、
小山、小池、常盤など好打者が揃っている。
確かに智弁の打線(特に堤野・武内・池辺・山野)は迫力があったが、
松坂のストレートはヒット出来ても、スライダーは打てないでしょう。
智弁の投手陣も横浜を抑えられるとは思えない。
横浜を倒すには、智弁投手陣がよっぽどいい出来で無四球、守備は無失策。そういう流れで、自分のペースに持ち込まないと勝てないでしょう。ということで勝つのは横浜でしょう。