1984年 東北の高校野球ファンに夢と希望と感動を与えた年

昭和58年、東京の私大に進学した一人暮らしをしていた元高校球児の私は、ある日、当時愛読していた○知新聞のある記事に目が止まった

秋季高校野球東北大会 決勝

    大船渡4−3金足農


投手 金野(大船渡)
投手 水沢(金足農)

 当時、そろそろ東北大会において宮城の東北、仙台育英というところの強さが目立ちはじめたころでもあり、現に東北には安部(大船渡一中)なども進学し、甲子園にも出場して、次第に優秀な人材が仙台にさらわれていくのかと私は考えていた頃である。その中での岩手代表と秋田の決勝戦、私はそのフレッシュな2高校の名前が印象に残ったものの、戦力的期待はあまり出来ないと同時にかなりの貧打戦だったのかと結果だけで判断した。そして2月のある日、またまた愛読していた○知新聞に選抜出場校の投、攻、守に関してそれぞれABCのランクを付けた記事を目にした。金足農は忘れたが大船渡は今でもはっきり憶えている。

      投手力  打力  守備力
大船渡   C     C     C

 ○知新聞には西の横綱としてPL学園、東の横綱として取手二高があげられていた。PLは試合数そのものは少なかったものの驚異的な勝率、そしてなにより前年夏あの池田を倒し全国制覇。桑田、清原がいて当時選抜大会連勝中の監督中村順司氏がおり、誰が考えても優勝候補の評価は当然であったと思う。そして、取手二高には私の大学の同級生の父と同じ職場の同僚の息子、石田文樹がおり、その能力の高さを前年春頃から友人にしきりに吹き込まれていた私は、その強豪校との数多い練習試合をこなした結果の9割近い勝率の高さに基づいたと思われるAAAの評価にただただ注目すると同時に納得するだけであった。
 そして56回目の春センバツ開幕、大船渡の緒戦は山口の多々良学園、大洋の高木豊を輩出したという対戦相手はなんと24勝0敗、大会のダークホースにあげられていた。試合予想は地元岩手○報でさえ、投手戦に持ち込み勝機を見い出したいとの弱気な論評、しかし、それも当然であると当時岩手の自宅でTV観戦中の私も思った。
 1回の表、相手先頭打者がツーベース「これは勝負にならねー」と思ったが、その後は相手高にはヒットもほとんど出ず、結果は4−0の快勝、しかし結果的には快勝ではあったもの試合中は、いつ逆転されてもおかしくないぐらいのつもりでTVを見守っていた。そして2回戦はものすごい大応援団が来ていた大阪三国丘高を接戦で破った日大三島が相手だった。この試合なぜか私ははずせない用事があって、ある会館に缶詰であったが時々移動中にカーラジオで聞いて来たという人が、「4番の鈴木がホームランを打ってリードしている」とか「金野の球を相手はまるで打てない」とか「紺野が打ったぞ」というような話しが聞こえて来ており、私は勝利を確信した。
 結果は8対1であった。準々決勝は前年4強で優勝候補、この年から校名が変わった明徳義塾戦である。さすがにこれは厳しいと思った。冷静沈着な明徳のエースの山本の球は打てるはずがない、勝つ場合はおそらく1対0のみと思っていた。ところがその通りになったのである。中盤に先制した大船渡も後半は明徳に押され防戦一方、追いつかれて延長では勝ち目がないと思われた8回明徳はノーアウト2塁の絶好のチャンスを掴んだ。文字通り固唾を飲んで見守ったであろう岩手県民、とその時である、長いセットポジションで捕手のミットが力なく下を向いた瞬間、金野の送球2塁ベースやや左寄りに文字通り絶妙のコントロールで放られ2塁ランナーが牽制死。このようなサインプレーを対戦相手にされることはあっても、けっして岩手代表のチームがする瞬間をみた事がなかった私はあまりの見事さにただただ唖然とした。結局、多くの県民が99%不利と思った明徳義塾戦も勝ってしまい、身体が小さく憧れの法政大学に入学したにもかかわらず硬式野球部に入部を許されなかったというエピソードを持つ佐藤隆衛監督が上手にピアノの伴奏が出来るという大船渡高校の校歌は3度甲子園で演奏されたのである。戦前では予想だに出来なかった、準決勝まで進んだ。こうなると地元TVのニュースも番組が始まっていきなり先制、8回の場面、ゲームセットの瞬間と、当時無敵を誇った新日鉄釜石の日本選手権の時のようなニュース構成になっていた。おそらく、県民の多くはこう思っていたはずである。「なんとしても決勝まで行って欲しい。桑田、清原のPLにあの地味な大高(地元での愛称だいこうと読む)の野球部を挑戦させたい。それで負けても立派な準優勝ではないか。」と。準決勝の相手は岩倉であった。2回戦では、新津高を1安打完封した水沢擁する東北期待のもう1校の金足農を6−4で破っていた。当日、私は民放を見て、CM中はNHKを見た。岩手県で準決勝を民放が放映(毎日放送の実況は地元校の試合のみ)などということは、一生ないぞ、と思ったからである。そして、もちろん試合中は外出はしていないが、きっと人影もまばらで視聴率は70%以上あったのではなかろうかと今更ながら思う。
 岩倉の先発はパームボールが絶妙だった山口、スピード的にも130キロそこそこだったように思うが定かではない。ただ少なくとも、そう大した投手には感じられなかった。試合は大船渡の先攻(これがいやな予感がしていた)で始まったが、金野の外角に抜けるボールが多いことが気になった。1回戦では10球中9球までがミットを動かさずにコントロールされていたボールが10球中5〜6球しかこなくなっていた。それでも、当時毎日放送の解説だった全国優勝監督は「かねのクンいいですねーかねのクンいいですねー」と自身の学校を3年前の夏に全国優勝に導いた投手の名前に似せて呼んでいた。そう金野は「きんの」と読み、古くから岩手県沿岸南部地方に多い苗字である。
 調子が悪いなりに金野は岩倉打線を抑え、序盤、大船渡が1点を先取した試合は中盤、準決勝、決勝を通じて当たっていた菅沢のタイムリーで岩倉が1−1のタイスコアにする。こうなると、後攻でなかったことが恨めしい、そして、岩倉と大船渡の打線の巡りが気になりだした。2回戦まで絶好調で2本塁打を放っていた4番鈴木にはこの試合全くストレートが来なくなり、徹底した外角のパーム攻めに凡退を繰り返した。そして迎えた9回裏、岩倉はまたしても菅沢に打順が廻って来た。疲れの見える金野の渾身のストレートを振り切った打球はレフトポール際へ、投げ終わったまま左膝をついてボールを見守る金野、しかし無情にもボールはポールを巻き、2×−1のサヨナラとなった。しかし、金野は笑顔で甲子園を後にした。結局、決勝でもあの桑田から菅沢がタイムリーを放ち、1−0で岩倉が初出場初優勝を飾った。ベスト4に進んだ大船渡ナインは迎えのバスに乗り換える内陸で校区とは全く離れていた北上駅でも大勢の県民に出迎えられ、選手たちは今更ながら自分たちの活躍がどれほど岩手県民に注目されていたかを目の当たりにしたという。地元大船渡市でもまるで優勝したかのように多くの市民に出迎えられた大船渡ナインであった。この後は金野は当時の週刊現代にも掲載されたように、肩、肘の故障を抱え、盛り上がる周囲の夏への期待に押しつぶされそうになりながら必死に治療と再起への挑戦を続け、見事、夏の岩手大会もチームを初優勝に導いたが、甲子園では当時、応援に行った先生が「10点ぐらい入るかと思うぐらいにヒットが出た」(確か14〜15安打だったと思う)が3−4で長浜に敗れた。
 一方、金足農業も夏の秋田大会を制し、春夏の出場となった。春に快投を演じた水沢も健在であった。

   2001年12月 t-mitaki

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。