1985年 甲西の夏
君よ八月に熱くなれ

まためぐり来る夏の日に
心ふるわす人がいる
あれは確かに青春と
胸に瞼に刻み込む

時よ止まれよただ一度
奇跡起こした若者に
雲が沸き立つ甲子園
君よ八月に熱くなれ

 昭和40年の岡山東商平松の姿を見て始まった私の高校野球は、昭和56年夏の田子の
活躍をピークに毎年熱い戦いを胸に刻んでいた。
 この年、つまり昭和60年は阪神がセリーグ優勝を飾り、中山美穂が「C」で日本レ
コード大賞最優秀新人賞をとり、日航ジャンボ機が墜落するという事件があった年で
ある。高校野球ではKKコンビのPL集大成の年でもあり、センバツでは渡辺智男の
伊野商に足元をすくわれたものの、この夏には大砲藤井と古谷&田上のいた宇部商を
決勝で敗り、見事優勝した。

「君よ八月に熱くなれ」という名曲は、昭和52年から17年間にわたり、ABCの高
校野球のテーマソングとして慣れ親しまれた曲であり、元々は「あゝ甲子園」という
高校野球ドキュメント番組のために、作詞に阿久悠氏、作曲に中田喜直氏というヒッ
トメーカーが書き下ろした曲である。高校野球中継では高岡健二、堤大二郎が歌って
いた。そして昭和56年、ABC系の「熱闘甲子園」が始まった。この番組では昭和6
3年まで大阪府立淀川工業高校吹奏楽部が演奏する吹奏楽バージョンが流されていた。
この年「熱闘甲子園」では中村哲夫アナが淡々と試合を語っていた。

 滋賀県立甲西高校という今ではあまり知られていない高校がある。この高校の甲子
園での戦績は、夏2回出場し、通算成績4勝2敗という平凡なものだ。こんな何の変
哲もなさそうな、滋賀の無名校であるが、昭和60年夏の甲子園での活躍は今も瞼に
焼き付いて忘れられない。それでは読者と共に、この曲を口ずさみながら、16年前
の夏にタイムトリップしてみよう!

 昭和58年甲西高は産声を上げた。開校と共に野球部もでき、監督には信楽高、水
口高を率いた「髭のゲンさん」こと奥村源太郎監督(現甲西高校長、滋賀県高野連会
長)が就任した。開校間もない甲西は、グランド作りからのスタートであったが、入
部から主将を務める石躍雄成(甲西初代主将&初代生徒会長を中心に強くなっていった。
そして甲西1期生が3年生になった昭和60年春、春季滋賀県大会で3位となり近畿大会に
初出場。近畿大会初戦で、名門の箕島と敗れはしたが2−3という接戦を演じて夏への
期待が膨らんだ。その夏、エース金岡康弘、4番石躍に、2年生奥村伸一(現甲西コーチ)
らを擁して、創立3年目で見事に甲子園初出場を決めたのである。
 甲子園初陣は、前原(中日→西武)を擁する創立100周年を迎える名門県岐阜商
との対戦であった。甲西は高校球界の名門相手に初回から緊張し守備の乱れで2点先
制されるが、その後逆転に成功し7−5で甲子園初勝利、歴史的な1勝をもぎ取った。
 次の3回戦も甲子園準優勝経験を持ち、エース秋吉を擁する九州の古豪・久留米商
と対戦。0−0の投手戦のままナイターに入り、試合も延長戦に入った。延長11回
表に久留米商に1点を取られるが、その裏に、石躍のポテンヒットで同点に追いつき、
ダブルスチールで2−1で逆転サヨナラ勝ち、見事ベスト8に進出した。
 そして迎えた準々決勝が私にとっての「思い出の試合:これぞ高校野球!」なので
ある。東北はこの年20年にわたってチームを率いてきた竹田利秋監督(現國學院大
監督)がライバル校の仙台育英に移るため、竹田東北最後の年であった。エースは言
わずと知れた『大魔神』佐々木主浩で、6番ファーストには葛西稔(法大→阪神)が名
を連ね、ダークホースといわれていた。
 この日甲子園は事実上の決勝戦といわれた高知商ーPL戦に注目が集まっていた。
高知商エースの中山裕章がPL打線の前に立ちはだかり、真っ向勝負を挑んだが、惜
しくも3−6でPLの前に涙を飲んだのである。
 そして第四試合が甲西ー東北戦であった。東北最後の夏になる竹田監督が見守る中、
試合は始まった。1回裏甲西は1番高野がライト線に2塁打。バントで送った後、3
番奥村の時、佐々木が3塁牽制悪送球し、あっさりと甲西が先制点をあげた。3回裏
にも奥村のタイムリーで2点目をとり、甲西ペースで試合は進んだ。しかし3回まで
金岡にパーフェクトに押さえれていた東北は、4回表ランナーを2塁において3番浜
田がレフト前にクリーンヒット。2−1と追いすがる。さらにチャンスがふくらみ、
1死満塁から葛西のライト犠牲フライで2−2となり、続くヒットで佐々木が生還し
一気に2−3と試合をひっくり返した。これで東北に流れはきたかと思ったが、甲西
も粘った。6回裏2死2,3塁から9番の安田がプッシュバント(内野安打)を決め、
3−3の同点。その後、7回裏、8回表に1点ずつあげた両チームに結末の時は近づ
いていた。9回表東北は1番村瀬がセンターオーバーの2塁打を放った。続く2番吉
田の内野安打で守備陣がもたつく間に村瀬は一気にホームを突き、5−4。これで試
合は決まったかに思えた。しかし9回裏、一死から奥村がヒット、盗塁で二塁に進ん
だ。ここで4番石躍の痛烈な一、二塁間のヒットで同点に追いつき、5番西岡の送り
バントの後、6番安富に打順が回った。安富の肩をたたいて話すゲンさん、その期待
に応え、ライト線にポトリと落ちるサヨナラヒット、両手を高々と挙げホームインす
る石躍、6−5で大魔神佐々木の最後の夏を終わらせた。安富のサヨナラヒットでう
なだれる大魔神と、ゲンさんの涙が映し出された中、「甲子園の女神は、わずか3年目
の甲西高校に不思議な力を与えました!!」と絶叫したABCアナの実況が脳裏に焼
き付いている。一方敗れた東北竹田監督が、選手一人一人の肩をたたいて、涙にむせ
ぶ姿も印象的だった。そして試合後宿舎に戻ったゲンさんが宿の主人と声にならず涙
と共に肩を抱き合う姿は、今でも高校野球とは何かを私に教えてくれるのである。
 翌日の準決勝はKKコンビのPL学園と対戦した。ゲンさんは試合前、「お前らに
10点のハンデをやる」と言ってナインを送り出した。試合は清原の2本塁打など打
ち込まれ、2−15で敗れたが、5番西岡が桑田から2ランを放ち一矢を報いた。ゲ
ンさんはホームランを打った西岡に対し、「天下の桑田から打ったんや。たいしたも
んや!」と褒め称えた。数年後ゲンさんはPL戦のことをこう振り返っている。「私
は今でもあの試合は2−5だったと思っています。」
 現在甲西高校長と共に滋賀県高校野球連盟会長を勤めるゲンさんは滋賀県の高校野
球発展のために力をそそいでいる。そして現在の甲西高の選手たちはゲンさんを甲子
園に連れて行くと意気込んでいる。甲西高の野球部員は志望した理由をきいても「近
かったから」と答える生徒がほとんどで、「強豪だから」「甲子園に出られそうだか
ら」と答える生徒はいない。しかし全員がかつての先輩たちの活躍を知っていて、
「ぼくたちも甲子園に出たい」「奥村先生を連れて行きたい」と言う。奥村伸一コー
チも、石躍も地元に帰ってきた。全員があのスタンドに夢をはせている。
 PLのKKコンビが主役だった昭和60年夏の甲子園の中で、悪ガキがそのまま高
校生になったような金岡、石躍らのミラクル甲西は、小さな大投手千村率いる鳥取西
と共にPL以上の印象を残しているのかもしれない。

 このエッセーの最後に思い出の校歌を歌い(→http://www.biwa.ne.jp/~kosei-hs/)、
甲西高とゲンさんの甲子園への復活を祈る!

   2001年12月 E. Yazawa

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。