1996年夏 熊本工×松山商
あれは、夏の暑い日だった、当時小学生だった私は特に高校野球にも
興味がなかったので、ただヒマなので見よう。という程度だった。
今から壮大なドラマが起こることも知らずに・・・・・。
 
試合は、1回表、準々決勝で選抜の覇者鹿児島実をやぶった松山商が、
3連打と3連続四球などで3点を先制。
熊工も、2回裏、7番境のセンター前ヒットで1点、
さらに終盤の8回裏、2番坂田の犠牲フライで2点目。
 
しかし、粘る熊工も9回とうとう2アウト。
誰もが勝負あり。と思った事だろう。
マウンドには2年生新田。
マスクをかぶる石丸のサインにうなずく・・・。
バッターボックスには1年生の沢村、いつもの構え。
心なしか力んでいる様にも見えた。
そして、新田の投じた初球、直球が高めに、しかも抜けた感じでホームベースへ。
沢村は見逃さなかった。フルスイング。
打球はぐんぐん伸びてレフトポール際にフェンスを越えて入った。
大歓声。
これぞ奇跡。
沢村はガッツポーズをしながら喜びをかみしめるようにベースを回り、
ベンチへ、ナインの手荒い祝福が待っていた。
 
試合は延長戦へ3−3。
そして、10回裏、この試合最大のドラマが訪れる。
熊工の攻撃。
1死満塁。
サヨナラのチャンス。
マウンド上には新田からライトを守っていた渡部。
そして、ライトには春選抜以降レギュラーからもれていた矢野。
バッターボックスには本多。
今大会一番チームでは当たっている。
これ以上無い場面。
渡部がセットにはいる、
本多構える、
左バッターの内角に入るスライダー。
本多は泳いだものの打球はライトへたかーいフライ。
三塁ランナーが構える。
矢野が取る。
ボールが本塁へ返って来るのに3秒とかからなかった。。。。
アウト!
またも奇跡が起きた。
 
もはや松山商の勢いをとめる力は熊工にはなかった。
6−3。
試合終了。
 
最後こそあっけなかったが、私はこの試合を歴史に残るゲームとして
心に残しておこうと思う。
 
矢野は松山大に進み、キャプテンとして4年の夏、大学選手権に出場した。
国際武道大にサヨナラ負け・・・。
しかし彼の努力は何事にも耐えがたかったと思う。
野球人生が終わっても、彼の思いでは心から消えないであろう。
 
そして忘れてはならない沢村。
彼は今、法政大のセカンド、レギュラーとして活躍している。
まだ3年生。
 
この試合が私に高校野球の楽しさ、厳しさ、感動をおしえてくれた。
高校野球が大好きになった。
 
   2001年 11月 ヤマト
 
本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。