1981年夏 群馬県大会
81年7・23日
私の夏はジ・エンド、前橋工業渡辺久信1年生と戦う前に終了。
あの日の事は今でも脳裏に焼き付き、懐かしく夏がくると思い出す20年前の良い思い出です。
ベスト8を懸けてシード校と対戦、勝つと1年生エースの前工渡辺と対戦する予定で、
最高の夏が将来の日本を代表する投手になるで有ろう、
渡辺久信と対戦して終了予定だつたが・・・・・・
3対4で敗北、私最後のバツターでピッチャーゴロ、終了、
群馬TVに大きく写し出されました。
帰り道マイクロバスの中でレフトライナーをエラーした、エースとみんなで泣きました。
2年後あの渡辺を私の中学の後輩がサヨナラ勝ちで甲子園へ行きました。
何とも皮肉な事で、3年前私の高校に誘ったのに、甲子園に行けないからと、
太田工業に行った後輩が、甲子園で池田高校水野に敗退しましたが、・・・・・・
あれから、丁度20年子供も野球をやり、私も昨年から少年野球の監督をしています
挨拶、返事当たり前のことが出来ない少年、少女に、基本から教え、
勝ち負けより大事な事を、「子供を大人に、大人を少年時代に」批判もありますが、
経験した者には、分かりますよ。
将来自分の子供が甲子園に行けなくても、指導は続けていきたい、
できればその子供の中から甲子園に行く子供がいれば・・・・・・
昔話でもいまの高校球児の事でも話そう


                    2001年 8月 tutomu30

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。