1982年夏 早稲田実×池田
1982年夏。
あの時代、世はアイドル全盛で、いろいろなアイドルがちらばっており、
ほとんど私のまわりの女の子は近藤真彦、田原俊彦、シブがきにかかっていた。
私の星は近藤真彦。当時近藤真彦は絶大な人気を誇り、
封切られた映画タイトルと同一題名のハイティーンブギを流行らせていた。
私自身もハイティーンブギを聴いた時、「なんて格好いい歌なんだろう」
と今思えば恥ずかしくなるような思いを感じていた。

そして甲子園にもアイドルがいた。そのアイドルの名前は荒木大輔。
私は、同じく大輔を愛する友達(今でも付き合いがある)と1982年 最後の夏を向かえた。
あの”大ちゃんギャル”である。
私の友達は、芸能人では同じ大輔でも島大輔に魅了されており、彼女の部屋へ行くと
よく男の勲章が流れていた。
私の近藤真彦が「マッチで〜す」と叫んでいたのに対し、あちらは、「よろしく」と
渋くきめていた(笑)。

そんな私達が追いかけた荒木大輔。
1年からエースとして甲子園をわかし、春夏全て甲子園出場の荒木大輔にとって
やり残した最後の目標が全国制覇であった。
私達もマンガの主人公のように、最後は劇的に優勝してハッピーエンドといった
シナリオをえがき、地方大会前からそわそわし、他のライバル校の情報を仕入れる
入れ込み様であった。
「強い所は嫌いや。大ちゃん苦しめよるから。」が共通の意見で、強豪は甲子園に
なるべくなら出てきてほしくないという不謹慎な心境であった。

一番の理想は2000年の智弁和歌山の様に強豪を次々と撃破していき、優勝
を飾るというのがベストなのだが、なにせ最後の夏なのでそうも言っていられない。
だからなるべくレベルの低い大会で、なるべく苦しむ事なく優勝を願ってた。
地方大会前から「なるべくなら出てきてほしくない高校」という不謹慎リストを
作成し、毎朝の新聞に載る結果に一喜一憂していた。

出てきてほしくない高校は、まず明徳。明徳はその年、「ドクレモン」と言われる
(高知の方言で、なにをしでかすかわからないの意味)程の強烈なチームで
選抜で箕島と死闘を演じていた。練習は実践形式で紅白戦をガンガン行い、
選抜も、キャッチャーフライでタッチアップするなど巧さと強さを兼ね備えてた。

次に、その明徳と死闘の末勝った箕島。箕島の試合巧者ぶりは立証済みで、
この年もバントや勝負強さは相変わらずすごかった。

そしてPL。PLはそれまで逆転のイメージで、たいして恐さが感じられな
かった。「後攻さえ取らせなければ」とか「最終回だけ気をつければ」という
かんじで逆転は恐いが、試合の序盤から主導権は握る事ができるといった感覚
であった。しかしこの年のPLは榎田というアンダーハンドの大エースが君臨し、
打線も強力で、試合ぶりがそれまでのイメージを覆す程のものであった。
選抜も箕島を倒し、決勝では大楽勝。ぶっちぎりの優勝であった。

以上の「鬼の3強は、どうしようもない。絶対当たりたくない。」と思っていた。

他にマークする高校を探っていくとY校、中京、池田、前橋工。
まずY校だが、当時三重県に住んでいた私は。隣の愛知県情報が頻繁に耳に入り、
愛知県は愛知高校が背の高い選手を揃えて郡を抜いた強さを誇り、後に中日入り
した彦野選手を中心に超強力打線を形成していた。耳に聞こえたその愛知打線を
選抜で封じ込めたのが、同じく後に中日入りするY校の三浦投手であった。
そしてなによりも大輔君が、選抜でY校に負けていた。

中京は選抜ベスト4での戦いぶりからかなりやっかいな存在であった。
(愛知県といえば確か名電もこの年全国制覇が狙えると言われていた様な。)

池田と前橋工は当時の雑誌から研究し、前橋工は西武で活躍する渡辺投手がいた。
そして池田。雑誌には「阿波の怪物最後の夏に挑む」と記載されていた。
これはきつい。池田は箕島が春夏連覇した時の決勝の相手で、メガネ君やヒョロ
ヒョロした腕の細い選手が見かけによらずよく打っていた。真っ黒に汚れた
ユニフォームで、当時は「ツキを落とさない」という事でユニフォームを洗わず
に試合を重ねるチームがよくいた。
まぁ打線は大輔君が抑えるとして、その阿波の怪物を早実打線が打てるのかが
心配であった。

そしてむかえた地方大会。嬉しい事にあの鬼の3強が全滅!中京と池田は出て
きたが、Y校と前橋工は敗退。欲を言えば中京と池田も負けてほしかったが、
そこまで望むのは望みすぎというもの。まずまずの結果と思った。
そして甲子園本番。早実は順調に勝ち進み、3回戦の東海大甲府戦では
打ち込まれたものの、大輔君のピッチングに打線が奮起し優勝候補に相応しい
存在であった。

<<甲子園準々決勝>>
私は友達と2人で大輔君を見るために甲子園へ乗り込む。日程と私達の都合の
関係から準々決勝を甲子園ですごす事になったのだが、今にして思えば、
あんな試合の日にわざわざ甲子園へ行く事になるなんて、と思えてしまう。

その日も、朝はやくから席取りに必死でバックネット裏を取った。
よくベンチ裏に大ちゃんギャルが陣取っていたが、
私達から言わせるとそれはトーシローで、一番の席は大輔君の顔を
正面から長時間見る事が出来き、もしかしたら目が合うかもという浅はかな考え
からバックネット裏こそが真の大ちゃんギャルの席であった。

試合開始前、それまで気にならなかった前方の老人の麦わら帽子が急に気になり
始めた。「なんや。見えへんわ。」と友達と話していると、別の女の子がその
老人に「麦わら帽子をぬいで下さい」みたいな事でもめ始めた。老人からしてみ
れば、想い出の甲子園で、夏の風物詩麦わら帽子を甲子園で購入し、風流にふけ
っていたのであろう。甲子園のバックネット裏は中段席から急な傾斜になって
いるが、前方の席は傾斜が無く、前の席に座っている客の頭が視界に入るように
なっている。結局その老人は麦わら帽子をぬいだのだが、心が痛んだ。

試合前のトイレでは大ちゃんギャルがそれぞれ化粧し入念にチャック。
当時のアイドル歌手のコンサート前と同じ光景が甲子園にもあった。

そうしているうちに、準々決勝 早実対池田の試合が始まった。
池田は予選前から私がマークしていた高校であったが、それまでの甲子園の戦い
ぶりから結構苦戦していたし、打線もそれほど打っていない。
雑誌がうたっていた「阿波の怪物」もそこそこ打たれていたので、苦戦はしても、
なんとかなるといった感じで楽観的に見ていた。

しかし、実際に池田の選手達を見て一変。それまでの池田の細いイメージとは違い、
太い腕の体格のいい選手が多く嫌な感じがした。そして阿波の怪物も凄く、
それまでの投手で、私が見た事が無いくらい足を高く上げ、モーションも速い。
「高いなぁ〜。動き速いなぁ〜。」と心配な声をだしていた。そして
投げる球も私達の大ちゃんより速い。テレビで見る時はそんな話はしないのだが、
甲子園で生で投手を見ると「このピッチャーの方が速い」とかスピードの話をする。
そうした池田の選手の恐さを感じているうちに、試合はドキドキする間も無く
動き始めた。いきなり池田の江上選手のホームラン。江上選手は丸々と太った
身体に屈託の無い笑顔で、まさに金太郎さん。翌年チームメイトの水野選手が
四国の金太郎と言われて主役になるのだが、その時は江上選手の方がむしろ
「熊を倒す金太郎さん」のイメージがピッタリで、放つオーラも水野選手より
一際輝いて見えた。

試合は大輔君がボッコボコに打ち込まれる度に観客から怒号のような歓喜の
雄叫びが響いた。「え?なに?」と思うくらいまわりは池田ファンの男性一色で、
「もっとやれ〜」とか「ざまぁ〜見ろ」といった奇妙な声援に包まれていた。
私自身気付かなかったが、当時の男性は人気のある荒木大輔に対してあまり
良い印象を持っていなかった様である。

そしてピッチャー交代。大輔君は外野へ。
「あ〜、大輔君あんな遠くへ」と友達がつぶやき、私自身も「もう最後やから」
と友達に外野席へ行こうかとうながした。朝はやくからとったバックネット裏を捨て、
重い足取りで黙って外野席へまわる。甲子園の外野席から見るのは初めてで、
広い外野にポツンとした大輔君の背中が寂しい。2年半追い続けた大輔君のラストシーン
を外野で、しかも背中から見て終わるのかと思ったら涙が止まらず、目頭をおさえ、
黙って下を見るしかなかった。

なんで?この試合までは、池田ではなく、荒木大輔の早実が優勝候補筆頭で、
間違いなく大会の主役であった。
外野席でも男性のダミ声「池田〜、もっと打て〜」の声援が響いていた。

〜あれから19年。今では私は2児の母。今でもWASEDAのユニフォームを目にすると、
私の青春の光景や高校時代の思い出が鮮明に甦る。
私の友達も「将来自分の子供は大輔という名前を付ける」とふいていたが、
別の名前をつけました。
十何年たって横浜の松坂君が登場した際、友達に「あんた、子供の名前は大輔に
するって言ったじゃない」と言うと、友達は一瞬顔色を変え「忘れてた」と笑った。


                    2001年 7月 h-honganji

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。