私は愛知県豊田市に住む29歳の男性である。豊田市と聞いて多くの人はまっ先にト
ヨタ自動車を思い浮かべるだろうが、高校野球ファンなら豊田大谷と豊田西である。
1998年は、春に豊田西、夏に豊田大谷と、クルマの街が高校野球で大いに湧いた年だっ
た。特にスラッガー古木のいた豊田大谷の夏の快進撃は、今も私の中では「豊田市民
の誇り」となっている。

 その夏、豊田大谷の試合をテレビ観戦するために、何度仕事のアポをキャンセルし
たことか。お盆休み中に行われた2回戦の宇部商戦以外は、すべてショッピングセン
ターのメグリア(トヨタ生協)本部店の1F広場のテレビで見ていた。
 本当ならもっとひっそりとした場所、たとえば古くからある喫茶店でオヤジと一緒
に見た方が、野球に没頭できるし、サボリの現場を目撃される危険も少ないだろう。
だが、地元校の大谷の試合は特別な時間である。せっかくなら多くの豊田市民と歓喜
を共有したい。それに喫茶店だとテレビ画面近くの特等席を常連客に占領され、テレ
ビが見づらいことが多々ある。そんな理由から、立ち見が出るほどの観戦客でにぎわ
うメグリア本部店1F広場を、私はあえて“アルプススタンド”に指定した。

 もちろん準決勝が行われた8月21日も、豊田大谷×京都成章を観戦するためにその
“アルプス”に来ていた。プレーボールは順調にいけば午後1時半ごろになる。私は
水源公園の木陰になっている駐車場で昼食のコンビニ弁当をさっさと平らげ、12時半
ごろにはテレビ画面すぐ前の“S席”へと着席した。
 まだ第1試合の横浜×明徳義塾が終わっていなかったが、大谷の試合が始まってか
らでは席が空いている保証がない。メグリアの1F広場には広いテレビ画面に向かっ
て40〜50人ほどの椅子が並べられているが、昨日の準々決勝の浜田戦などは、試合開
始時には満席になっていた。だれかが席を立つと、それをめがけて四方から人が殺到
する。ライバルはビニール袋を抱えてのっそり歩くおばちゃんだけではない。半ズボ
ンの小学生や部活帰りの中高生など、機動力のある少年少女たちも虎視眈々と空席を
狙っている。そう、まさしくイス取りゲーム。そんな無駄な神経を試合中に費すのだ
けはご免である。

 第1試合で、横浜が明徳義塾に大量リードを許していることはラジオで知っていた。
メグリアに到着した8回表にも明徳に追加点を奪われ0-6。マウンド上では昨日のPL学
園との死闘で疲労困ぱいになったエース松坂ではなく、控え投手の斉藤が険しい表情
でベンチから指示をもらっていた。明徳のヒットは8回で14本(寺本・谷口の本塁打
もあり)というから、失点以上に先発の袴塚、2番手の斉藤が打たれている。やはり
この年の横浜は「松坂のチーム」だったのか…(この時はそう思った)。
 このままいけば、明日の決勝で大谷と対戦するのは明徳になる。「古木と松坂の対
決が見たかったなぁ」。“アルプス”で知り合った常連のおじいちゃんが、私を見つ
けるなり残念そうに言った。しかし私としては、ロマンもいいが決勝まで来たなら結
果にもこだわりたい。明徳も手強いが、怪物松坂を相手にするよりは分がいい。
 あの深紅の大優勝旗が、わが豊田市にやってくる可能性が高くなってきたのだ。
 しかも明日は土曜日で、甲子園に行って歴史的瞬間を目の当たりにできる。もしそ
うなったら、松坂のエネルギーを消耗させてくれたPL学園には感謝しなければならな
い。また、この大会の結果よりも、日本球界の逸材の将来を案じることを優先させた
横浜・渡辺監督の英断にも敬意を払わなければならない。

 この大会の豊田大谷は、通年ならばマスコミに「旋風」「ミラクル」という言葉を
付けてもらえるほどインパクトの強い勝ち上がりだった。
 スマートに勝ったのは1回戦の東福岡戦(6-3)のみ。2回戦の宇部商戦では9回二死
から重盗で奇跡的に同点に追いつき、延長15回に藤田投手の痛恨のボークでサヨナラ
勝ち(3-2)。3回戦では、智弁和歌山に一度は4点差をつけられながらも古木の本塁
打などで終盤に追い上げ、9回に今度はあっと驚く古木の送りバントの直後、4番前田
の逆転打という劇的なうっちゃりで前年度覇者を下した(7-6)。準々決勝でも、同
じように「ミラクル」で勝ち上がってきた浜田と延長10回を戦い、大会二度目となる
サヨナラ勝ちを演じている(4-3)。さらにいえば、4試合で約700球(最終的には
約800球)を放ってきたエース上田の超人的な粘投も、賞賛に値するはずである。
 冒頭にも書いたように、この時点で「豊田市民の誇り」として心に刻むには充分す
ぎるほどの活躍ぶりだった。だが欲は膨れ上がるばかりで、できれば今年の大谷の存
在を全国民の記憶の中にも焼きつけたい。「あの年は豊田大谷の大会だったな」と、
高校野球ファンが振り返ることまで期待してしまう。
 ところが昨日、注目度NO.1の横浜にPL学園と延長17回の死闘を演じられてしまった。
このままだと、あの一戦が今大会のハイライトになるだろう。だからなおさら、大谷
が優勝するか、横浜にここで静かに負けてもらうしかないのだ。

 8回裏、私がおじいちゃんと高校野球談議に花を咲かせていた最中に(といっても
中京商の春夏連覇や柴田の法政二の話にはついていけなかったが)、横浜が突如とし
て反撃を開始した。1点目、2点目、3点目、たまらず明徳は投手を左の寺本から右の
高橋にスイッチしたが、さらに4点目と、いつの間にか2点差まで横浜に詰め寄られて
いる。さすがに春の王者、タダでは転ばないようだ。おじいちゃんが昔話を止めない
せいもあって、テレビに集中できずこの回の猛反撃の経過はよく覚えていない。しか
しまだこの時点では明徳の決勝進出を疑っていなかった。
 ところが9回表、あの平成の怪物がマウンドに立つと、少し焦りみたいなものを感
じ始める。“アルプス”が急にざわめきはじめた。気がつくとほぼ満席になっている。
松坂の登場に「やったやった」と手を叩いて喜ぶ女の子、「今から出てきてもねえ、
遅いんじゃないの」と嘆くおばちゃん。この状況になってやっとおじいちゃんも昔話
をやめた。そして松坂が3人でピシャリと抑えてベンチに下がると、「何か起こるか
もしれんぞ。あいつ(松坂)は強運を持っとる。わしの勘だけどな」とぼそっと笑っ
てつぶやいた。
 何か起きるって、このあと逆転サヨナラってことか? そんな雰囲気も漂ってはい
るが、いくらなんでも2日続けての劇的勝利だなんて、ちょっとデキすぎじゃないか。
そう自分に言い聞かせながら、しかし内心「この横浜ならあるかも…」とビクビクし
ながら、横浜の攻撃を見つめた。

 おじいちゃんの予感は的中した。9回裏、押せ押せの横浜は無死一塁からバントヒッ
ト、バント野選と小技で流れを引き寄せる。続く後藤の当たりも詰まりながら中前に
落ち、あっさりと同点に追いついてしまった。
 なんという恐ろしいチームだろうか。
 この瞬間、豊田大谷の「印象」がまたひとつ薄っぺらくなってしまったことを、痛
感した。
 その後、一死満塁となりエース寺本が再びマウンドに上がるが、もはやグレーの軍
団の勢いを止めることはできない。二死後、柴の中前サヨナラヒットで、横浜は奇跡
の大逆転劇を現実のものにする。昨日の激闘に続き、またしても離れ業をやってのけ
たのだ。

 サヨナラの瞬間は、“アルプス”にも大拍手が起きていた。だれも「決勝は横浜が
相手か…」などということはいわない。ましてや明日、古木×松坂の対決が(たぶん)
見られることを喜んだわけでもないだろう。あまりにもドラマチックで、感動のあま
り知らず知らずに手を叩いていたに違いない。おじいちゃんも「ほれ、わしの言った
通りだろう」と誇らしげに自分の頭上で手を叩いていた。私も手までは叩かなかった
が、その時、鼓動が激しくなっているのを感じた。
 ここまでやられてしまっては、もう感服である。ミラクルのスケールが違う。とて
も比べられる相手ではないだろう。ただただ純粋にこのチームと自分の応援するチー
ムを戦わせたいと思った。
 大谷の勝利を市民と共有したくて、それもいい席を確保したくて早めにここに来た
のだが、今、この横浜の凄さを共有できたことに喜びを感じている。

 マウンドでうずくまっていた寺本が、歯を食いしばってあふれる涙をこらえながら、
ゆっくりと整列に向かう。やがて横浜高校の校歌が流れてきた。「東洋一の商港横浜」
のくだりが、歴史の浅いクルマの街に住む私には重く響いた。
 後ろの席から「なんか、横浜はドカベンみてえだなぁ」という男性の声も聞こえて
きた。この人もたぶん、仕事をサボって来たであろうスーツ姿のサラリーマンである。
 そういえば、この逆転劇も、球史に残る名勝負となったPL戦も、ノーヒットノーラ
ン男を攻略した鹿実戦も、自分が少年のころドカベンで見たようなストーリーだ(今
日の試合が山田2年時の雲竜・東海戦での大逆転劇、PL戦が「大甲子園」での中西球
道との死闘、鹿実戦が江川学院の中との対決、かな?)。その夢の物語を横浜は、現
実の世界で再現してくれている。
 感謝すべき存在は松坂を苦しめたPLではなく、この横浜なんだろうな。


 この後、第2試合でお目当ての豊田大谷は、京都成章にいいところなく1-6で敗退し
た。古木は左腕古岡のカーブに4三振。甲子園で歴史的な瞬間を見届けたいというプ
ランも、はかない夢となってしまった。もっとも、自分は、まだ試合中盤の5回の段
階で、会社からの緊急の電話で呼び戻されていた……。普段なら観戦中の電話など無
視するのだが、電話に出てしかも帰社していたところを察すると、第1試合の時点で
何らかの充足を得ていたのかもしれない。
 そして横浜は、翌日、決勝でなんと松坂がノーヒットノーランを演じて春夏連覇を
達成する。スケールの大きいあのチームにとって、準々決勝や準決勝のミラクルだけ
ではまだまだ物足りなかったようだ。
                    2001年 5月 Kakoh 

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。


1998年夏 横浜×明徳義塾