『高知追手前高校〜古豪・60年ぶりの甲子園目指す〜』
高知県には明徳義塾、高知商業、高知といった強豪校が数多く存在している。最近では、高知中央が近畿地方からの野球留学生を迎え、台頭してきている。県立勢でも、岡豊、室戸、高知東といった、県内屈指の部員数を誇る学校も出てきた。
そんな野球王国・高知で、虎視眈々と、60年ぶりの甲子園を目指す県立校がある。高知追手前だ。高知追手前は、高知県勢として初の甲子園出場を果たした伝統校で、生徒たちは文武両道の校風の下、部活と勉強に励んでいる。
野球部も明治35年創部と、歴史が古い。また、県内トップクラスの進学校であるがゆえに、なかなか部員の確保が難しい状況にあった。さらに、練習時間が短く、グランドは平日は内野だけしか使えないといった状況もあり、近年は低迷が続いていた。
2003年春、高知追手前野球部としては最多の16名の新入部員を迎える。チームを率いる谷村孝二監督は「伝統校復活を目指す」と意気込む。公式戦での勝ち星が遠ざかる中、谷村監督は16名の新入部員に期待をかけた。
その高知追手前に転機が訪れる。2004年夏。あの16名の新入部員が2年生となり、5人がレギュラーとなった高知追手前は2年ぶりに夏の県大会で1回戦を突破。2回戦で第3シード校・室戸と対戦することとなる。1−2の1点ビハインドで迎えた9回裏。高知追手前は1アウト1塁として、4番の2年生捕手・竹島崇文がレフトスタンドへの逆転サヨナラホームランを放ち、室戸を破る。この試合で勢いづいた高知追手前は5年ぶりのベスト4へと駒を進める。準決勝の対戦相手は第2シード校・高知商業。勢いのある高知追手前は4番竹島や、3番の2年生芝和樹のタイムリーなどで加点、守っても3年生エース浦田大輔の好投やバックの堅い守りで3−1と強敵を相手にリードを奪う。しかし8回、眠っていた高知商業の強力打線が爆発。一挙に7点を許し、高知追手前の快進撃は止まった。
ベスト4で終わった夏。しかし、5年ぶりのベスト4進出はレギュラーとして出場していた2年生5人
だけではなく、ほかの後輩たちにも自信となった。秋の県予選は1回戦で敗退したが、2005年春の四国大会県予選では、再び旋風を起こす。1回戦清水、2回戦高知西、準々決勝高知農を3試合連続コールド勝ちで下し、春の県予選では6年ぶりにベスト4へ進出。四国大会出場への代表決定戦で、新進気鋭の高知中央と対戦。高知追手前は2番となった芝、3番赤崎浩平、4番の竹島を中心とした打線に小技を絡めた攻めと、エース中野浩史の丁寧なピッチングがここまで冴えていたが、そのエース中野が高知中央打線に捕まり0−4と劣勢となったが、『最後まであきらめない』粘り強さを発揮する。芝の2本のタイムリーなどで3−4と猛追。しかし、一歩及ばず高知中央に敗退。夏の県大会でも順当にベスト8まで進出。準々決勝で第2シード校・高知と対戦するが、高知の好投手二神一人に抑え込まれ、敗退。
だが、万年1回戦敗退が続いた、「もう終わったのか・・・?」とも思われた高知追手前は、明らかに復活の兆しを見せている。新チームに切り替わった2005年秋の県大会でもベスト8に進出。高知城東中時代以降遠ざかっている甲子園に、高知追手前が戻ってくるのは、時間の問題だ。

                 2006年 4月 abarenbou

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。メールして下さい。