2005年夏 埼玉大会決勝
決勝戦のカードは春日部共栄ー埼玉栄。決勝戦では珍しい劇的な試合だった。春日部共栄は埼玉栄に主導権を握られていたが1ー4の九回に一気にひっくり返した。
一死から代打石川が四球で出塁。ベンチが盛り上がり始めた。続く渡辺は捕邪飛で倒れたが
「まだまだ」と春日部共栄ベンチは沈まない。前田が安打し一、二塁、続く井上はファールで粘って四球。満塁から主将で4番の鶴岡が打席に立った。「楽しもうという気持ちだった」。カウントは2ー2、埼玉栄のエース木村の得意球、スライダーを運んで右越えの、走者一掃の三塁打で追い付いた。続く射手矢もスライダーをたたき、決勝点となる二塁打。5回戦の滑川総合戦同様、
土壇場で集中力を発揮し、甲子園を手にした。
「みんな笑っていた」と春日部共栄の本多監督が言った。「究極の場面でいかに楽しめるか。
これを実践するためにここまでやってきた。普通は楽しめない楽しめたから結果が出た」。胴上げでは優勝回数分の4度、宙に舞った。
逆転負けに呆然の埼玉栄ナイン。九回二死カウント2ー2、あと一球で甲子園だったが、7年ぶり2度目の頂点が目の前でスルリと逃げた。182球の力投を見せたエース木村は号泣。だが、
一球の恐さを知った右椀はまだ2年生。これからだ。
鶴岡主将は、楽しんでここまでやってきた。甲子園も全力でやるだけ、と答えた。
春日部共栄の甲子園初戦の相手は、大阪の強豪、大阪桐蔭。大阪桐蔭のエース辻内が「春日部共栄なんて知りません」と言ったことに、鶴岡をはじめ、春日部共栄ナインはムッときた。一泡ふかせてやろうと試合に臨んだ。試合は、春日部共栄の先発の一年生投手難波が初回にいきなり失点するが、佐藤のタイムリー二塁打や、主将で四番の鶴岡の本塁打で序盤は主導権を掴んだ。ここで辻内はマウンドを降りた。しかし、5回突如、難波が乱れ逆転されてしまった。が、
今年の春日部共栄は違う。七回同点に追い付いた、まだまたこれからという矢先に、難波の後を受けた今井が、その裏、途中からマウンドにあがった大阪桐蔭の一年生中田に痛恨の逆転本塁打を浴びた。これが決勝点となってしまった。粘る春日部共栄は九回に二死満塁のチャンスを作ったが、中田の140`台中盤のストレートに後一本が出ずに試合終了となった。
埼玉大会の滑川総合戦、埼玉栄戦のような粘りを最後まで発揮したナインには涙があったが笑顔もあった。楽しめたからここまでこれた。今年の春日部共栄は、ミラクル秀明と並ぶミラクル共栄だった。
主将の鶴岡はAAAの日本代表に選ばれた。チームが違くとも、奇跡の男『鶴岡賢二郎』が日本代表にもミラクルを起こしてくれるはずだ。優勝めざして頑張れ。

                 2005年 8月 do_as

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。メールして下さい。