1988年春 宇都宮学園×上宮
 昭和63年、第60回選抜高校野球大会。記念大会ということで
選抜大会最多の34校が出場して行われたこの大会で私は生涯忘れ
られない試合を見た。準々決勝の第2試合、宇都宮学園vs上宮戦で
ある。元木(現巨人)種田(現中日)の2年生三遊間、中野、嘉祥寺
らどこからでも一発が飛び出す攻撃力で秋の近畿大会を制した上宮、
出場校増枠の恩恵を受け関東地区5番目の選出ながらも秋の関東大会
で東海大甲府に敗れるまで38連勝した真中(現ヤクルト)高島(元
近鉄)らを中心に強打を誇る宇都宮学園。新聞とかの予想では実力は
互角、打撃戦は必至。とかと書いてあったような気がする・・・
ともあれ11時に試合は始まった。

上宮壬生、宇学影山とどちらの投手も技巧派、変化球で交わすタイプ。
3回まで両チーム無得点、試合が動いたのは4回裏、上宮4番の元木が
影山のストレートを叩くと左翼席に入るホームラン。元木も打った瞬間
ガッツポーズの会心の一撃だった。試合はこの後上宮が加点して6回を
終わって5−0。「やっぱり大阪のチームは強い」と実感しはじめた。
強力打線同士の戦いというのはどちらかが爆発して、どちらかが沈黙
する。結果、ワンサイドゲームになると言うのも少なくはない。東北人
の私は近県の宇学を応援していたので少しがっかりしはじめてた。
ところが7回に3点、8回に2点を返しついに5−5の同点になった。
しかしその裏、上宮5番嘉祥寺が影山を途中リリーフした稲垣から左翼
ポール際へ自身今大会2本目となる勝ち越しのソロホーマー。でも私は
まだ何かあると確信していた。 

6−5上宮1点リードで迎えた9回表宇学3番真中が倒れ一死、次打者は
4番高島。実は私、この高島が今まで見た球児の中で一番好きな選手だった
のである。今ではよく見かけるが当時、春の選抜大会でアンダーシャツを
着てない選手は本当に珍しかった。身長170pと小柄なわりにスイングが
非常に鋭く同時に勝負強さも兼ね備えていた。この試合を解説していた
鴨田さん(新居浜商を全国準優勝に導いた名監督)が今大会で一番いい
振りをしてる選手と高島のことを言ったのだ。何球目だったか忘れたが
壬生の投げた瞬間ボールと分かる球を強振、一瞬どこへ飛んだか分からない。
つぎの瞬間カメラは右中間のフェンスを映していた。深々と破る二塁打。
同点のランナーが出た。5番影山は一塁ゴロに倒れ二死三塁、上宮ベスト4
まであと一死。ここでドラマは起きた。壬生も慎重になりすぎたのか稲垣へ
投じた低めへの変化球がホームベースの前で大きく弾みまさかの暴投。
三走高島が懸命に走る。頭から滑り込み同点。まさかの同点6−6。
試合は9回裏「この回抑えて延長に持ち込もう」と宇学ナインが守備へ
着こうとした時、事はおきた。「キャッチャー高島君に代わりまして・・」
と交代のアナウンス。前の攻撃で同点のホームを踏んだ高島はヘッド
スライディングした際指を痛めたらしいのだ。控えの捕手が慌ててレガース
とプロテクターを着けてグランドへ出た所へ救護室から帰った高島登場。
何か審判と話をしている。懸命に訴えているようだ。審判に帰りなさいと
振り払われるがまた詰め寄る。結局、納得したかどうかは分からないが
引き下がるはめに。この時高島はグランドの土を蹴り上げる悪態をついた。
私もこれには吃驚した。と言うよりこれほど闘争心を顕わにする高島に
感動すら覚えた。審判との会話は大体察しがつく。

高島「けがは大丈夫です。交代は取り消して下さい」
審判「交代は告げられている、認めなられないからベンチにもどりなさい」
おおよそこんなところだろう。

高校生にあるまじき行為をとり非難を浴びるはずの高島が可哀相で仕方なかった。
試合は延長12回に宇学が2点取り、その裏の上宮の攻撃を1点に抑え
8−7で勝利した。
本塁打2本を含み20安打近く打った上宮の打線は迫力があったが
高島を中心にした宇学の野性味溢れる闘志の野球はそれを完全に上回って
いた。

甲子園大会で一番面白いのは準々決勝、野球で一番面白いスコアは8−7
とよく言うがそれ以上に素晴らしい試合だった。試合時間3時間25分。
この時私は思った。「今日の第4試合ナイターだな」と。

                    2001年 1月 M.H 

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。