道産子パワーの真髄・北の大地が燃えた夏(2004年駒大苫小牧の軌跡)
2004年8月22日、大観衆で埋まった甲子園球場で第86回全国高校野球選手権大会の決勝戦・駒大苫小牧(南北海道代表)−済美(愛媛)は行われていた。9回表・二死1,3塁、13−10で駒大苫小牧3点リード、バッターは高校球界ナンバーワンスラッガー済美の4番・鵜久森、駒大苫小牧のピッチャー鈴木の投じた速球は鵜久森のバットを詰まらせた内野フライ、ショートの主将佐々木孝介のグラブにボールが収まった瞬間、甲子園球場をはじめ北海道など日本中が沸いた。そして中学二年生の僕は、テレビのまえでその瞬間を目の当たりにした。 駒大苫小牧が両チーム合計39安打の壮絶な打撃戦を制し、真紅の大旗が北の大地にわたった瞬間だった。 駒大苫小牧は思えば昨夏、倉敷工業との1回戦で相手のエース陶山を打ち込み4回途中まで8−0と大量リードをうばっていた。しかし甲子園の魔物はここに潜んでいた、雨が降り出し降雨ノーゲームとなった。過去3回の甲子園で果たせなかった勝利はまたも逃げていき、翌日の仕切り直しでは2−5の敗戦、苫小牧ナインにとっては非情すぎる結末を迎えた。 春夏連続出場のチームから新チームへと移行されて迎えた秋季全道大会では決勝では鵡川に逆転負けを喫し、3季連続出場の夢を断たれた。鵡川は選抜で八幡浜に勝利し、1勝を挙げた。苦難は続く、エース鈴木のケガによる離脱。しかし層の厚さで春季全道大会を2年生でエース番号を背負った吉岡の力投で制覇した。そしてその3週間後、夏の南北海道大会が幕を開けた。室蘭地区の代表決定戦では選抜出場の宿敵・鵡川を7−0,と投打にわたって圧倒、7回コールドで勝利した。準決勝では3−2の9回サヨナラゲーム、決勝では北海道栄を6−3で下し、2年連続4回目の夏の甲子園出場を決めた。そして、旧チームからのメンバーの、キャッチャー糸屋、ファースト桑島、センター桑原、エース岩田、ショートで主将の佐々木孝、ライト沢井、二枚看板のピッチャーの一人・鈴木、4番のレフト原田、そしてサイクルヒットを記録する林らを中心とした最強打線の伝説が始まる。駒大苫小牧は8月12日の大会6日目第一試合(2回戦から)の登場、初戦は佐世保実業(長崎)との対戦、3回に先制されたがその裏沢井のツーランで逆転、その後も着実に加点し15安打7点と試合の主導権を握り、9回無死満塁のピンチをリリーフの鈴木が三者連続三振に抑え勝利をもぎ取った。念願の甲子園初勝利、北海道勢通算50勝目、昨夏の悔しさを晴らす勝利、と北海道の球史そして駒大苫小牧にとって記念すべき勝利となった。続く3回戦はPL学園を相手に毎回安打を記録し、両チーム計26安打の打撃戦を制した日大三高と激突。1番の松島は1試合6安打の大会記録を出し、4番の佐々木は初戦でホームランを打った今大会注目のスラッガー。ピッチャーの浅香はPLから12奪三振と好調、これは日大三が勝つだろうと思っていたがしかし道産子パワーの底力は僕の予想を上回っていた。1回に先制、2回にも加点し3−0、2点を返された後の3回にも1点を奪い4−2と突き放した。その後は両投手が投げ合い0行進、8回日大三が意地を見せ、4−4の同点に追いつかれたが続く一死満塁のピンチを三振ゲッツーで切り抜けるとその裏駒大は、鈴木、桑原の適時打で勝ち越すとさらに沢井の右中間三塁打で加点し7−4とした。しかしなおも粘る日大三高は9回二死満塁から後藤の2点タイムリーで7−6とした、だが最後は鈴木が三振にきって取りベスト8を決めた。対東京勢の勝利は54年ぶりとまたしても記念の勝利を手にした。準々決勝は東の横綱・横浜、名将渡辺監督に率いられた名門は強力打線に堅い守り、そして大黒柱のエース涌井は高校球界屈指の投手でここまで3試合連続完投の安定した投球を見せていた。2回戦の京都外大西戦では延長11回14奪三振でMAX147キロを記録、155球の完封、と完璧だった。総合力では間違いなく優勝候補の筆頭に挙がる横綱を駒大は道産子パワーで粉砕した。この試合での主役は2年生の林、2回バックスクリーン右へソロ、3回にレフトへツーベース、5回はライトオーバーのスリーベース、締めは7回レフト前へヒットを放ちサイクルヒット達成(史上5人目)涌井を18安打6点で沈め、6−1。横浜を10残塁に終わらせた。北海道勢76年ぶりのベスト4進出を果たした駒大のパワーにただ驚かされるだけだった僕は駒大の打線にすっかり魅了されてしまった。準決勝ではともに初の決勝進出を狙う対戦となった。相手の東海大甲府も強打のチームで打ち合いとなった。先発の松橋は147キロを記録し、甲子園を沸かせた。序盤に先行し、松橋ー鈴木ー岩田と継投で東海大甲府の猛追をかわし10−8、逃げ切って北海道勢初の選手権決勝進出を果たした。8月22日、ついに大会は決勝を迎えた。相手は創部三年で選抜を制した愛媛の済美、1番から9番まで切れ目なく強打者が揃っている打線、140キロ台の速球を投げる2年エース福井を擁し初出場で春夏連覇を目指すチーム。運命の決勝は13時1分プレイボール、初回に済美が2点、だがこれはまだ始まりに過ぎなかった。その裏林のスリーベースで駒大は1点、1−2、2回に済美が3点を取り、1−5、やはり限界かと思ったら3回に2点、4回に3点で6−5と逆転。対する済美は5回小松のソロで同点とすると6回に5安打を集中し3点、6−9となるも駒大は糸屋の2ラン、福井をKOすると同点にも追いつき9−9、駒大マーチが響く中7回に佐々木孝、桑島の連続ツーベース、鈴木のタイムリーで12−9、8回にも糸屋のタイムリーで加点し済美をねじ伏せた。済美は8回に1点を返すも9回のチャンスは生かせなかった。そしてついにゲームセット、やった、やった、優勝だ、マウンドに集まる駒大ナイン、そしてスタンドが俺たちがイチバンだと、指を突き上げた。佐々木主将の誇らしげに受け取った優勝旗が白河の関を越え、津軽海峡も越えた。この夏は今までで一番感動した夏だった。 チーム打率.448(大会記録)、サイクルの林、7割打者の糸屋をはじめ記録を生み出し、高校野球史上に名を残した駒大は05選抜に出場を決めた。さあ今、駒大苫小牧のあらたなる挑戦が始まる。
                    2005年 3月 shuta atsumo

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。メールして下さい。