2004年夏 駒大苫小牧×済美 2年越しに掴んだ栄冠
駒大苫小牧高校の2004年夏の甲子園を語る前に、前年2003年夏の駒大苫小牧高を語らなければいけない。 2003年・夏、駒大苫小牧高は南北海道大会で圧倒的な強さを発揮し、2年連続で、そして初の春夏甲子園出場を果たす。 圧倒的な破壊力を誇る打線と、エース・白石を初めとする層の厚い投手陣のバランスから「北海道史上最強のチーム」 と呼ばれ、どこまで勝ち上がるのか期待された。 そして迎えた初戦。倉敷工との対戦は、「台風十号」との対戦でもあった。 序盤から破壊力満点の打線が火を吹き、8-0とリードしたその刹那、甲子園の女神はこのチームに試練を与える。 「雨天ノーゲーム」 翌日の再試合は、徹底的に研究された駒大苫小牧が2-5で涙をのんだ。
新チームは苦難の連続だった。 エース候補・鈴木の離脱、秋季道大会決勝での敗退=センバツ出場ならず。 しかしその苦難は、着実にこのチームを強く、逞しくした。 そして迎えた2004年夏・・・ 北の横綱は、南北海道大会を勝ちあがり、3年連続で夢の舞台へと進んだのだ。 エース・岩田、好投手・鈴木を筆頭に登録選手18人中、実に6人が投手という一見ディフェンスのチームが、 大舞台で大化けする。 初戦の佐世保実戦は、エース岩田の好投に打線が答え15安打7得点で7-3。 念願の甲子園初勝利は道勢通算50勝のおまけが付いた。 次の日大三戦では、圧倒的に劣勢の下馬評もなんのその、先手先手に攻めまくる。 岩田の不調を鈴木が埋めて最強・日大三打線から17K 11安打7点で7-6。 「このチームは着実に強くなっている」それが私の印象。それでもまさか・・・ 準々決勝・横浜戦。大会屈指の右腕涌井を、駒大打線は翻弄する。 2年生・林が2回に先制HR。 ポーカーフェイス・涌井の表情から明らかに冷静さが消えた。 林はその後の打席でも打ちまくり、史上5人目のサイクルヒット! この日も18安打で6-1。 道勢76年振りの四強だ! 試合後の選手達のコメントがいい。 「140キロ投げる投手は北海道にもたくさんいる」 「北海道なめんなよ!」 こんなに気持ちいい台詞を10歳も年下のお兄ちゃんが言ってくれた。 「目標は全国制覇です!」 僕が高校球児だったころ、「北海道だから・・・」その一言で、彼らの言う「全国制覇」など、真顔では決して言えない、言えば ジョークにされてしまう。その言葉は確信に満ちていた。 東海大甲府との準決勝は後半追い上げられるも14安打10得点で10-8。 初登板の2年生・松橋が145キロのストレートで甲子園を沸かす。 道勢初の決勝進出! 私は「このままイケル!」と思いながらも、不安な決勝戦当日を迎える。
対するは、創部3年目にして、選抜の覇者、名将・上甲監督率いる済美高校。 「全国制覇」は初回から黄色信号が漂い始める。 0-2、1-2、1-5 圧倒的に隙の無い済美の攻撃にエース・岩田は力尽きる。 2番手・鈴木も本調子には程遠い。 「やはり、ここが限界なのか・・・」 いやしかし、このチームをなめちゃいけない。 3-5、6-5 大逆転を見せる!もうウハウハだ。 1点取られれば1点返す。 3点なら3点返す。 回が進むにつれ、「優勝」よりも、一野球ファンとして「最高の試合」に引き込まれていく。 そして9回表。 屈指のスラッガー鵜久森の打球は、主将・佐々木のミットに納まった! 優勝だ!優勝だ!深紅大優勝旗が、東北を越えて、北海道に渡るのだ! 10年前、口には出せなかったが、毎晩夢に描いていた光景を、この子達がやってくれたのだ!
13-10 稀に見るシーソーゲームを制し、駒大苫小牧が、道勢初の快挙を成し遂げたのだ!
閉会式が終わると、その時を待っていたかのように、雨が降り出した。 女神は時々、こーいった憎い演出をする。
そして2005年春。 駒大苫小牧はセンバツに出場する。 まずは1勝!そしてそれは道勢通算55勝を意味する。 このチームの伝説は終わらない

                    2005年 2月 T.Hiraizumi 

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。メールして下さい。