2001年夏 九産大九州の夏
21世紀最初の大会となった2001年夏の第83回選手権大会。大会史上最高打率
で優勝を飾った日大三、豪腕・寺原隼人を擁しベスト8に進んだ日南学園、初出場な
がらも怒濤の快進撃で同じくベスト8に進んだ明豊など、幾多の好チームが熱戦を繰
り広げたが、この大会を振り返る上で私にとっては絶対に外せないチームがある。そ
れが九産大九州である。

九産大九州は春は1999年の第71回大会に出場していたが夏は初出場。優勝候補
・東福岡が準々決勝で敗れるという波乱含みの福岡大会を佐伯、吉野の2枚看板と強
力打線で勝ち上がっての甲子園出場だった。 
初戦は大会2日目第3試合、弥富(愛知)との対戦。4回まで0−0と緊迫した試合
展開だったが、5回裏、2死三塁から鈴木がタイムリーツーベースヒットで先制。佐
伯、高橋とつないで四球をはさみ平原がタイムリーヒットでこの回4点。6回裏には
4連打を含む6安打でさらに4点を追加。守ってはエース佐伯が被安打7,失点2の
好投。9−2と勝利した。この試合を見て私は、「これはかなりの所まで行けるので
はないか」と期待した。
大会8日目第2試合、九産大九州は松山商(愛媛)と対戦する。松山商は初戦、駒大
苫小牧(南北海道)との対戦で7−6と辛勝していた。強豪とはいえ、十分に九産大
九州にも勝機はあると私は考えていた。
松山商の先攻で始まった試合は1回表、池田の2点タイムリーツーベースヒットで松
山商が2点を先制。さらに6回表、伊藤章と弓達がそれぞれ2点タイムリーツーベー
スヒットを放ち4点追加。7回表にも1点を加え、0−7というスコアで7回裏を迎
えた。
松山商・阿部投手は7回まで相手打線をノーヒットに抑えていた。初戦では6失点と
大乱調の阿部だったが、この日は別人のような投球を見せていた。九産大九州・森崎
監督が「意地を見せてこい」と送り出したこの回も、厚、平原が連続三振にうちとら
れ2死走者なし。このとき、私は「横浜・松坂以来のノーヒットノーラン達成か」と
思う一方、「なんとか意地をみせてくれ」とも思っていた。そして打席に4番・植津
が入った。
植津は初戦、チーム内で唯一ノーヒットに終わっていた。この場面でも、「ノーヒッ
トノーランをやられるかもしれない」とあきらめかけていたという。しかし、打席に
入ると「きた球を思い切り振ろう」と集中し、初球の内角直球をセンター前ヒット。
初ヒットが生まれた。
ここから反撃が始まる。中石、吉田、広渡とつなぎ3点を返す。ここで松山商は阿部
から稲垣へスイッチ。しかし鈴木もヒットを放ち2死一、二塁。打席には吉野。7回
の途中からマウンドに上がっていた。フルスイングした当たりはレフトスタンドへ一
直線。スリーランホームラン。この回、一挙6連打で6点を返し、1点差まで詰め
寄った。
壮絶な追い上げに私は鳥肌が立った。7点差、しかもノーヒットからの6連打であ
る。これは勝てないと嘘だ、と感じた。
しかし、この後反撃を見せることはできず、九産大九州は6−8で敗れた。初出場な
がら鮮烈な印象を残した九産大九州の夏が終わったのである。


高校野球の魅力は数多くあると言えど、その最たるものは「最後まであきらめない」
ということではないかと思う。その意味で、この夏の九産大九州の戦いぶりは高校野
球の原点を見たような気がしてやまないのである。

                    2004年 2月 上杉 

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。メールして下さい。