2002年夏 一関学院×樟南
             弱小岩手県勢意地でつかんだ1勝 

            〜一関学院、優勝候補樟南を撃破!〜

  「今年も岩手県勢は初戦敗退か・・・・・。」岩手代表一関学院の対戦相手が決まった。
優勝候補の強豪鹿児島樟南である。岩手県勢は皆さんも知ってのとおりなかなか初戦突破できない。
もうそれが普通のことになっていたが悔しさはとても強くあり、毎年、今年こそはと期待をしていた。
「しかし樟南だからな・・・・・・・。」私は半分諦めていた。
 試合前の監督の談話で樟南枦山監督は「普通の試合をすれば勝てる。」と完全に岩手の野球は
なめられていた。私は大変悔しく思った。「頼むから勝ってくれ!」私はかすかな期待を胸に一関学院
の勝利を祈った。
 試合が始まった。樟南岩崎はさすが九州一といわれるだけはある、球の伸び、キレもいい、
そんな岩崎の前に一関学院打線は沈黙していた。「やっぱりだめか・・・・。」テレビで応援していた
家族全員にそんな空気が高まっていた。おそらく応援していた多くの岩手県民がそう思っていた
のではないだろうか。一方、一関学院阿部はヒットをバンバン打たれて・・・・・・いやそうではない、
緩急をつけた球をコースを選びながら丁寧に投げている!まだ一点も取られていない。
「これはいける!」私は信じつづけた。両者無得点で迎えた5回、試合がうごいた、4番田中の打球は
平凡な内野フライ、しかしファーストがそれを落球しノーアウト一塁、さらにバントで送って
1アウトランナー二塁、得点圏に走者が出た!ここでランナー田中3塁へスチール、判定はセーフ
1アウト3塁先制のチャンス到来。これには私も含めテレビの解説員も驚いていた。
ここでバッターは植松、監督からサインが飛ぶ、岩崎の2球目低めに決まるスライダーだここで
植松はスクイズの構えを見せた。私はその瞬間周りのものが見えなくなった。「カキン」バットに
ボールがあたる音が鳴り響いた。いいスクイズだ!3塁ランナーがホームに帰ってくる!
「岩手の一関学院先制!」実況がそう告げた。私の家はおろか、近所の家中から歓声が聞こえてきた。
そして9回、1−0、樟南最後の攻撃、2アウトランナー無し、阿部が最後の1球を投げた!ショートへ
の強いゴロだ、ショートがさばいてファーストへ送球「アウト!!!」岩手の野球が勝った瞬間だった。
「本当に勝ってくれた!」こんな感動を覚えたのは初めてのことだった。

                    2003年 8月 masa 

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。メールして下さい。