1995年夏 旭川実業×鹿児島商業
1995年の夏の大会は、私の人生に少なからず影響を与える大会になった。

この大会といえば、スラッガー福留を擁するPL学園、春夏連覇を狙う観音寺中央、
強打者沢井でセンバツ準優勝した銚子商業、他にも吉年の関西、
2年生エース山本省の星稜といった顔ぶれがそろい、結局優勝したのは白木、
本家の継投で勝ち上がった帝京高校であった。

しかし、この大会で「台風の目」として旋風を巻き起こしたチームとして、
私は旭川実業を挙げたい。

私は北海道出身であったので、毎年代表に選ばれる道勢2校を当然ながら注目してい
た。しかしこの年は南北海道が北海道工業、北が旭川実業で共に初出場校、
おまけに抽選の結果初戦は旭川実業対松山商業、北海道工対PL学園と
決まったため、「今年の夏は早そうだ」などと勝手に思い込んでいたのである。

しかし、道工こそPLに敗れたものの、旭川実業は当時、過去夏4回の優勝を誇る
松山商業を5−4と破って、2回戦に駒を進めたのである。この結果北北海道勢は
3年連続で初戦突破を果たした。しかし過去2年は2戦目でいずれも
大差(旭川大3−11育英、砂川北1-10北海)で破れていたので、
内心「次で終わってしまうのではないか」という不安に駆られていた。

そして、8月15日、大会9日目の第3試合、2人の二年生投手山田、石塚を軸にする
鹿児島商業との試合が始まった。

初回は旭川実業の角井、鹿児島商業の山田ともに3者凡退で打ち取って、投手戦の
雰囲気をにおわせた。しかし2回裏、鹿児島商業は1死から四球をはさむ
5連続長短打で5点を先取した。このとき私は、「いくらなんでも5点はきつい、
過去2年同様今年も負けてしまうかも」と心の中で思ったのを覚えている。

ところが5点取られた直後の3回表、2死1塁から2番サード山田、3番ショート早川が
つないで2死満塁。ここで4番キャッチャー岡田、5番ピッチャー角井の連続適時打で
4点を返し1点差に詰め寄った。追い上げムードが漂っていた分試合は振り出しに
戻ったも同然、と私は思ったしNHKのアナウンサー(確か工藤さん)もそう言っていた。

だが4,5回と旭実はランナーを出しながら得点できず、逆に鹿商は4回に1点、5回に2
点をそつなく追加して旭実4−8鹿商というスコアで前半戦を終えた。

そして6回、旭実は満塁の好機から4番岡田への押し出し死球と、ワンバウンドの投球
を前にはじいた捕手の隙をついた坪崎の本盗が成功して2点加点して6−8とするも、
その裏角井をリリーフした川村が連打を浴びて3点を奪われ、
6-11、始めにとられた5点差に戻ってしまう。

しかし終盤、旭実の猛追が始まった。

7回表、先頭の7番山崎がセカンドゴロエラーで出塁すると、8番稲葉の左中間ツー
ベースで7-11、1番坪崎、2番山田がつないで8-11、そして3番早川のツーベースで
坪崎、山田が生還、10-11と一点差に詰め寄ると続く8回の表、7回途中で山田を
リリーフした石塚を攻めて9番ピッチャーで入っていた川村のヒットでついに11-11、
試合を振り出しに戻した。

しかしその裏、鹿商は川村に連打を浴びせて2点をあげ11-13、2点を追いかける形で
9回の攻防を迎えた。

旭実は先頭の2番山田がヒットを打って出塁、ランナーが出れば即得点、といった
ムードも後押しして甲子園はどよめく。
そして続く3番早川の打球は鹿商のレフト片山を襲う。

浜風に乗って伸びていく打球、私は「長打で1点」と心の中で確信した。

しかし背走を続けた片山がフェンスにぶつかる間際の打球をスーパーキャッチ、
そして私、いやあの試合を見ていた全道民の心同様自分の生還を確信して
いただろう山田は3塁前まで進んでいた。帰塁及ばずダブルプレー。

2死ランナーなし。

この瞬間、私の心の中には無念さと旭実ナインの健闘を称える気持ちとが同居
していた。相手のファインプレーによる併殺、流れは完全に鹿商、このまま押し切って
しまうだろう、とあの試合に携わっていた人ほとんど全ての人がそう思ったに違いない。

しかしそう思っていなかった人達がいた。当の選手達である。

ランナーがなくなって打席に入った4番キャッチャー岡田、石塚の直球をあの片山の
いるレフトに運ぶ。

フェンスによじ登る片山。私は「また捕られるのか」と危惧した。それほどその前の
ファインプレーが印象的であったということだろう。

しかし打球はその片山のはるか頭上をこえていった。ソロホームラン、
12-13で一点差。

この時、一塁側スタンドでホームランに湧く旭実応援団と、三塁側スタンドで、
「まだ一点ある」とばかりに人差し指をあげる鹿商応援団の様子が
映っていた。確かにホームランで一点差にはなった。しかしそれは同時に、片山の
ファインプレーをより印象付けるようでもあった。「ダブられてさえいなければ」
と私は思った。

そして続く5番、マウンドを渡してセンターについていた角井の打球はやや高く弾ん
だ、しかしぼてぼてのサードゴロ。一塁スタンドから悲鳴があがる

しかし、両校が何度となくかけ巡っていたダイヤモンドはひどく荒れていた。打球は
サードをあざ笑うかのように高くレフト線にイレギュラー、
角井は二塁へ達した。胸をなでおろす一塁側スタンドが映し出される。

そして続く6番岸部は、微妙なボールを選んでフォアボール。

ツーアウト2塁1塁。

不思議なことに、このフォアボールで逆転のランナーが出た、という意識は見ている
私にはあまりなかった。「同点のランナーが2塁にいるままだ」という感じがした。
個人的な感覚では、このフォアボールが出た時点では両校に大きな流れの
変化はなかったように思う。

続くバッターは7番山崎、「今日の試合打席に立った中で唯一ヒットがないバッター」
と紹介される。

そしてその山崎への初球、旭実は意表を突いた策に出た。

ダブルスチール。9回に入ってからの石塚の初球が全てスローカーブだったことを
見越しての策だった。キャッチャーどこにも投げられず。

ツーアウト2塁3塁。

続く第二球、外角高めのストレート。山崎は逆らわずにレフトへ。角井の打球も含めて
この回四度目の打球が片山を襲う。

ライン際に詰めていた片山。「捕ってしまうのか」という不安をよそに、背走する片山の
頭上を打球は超えていった。タイムリースリーベース。

14-13

打球が抜けていった時、私は感動で涙がこぼれた。狂喜乱舞の1塁側スタンド。

これが決定打だった。その後もう一点を暴投で加えた旭実は、9回再び角井がマウンド
に上がって鹿商を0点に抑えた。



    旭実  004 002 414 15
    鹿商  050 123 020 13


今でもこの試合をビデオでみるたび、胸が熱くなる。この後旭実は3回戦で沢井擁する
銚子商を4−2で下し、北北海道勢初の8強入りを達成した。

これがきっかけで帰宅部で運動音痴だった私は野球を始めた。大学生になった今でも、
スポーツに勤しんでいる。そして、くじけそうになったとき、部をやめたくなったときには、
この試合のビデオを見ているのである。

95年のような暑い夏がまた北海道に訪れるのを期待してやまない。
                    2003年 5月 siren 

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。メールして下さい。