熱の始まり  2002年夏 千葉県大会
2002年ー今年の夏、私は大学に進学してからの初の夏休みに期待と開放感を胸いっぱいに感じていた。もちろん、その感情はまだ高校野球に魅せられる前の私のものだから、「今年はどんな熱い夏になるのかな?」とか、「おもいっきり野球が観戦できる!!」と、いったものではない。単に、「遊びまくれる!」といったものだった。球児が夢の甲子園に向けて汗を流し、必死に白球を追っていた頃、私はそんな気持ちに胸踊らさせていたのだ。

しかし、転機は各地で地方大会が始まりだし、高校野球の熱が夏の暑さとともに加熱しはじめた頃、悲劇というかたちで訪れる。バイト先で火傷をおったのだ。そしてこの火傷が思った以上にひどく、これにより夏休みに計画していた全ての計画は中止。更には感染予防のため個人部屋に隔離までされてしまう。絶望的だった。「18の夏という貴重な時間を、無意味なものにした」と、嘆いた。が、私はその後そんな無意味と思われた狭い空間に、一つのテレビを発見することになる。今考えれば、このテレビをつけたことが全ての始まりだった。

そこの病室のテレビは幸運なことに、東京、神奈川、埼玉、千葉、全ての地方テレビが見れた。つまり、それら全ての高校野球地方大会の中継を見ることができたのだ。初めは関心を寄せなかった私も、病室から出ることのできないあまりに退屈な生活のため、自然と高校野球をつけたままにするようになる。先にも言ったが私はその時絶望を感じていて、あまりまともにはみていなかったが。。。。
そんな入院生活にたいする苛立ちもピークに達してきたある日、私は千葉テレビで「拓大紅陵対木更津中央戦」を見ることになる。いつもなら集中してみていない私も、「選手の中に有名人に似ている人がいる!」という不純な動機から観戦しはじめた。が、この不純な動機から見始めたこの一戦が、高校野球に魅せられ後々何十、何百と試合を観戦することになる運命的な試合になったのだった。


回は延長10回の裏、木更津中央に2点を取られた後の、少しあきらめが感じられるその回で、私は奇跡を目撃する。
4番片岡くんの同点2ランだ。外の直球を勢いよく打った瞬間、そのボールはライトスタンドへ。それと同時に空へ舞い上がる沢山の紅色のメガホン。とてもとてもきれいだった。今思い出しても鳥肌がたつ。
更に奇跡は続きその直後に放たれた5番鈴木くんのサヨナラホームラン。。。この光景を見たとき、すでに私の頭の中には、まさにその時治療している最中の傷の事は頭になかった。あまりの感動にベットから乗り出した私に、看護婦さんが慌てるほどだ。。。
その後にも選手権大会で、今年の優勝校明徳義塾が同じように常総学院相手に本塁打を2本打ったが、やはりこの時見た拓大紅陵の試合よりは印象が薄いのだからよほど、私はあの時高校野球というものに初めて魅せられたのだろう。

拓大紅陵はその後も順調に勝ち進み、甲子園行きの切符を手に入れる。そして、全国高校野球選手権大会で、対智弁学園戦での悔やまれた試合を終えた頃私の入院生活にも終わりを迎えた。

最後に、拓大紅陵の選手達は確実に、私に大きな感動を残してくれた。そしてその感動は、野球の素晴らしさに気付かさせてくれ、これから見ることになるだろういくつもの感動と私を結びつけてくれた。本当に本当にありがとう。


もし、あの時あの試合をみなければ
もし、あの時テレビをつけなければ
もし、あの時火傷をおわなければ
出会う事のなかったもの。。。


今、私の中には「18の夏という貴重な時間を、無意味にした」という感情は、すこしもない。

                    2002年 9月 kana.kirari 

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。メールして下さい。