1994年夏 佐賀商業×樟南
1994年夏ーもうだいぶ昔の話になっちゃうかもしれないけど、あの夏私は高校野球のとりこになりました。まだルールもあんまりちゃんとわかっていなかったけど甲子園でプレーする選手たちのの一生懸命さに魅かれました。

 1994年8月21日 甲子園 決勝 佐賀商業ー樟南
樟南のエース福岡の初球はストライク。4連投の疲れをまったく感じさせない立ち上がりだった。樟南田村ー福岡のバッテリー。前年の夏は雨に笑い、雨に泣いたチームだった。そのときはまだ2年生ということもあり、翌年もきっと甲子園にきてくれると信じていた。 満を持しての決勝戦。樟南有利と言われ、私も樟南の勝利を信じ、心から祈った。

1回表ー佐賀商業はヒットでランナーを出すものの次打者の打球が走者にあたり3アウト。 1回裏、佐賀商業の投手は2年生の峯。地方大会では背番号11をつけていたが、この甲子園では5試合を一人で投げ続けていた。 1アウトから四球のランナーをおいて送りバント。2アウト2塁。4番ピッチャーの福岡はショートゴロで3アウト。初回は両校とも0点に終わった。

2回裏ー樟南は田村、谷口の連打で先制のチャンス。バッターは甲子園でヒット1本だけのセカンド岩切。 その岩切のあたりはセンターを抜くタイムリー3塁打!!樟南2点先制。続く鶴丸は四球で走者、3塁1塁。打順はトップに戻って香川。エンドランをしかけたのが佐賀商業の内野のミスを誘い、内野安打となってさらに1点追加。

3点もらって流れにのった樟南バッテリーは5回まで佐賀商業をヒット2本に抑えていた。

6回表ー佐賀商業トップの吉田は絶妙のセーフティバント。しかし続く飯盛のバントを田村がセカンドへ好フィールディング。得点圏にランナーを進ませない。ところが粘る佐賀商業は続く宮原がセンター前に運び1アウト2塁1塁。 キャプテンの西原のタイムリーヒットで1点を返す。さらに山口へのワイルドピッチで3塁ランナーがホームイン。2点目を失う。
リードはしているものの福岡には苦しいマウンド。いやな流れになってきた。しかも山口は三遊間を抜くタイムリーヒットで同点においつく。

6回裏ー佐賀商業、峯は同点のプレッシャーからか先頭田村に四球、続く谷口には死球を与え無死2塁1塁のピンチ。下池が送って、ここでバッターは2回に先制のタイムリーをはなっている岩切。
スクイズ!!ピッチャー前に転がし三塁ランナー田村がホームイン4点目。樟南が再び突き放した。

7回表ー再びリードをもらった福岡だが、リズムは徐々に崩れていた。先頭峯のゴロをショートが悪送球、カバーに入った田村の送球もランコーにあたってしまう。(これが9回の伏線になるのだが、今はまだ何も言わずにおこう)この回はなんとか0点に切り抜けた。

8回表ー佐賀商業は再び攻め立てる。四球のランナーを2塁に送り、バッターは6回に同点タイムリーを打った山口。センター前タイムリー

決勝戦は終盤で再び振り出しに戻った。
9回表ー先頭峯は1,2塁間を抜くヒット。続く橘がきっちり送って1アウト2塁。8番吉田はレフト前ヒット。峯は3塁ストップ。強攻策かスクイズか、これまで何度も田村の読みが樟南を救ってきた。
代打林へカウント1−1からの3球目ースクイズ!?はずした!!三塁ランナー峯がはさまれる。しかしー!!
佐賀商業のスクイズを見事に読みきった樟南バッテリー。しかし田村の送球がランナーの峯にあたってしまった。
結局林は四球で出塁し満塁。
一番に戻って宮原。カウントは1−3。ストライク!!6球目はファール。7球目ー空振り三振!!2アウト
あと一人。あと一人抑えれば…

続くバッターは2番キャプテンの西原。その初球

はいったー!!   決勝戦史上初めての満塁ホームラン。
大きな大きな4点が佐賀商業にはいった。

その裏開幕からたった一人でマウンドを守った佐賀商業峯の726球目ー空振り三振。
試合終了。

この試合9回の佐賀商業の攻撃、ほんとは怖くてテレビを見てられませんでした。再びテレビをつけたときちょうどホームランの場面でなにが起こったのかわかりませんでした。これを書くために何年かぶりにビデオを見て、熱闘甲子園も見て、また泣きました。あれからいくつもの夏を飛び越えて、すばらしい試合がいくつもありました。熊工ー松山商業の決勝戦。最近では80回記念大会のPL-横浜
横浜ー明徳義塾。でもやっぱり私の中の原点はこの佐賀商業と樟南の試合です。

樟南のエースだった福岡さんは去年野球をやめられました。
高校、大学と私は野球を通じていろんな人と出会うことができました。あの夏野球を好きになったおかげです。本当に感謝してます。ありがとうございました。 これから高校に進まれる人がいたら、絶対高校でマネージャーをやってください。私は今大学でマネージャーをしていますが、実はちょっと後悔しています。どんな弱いチームであっても甲子園を目指して野球をできるのは高校の3年間だけなのですから。
 

                    2002年 6月 rieko 

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。