2001年夏 高知室戸の流星
川越 将之(高知県立室戸高校 投手)
 「高知県室戸市」高校野球が盛んな県にありながら過去目立った成績もない漁業の
街。この地域に戦後設立された高校が県立室戸高校である。高校野球OBに聞くと、
「室戸にあたるとまず1勝って思ってました。」こんな返事が返ってくる。「甲子園
は夢のまた夢」こう思っていた野球部に、1999年4月「吉良川の星、川越将之」
が入部してくる。そして同年夏の予選3回戦室戸対明徳義塾、「甲子園は夢のまた
夢」選手がなんと優勝候補筆頭校に0−1の惜敗、ナイスゲームを展開したのであっ
た。「もしかしたら」「がんばれば」「俺たちにも」こう思った下級生の中に「必ず」
と誓った選手がいた。川越将之、後に室戸市民1万9千人の期待で大きく野球人生を
変動してしまうその人である。

 1年の秋からエースとしてマウンドに上り、右腕から投げ下ろされる剛球は唸りを
あげてミットに収まった。本格派右腕、1年上の東投手(宿毛−横浜)の活躍もあ
り、「西の東、東の川越」とファンの間で人気はうなぎのぼりであった。しだいに
チーム力もアップし室戸市民から絶大な応援を受けることとなる。「川越が3年のと
きは甲子園だ。」こんな話が街角で交わされるようになっていく。
2年の秋に名実ともチームの大黒柱となった川越は、剛球と共に秋の大会を勝ち進
む。打線も大いに川越を援護し、2桁得点で準決勝対高知戦をむかえる。センバツ選
考のかかる四国大会まであと1つ、県営春野球場には野球ファンだけでなく室戸から
大応援団が詰め掛けた。しかし左打者を多く並べる高知に対して横川監督(室戸)は
1年生左腕細松を初先発させる。古豪高知高校は甘くなく前半から中盤に細松を攻略
し0−5の劣勢な展開。慌てて川越に交代したが終わってみれば2−6の惨敗であっ
た。
 
 初めての上位進出と伝統校との対戦で、沢山のお土産を室戸まで持ち帰った川越
は、夏を睨んで黙々と練習メニューをこなしていく。そんな彼を室戸市民は心から応
援し賛同を送った。年が明け、高知県に桜前線が到達したころ、高知高校がセンバツ
2回戦で投手陣が打ち込まれ惨敗し姿を消した。「ああ、川越だったら・・・」こん
な室戸市民の気持ちが異常なまでに川越に注がれるようになる。春季大会も大応援団
の中、初めての決勝進出を果たし実力で県立1番校にのしあがる。夏のシードも3位
校となった。ますますヒートアップする期待。そして最後の夏の大会が開催される。
高校3年生では背負いきれない大きな期待を必死に背負う川越。チームのキャプテン
として、4番として、そしてエースとして・・・。背負えば背負うほど生き生きとし
た野球からはなれていく。辛さを決して顔に出さず、ナインを元気付ける川越の姿が
多く見られるようになる。
 
 チームは順当に勝ちあがっていく。1、2回戦は格下校との対戦とはいえ、ほぼ完
璧な内容のピッチングを披露するが、球威が今ひとつ足りない。不安を抱え、準決勝
あの高知高校と対戦する。「好投手対決」「本格派投げあい」「最高の組み合せ」こ
んな言葉が紙面を飛び交う試合であった。おそらく川越も高知戦が大きなヤマである
ことは十分承知していただろう。しかし、「がんばれ川越」の言葉が「室戸を勝たせ
ろ!」に聞こえていたのだろう。準決勝の川越は得意の剛球はなりを潜め、カウント
を取りにいった変化球をことごとく跳ね返され、2本塁打を含む14安打を放たれ
2−9の完敗であった。今まで元気づけていたナインから、逆に励まされ腕がちぎれる
ほど投げつづけた結果であった。
 
 試合後、マスコミ記者に川越は「室戸が負けたのではありません。僕が負けたので
す。室戸は負けてません。」とこぼしている。負けることを許さなかった市民の期
待、川越は誰に負けたのか?高知高校では決してないだろう。これでやっと開放され
る。やっと吉良川の星に戻れる。勝敗ではなく、川越自信のための野球に磨きをか
け、またどこかで彼の勇姿をスタンドで見てみたいものだ。お疲れさま川越投手、そ
して暑い夏をありがとう。

   2002年5月2日
「高知の白球」より http://www4.inforyoma.or.jp/~nkumi/

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。