1978年夏 PL学園×中京

中京 000101011000|4
PL  000000004001|5
当時、小学6年の私は、この昭和53年,中京VSPLが初めての甲子園でした。
途中で、急に雨が降りだし、その瞬間カチワリ氷を売っていた連中が
「レインコートいりませんかー?」と言い出した時はたまげました。
「さすが関西人たがね」とかあちゃん達が言っていたのも思い出されます。
実はこの年、3回戦で、昭和54年、春夏連覇する
箕島高と対戦し、3番栗岡さんの逆転3ラン(8回)5-4で勝った試合も印象に
残っています。準々決勝は、PLと同じ事をして(全国から人材を集めるという)
いた、奈良の天理に4-1で勝ち、惚れ惚れしていたのですが・・・
最後の押し出しで両ひざに手を置き、うなだれる武藤投手の姿がとても印象的でした。

逆転のPLを生み出したのは、中京だったことはあまり知られていないのが
残念です。(高知商の森投手もですけど)
                                                  平成13年6月  K.K



昭和53年夏。現在より暑い夏であった。
その日、私はいつもの様に部屋の扉や窓を全開にし、風速を”強”にした扇風機をまわし
ながら、準決勝第1試合PL×中京の試合開始をテレビの前で待った。
甲子園を観る側にとって準々決勝が終わると、後はあっという間である。
1日4試合の生活に慣れた身体は、11時前になっても試合がやっていない事に対しての
苛立ちや、寂しさに包まれる。
廊下には、”王貞治”のランニングシャツを着た小学生の小僧が横たわっている。
昼にさしかかる為、私はビールと寿司とスイカを用意した。
夏はこれが一番である。
そうしているうちに、テレビ画面に詰め襟のユニフォームが映しだされた。
中京の登場だ。みるからに風格がある。
祖父が通りかかり、「おっ”中京商業”か?中京商業はいつも優勝じゃけぇ、
相手がかわいそうじゃ。」とつぶやいた。
今の若年層は知らないかもしれないが、当時は中京が甲子園に出場しただけで、
「あっ、これで中京の優勝だ」と言うオールドファンが存在していた。
廊下から小僧がフンフンと鼻をならしながら、サイダーを2本ゆらして寄って来たので
声をかけた。
「おー小僧。どっち応援しよるん?」
小僧は薄笑いを浮かべながら返答する。
「中京じゃ。強いけぇ。」
いつの時代も子供は強い方の味方である。
もっとも、この年の中京は本当に強く、全国制覇も狙える程であった。
3回戦の箕島戦や準々決勝の天理戦では当時としては珍しいホームラン攻勢でねじ伏せた。
数年後の野中2年の中京(春ベスト4、夏ベスト4)も強かったが、パワーでは
むしろこの年の方が上であった。
又、私自身もこの年の中京には一目置いていた。
それと言うのも名古屋に住む古くからの友人が秋の段階で、
「俺は毎年中京を見ているが、今年の中京はいいぞ。
久しぶりに春夏連覇が狙えるチームだ。」と言っていたのを覚えていたからである。
しかし、春の選抜には出場しなかった。確か不祥事かなにかで出場辞退したと
記憶していたが...。
遠い記憶であるため定かではない。
話を戻そう。試合の方は終始中京ペースで進み、「ああ、これで中京は決勝進出じゃ。
次は高知商業が勝つけぇ、明日は中京と高知商業じゃけぇ。」と小僧と話していたのである。
10度掲げし中京の 我が名仰げや甲子園〜
7回に中京の応援歌が響く。どの高校も7回に校歌を歌うが、中京は応援歌を歌う。
終盤9回表まで中京らしい試合運びで盗塁あり、スクイズあり、タイムリーありで、
先制、中押し、ダメ押しといった、理想的な展開であった。
そして9回裏、PLの攻撃は4番西田から。西田は後に打者として広島カープに入団する程
打撃センスに長けていた。
鉄人28号と言われていた西田は、”最後に何かやってやろう”という感じで打席に立っていた。
そして痛烈なヒット。さらに後続打者もこれに続き長打。
当時はラッキーゾーンなる物が存在し、外野フェンスのはるか手前に金網フェンスが
設置されていたが(今思うとよくあんな狭い所でやっていたなと感じるが)その金網付近まで
飛んだ(とてつもなく遠くまで飛んだ感じがした)。
中京はここで投手交代。今でこそ勝利の方程式なる継投や完投能力のある2枚看板は
珍しくないが、その頃はエースが5試合6試合投げきって当たり前の時代で、
後から出る投手は明らかに経験の面で劣っていた。
事実中京の2番手投手も素質は素晴らしいと感じたが緊張からか、ストライクが入らない。
その結果ピンチを広げてしまい、再度投手交代で再びエースがマウンドへ。
結果論であるが、この投手起用が試合を大きく左右した様に思えた。
場面は2死満塁。ここでNHKの放送が総合と教育とで切り替わった。
私はビール腹をさすりながらテレビの所まで行き、チャンネルをひねる。
小僧が「はよぉーせぇーや」という感じで私の方を見ていた。
2死満塁カウント2−3.ここでPLの打者がゴロを打つ。
とっさに「ピッチャーゴロ」と小僧が叫ぶ。が打球は投手を
ぬけてセカンドへ。
2塁手はセカンドへトスするが、フルカウントでランナーがスタートをきっていた為セーフ。
小僧が「三塁蹴った〜バックホーム」と叫ぶ間にボールは1塁へ転送され1塁もセーフ。
テレビ画面はホムベース付近に切り替わり、2塁からの同点ランナーがガッツポーズをしていた。奇跡の同点である。
PLの人文字の応援が活気づく。現在よりその種類は少なかったが、PLの人文字は
当時から統制がとれていた。
延長に入ってからのPL西田の投球は、それまでとは別人の様な内容で中京打線を抑え、
逆にPL一色となったスタンドの観衆に後押しされたPLが、延長12回に押し出しサヨナラ勝ち。

甲子園での粘りは伝統になる。PLはこの後、西川、吉村で春を連覇し、
桑田、清原のKK時代を経て、立波の春夏連覇へと黄金時代を築いていく。
それもこれも、昭和53年夏、それまで「いい所までは行くけど優勝まで行けない」と
言われたPLが最後まで勝ちきった事によるものだと、私なりに思う。

〜あの夏から、20年以上の月日がたつ。
そう言えば今年、「最近中京はあかん」と言っていたあの”名古屋に住む古くからの友人”が
「今年の中京はいいぞ。甲子園でも上位を狙える。甲子園に出場さえすれば....。」と
言っていた。

さあ、今年も甲子園が始まる。当時と違い現在は各部屋にエアコン完備。BSもある。
ビールと寿司とスイカ....。(何ちゅう組み合わせや。)
このうえない道楽である。

               平成12年7月  S.SAJI

本ページへの記載募集
高校野球に関する想い出話を募集します。
エッセーでもかまいません。
メールして下さい。